2017 03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 05

ノルマンディーOC 15年産3次募集ですね!

kage

2017/04/10 (Mon)

中にはノルマンディーOCの3次募集の案内が届いているとかいないとか?
そんな噂を耳にしましたが、今日公式HPで発表されました。
こちら↓


牡4頭、牝3頭の計7頭。
動画と測尺はまだ後日ですが、いつものように10%OFFキャンペーンはありますね。
気になる馬もいますが、なにせこの世代7頭も出資しています。
もういいかな~というのが今のところの正直な感想。
でも青鹿毛という字面には魅かれてたりして・・・


メルドオール 結果を求めた結果

kage

2017/04/09 (Sun)

燧ケ岳(ひうちがたけ)と読むんだ~
グリーンチャンネルでわかりました。

今回のメルドオールは、調子は良さそうですし、調教師は出来る限りのことはし、結果を求めたいと語っていました。本当にそろそろ勝つ姿をみたかったのですが・・・

前走もそうでしたが、ゲート内のお行儀良くないですね!今回も暴れ気味でしかも出遅れました。もうこれで内枠の優位もなにもなくなりましたね・・・遅れながらも脚を使い中段につけてレースを進めていきます。最後の3コーナーあたりで周囲がペースアップしていきますが、メルドオール今ひとつついていけません、直線向いて追い込もうとしますが、さほどの脚はなく結果9着でゴールしました。

ん~調子良くても、距離を伸ばしても、そして出遅れても、なんかここらへんの着順になりますね、狙っているのかしら?

結果を求めたレースでこの成績、調教師は?クラブは?どう判断しますかね。

早々騎手コメント出てました。
「休み明けということもあってゲートの中でガタガタしていて、何度も潜ろうとしていました。結局、タイミングが合わず出遅れ。いくら長丁場とはいえ、このロスは痛いですね。終いもジリジリ伸びてはいますが、思いのほか弾けなかったあたり、2600mは微妙に長いのかもしれません」(黛弘人騎手)

「たいようのマキバオー」大人買い

kage

2017/04/08 (Sat)

3月はアナザートゥルースが2連勝!
なんかいい気分になって!ついつい優勝賞金を見込んでこれを買ってしまいました!
マキバオー全巻
「たいようのマキバオー」 1巻~16巻 
「たいようのマキバオーW」 1巻~20巻
そうですシリーズ全巻!大人買いです!

本も読みますが、それ以上にマンガ読みます!
数ある競馬マンガの中でも、やはりマキバオーのシリーズが一番好きです。
ジャンプ系のマンガにある「友情・努力・勝利」このフレーズが僕の血や肉や骨になっているのだと思いますし、それにこの作品非現実の世界の中に、競馬界の現実が垣間見える感じがし、何より競馬に対して真摯に取り組んでいる姿が好印象です。

マンガ喫茶なんかで新刊が出るたび追いかけ読んでいました。こうして一気に読み返してみるとなかなか熱く感動するシーンがありますね、前半高知競馬での客寄せパンダの地位に甘んじながらのヒノデマキバオーの涙は、のんべんだらりと生きている僕には、自分が恥ずかしくさえなってきます。そしてあの悲劇マンガの世界とはいえ、心締め付けられるものがあります。マキバオーの喪失とそこからの這い上がり、物語後半への盛り上がりとあの余韻の終わり方、熱く面白い物語だった思います。読んだことのない方は是非!その時は前作「みどりのマキバオー」から読むことをお勧めします。

それにしてもこのマンガ36冊どこにしまおう・・・

メルドオール 勝つ姿を!

kage

2017/04/07 (Fri)

メルドオール2か月ぶりのレースに今週挑みます!
☆4/09(日)福島・燧ヶ岳特別(4歳上500万下・芝2600m・混)黛弘人騎手

今週の近況をまとめました。
4/6 美浦トレセン
 ・昨年暮れに中京のマイル戦を使って以来、距離延長の変わり身に期待し、ここ3戦は2200m以上の距離を使ってきました。
 ・大崩れはしていないものの入着はなく、なんだかんだで中央未勝利という状況です。
 ・前走からここを目標に狙いすましての調整過程を踏めました。
 ・1つ前の芝1800m戦のメンバーと天秤にかけるなど、出来る限りのことはしてきたつもりです。
 ・いわゆる“小回り平坦の長丁場”、ここでなんとかしなければという気持ちは本当に強いです。
 ・それに応えられるデキに持ってこれた自信もありますので、今回は結果を求めたいです。
(by高橋祥泰調教師)

これは狙いすましての一戦ですね!
高橋調教師の自信のデキとこの過程、すべてが上手くいき結果が出るといいのですが、これで結果が出なければ、覚悟はしていた方が良いようなレースになりそうです。
とは言えども、メルドオールの勝つ姿見たみたいです!今回は期待したい!

オルレアンローズ 脚質変化中

kage

2017/04/02 (Sun)

新設GⅠ大阪杯で賑わう日曜日ですが、中山のメインにオルレアンローズが出走しました。

枠は大外をひいてしまいましたが、今回は逃げにこだわらずに大野騎手曰く「馬群に入れて、前半楽をさせる競馬」を実施するはずだから、大外なので馬群には入れられないだろうけど、抑え目に競馬をできるかな?

さてスタートですが、相変わらずいいスタートを切ります。興味はどの位置で折り合いをつけ競馬をさせるか?でも押さえているせいか口を割っているような?そして位置もズルズルと最後方に、これは作戦失敗では?最後方のまま直線に向かい大外一気かと思いましたが、そこまでの脚はなく結果最下位の16着でゴールです。

今年に入り負ける時は大きく負けるな~(´Д`)ハァ…

騎手コメント出ていました。
「今回は意識的に控える競馬をしました。相変わらずスタートしてからの1ハロンは力んでしまいますが、馬の後ろに入れたら我慢できていたので、形にはなっていたと思います。もう何戦か教え込んでいけば物になるでしょう。ただ、千二というタイプの馬ではありません。千四~千六くらいの距離で、スタートをフワッと出て道中ジッと我慢させる競馬が理想ですね。準オープンでもやれる馬だと思いますし、攻め馬も乗りやすくなってきたと厩舎スタッフから聞いています。今後に期待したいですね」(大野拓弥騎手)

なんか前と言っていることが違うような気もしますが・・・距離とか
まぁ脚質変化中ものになるまでは、こんなもんでしょうか?
ものにできたら、あの大舞台への夢の再燃ですね!