2018 06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2018 08

メルドオール 結果は出ませんでした。

kage

2018/07/14 (Sat)

暑い・・・
クーラーつけないで、我慢できるかなんてしていましたが、誰も褒めてくれないので止めました。馬鹿ですね・・・

そんな事は置いといて、今日はメルドオールの結果が欲しいと言われた42戦目がありました。

グリーンチャンネルでの観戦でしたが、パドックは駄目でしたね~周回6枠6番なのに隊列一番最後をトボトボ歩く姿は、自分がパドックでみて真っ先に切るタイプのものでした。馬体重も‐6㎏とやはり連戦の疲れが出てるのかと思える感じ。
レースですがゲート入りを少し嫌いましたが、開けばすんなり前に?意外と良いスタートですが、鞍上の指示でしょうか徐々に下がり中団そして後方へ、道中は外を走りながら3角4角回って直線大外からと思いましたが、伸びる脚もなくなんの目を見張るものもなく、最下位ビリでゴールしました。

なんでしょうねこのレースという感じです。「メンバーを見比べ、与しやすいと思われる」といってこのレースを選んだ割にはこの為体、馬の調子とか状況を見極められているのか?結果を求められているのは、メルドールでなく、あなたなのでは?と思えた一戦でした。

騎手コメント出ています。
「前回は向正面で脚を使ってしまったので、今回は内で脚を溜めて終いの競馬に徹しようと考えていたのですが、スタートを中途半端に出てしまい、外々を回る形になってしまいました。少頭数のここはメンバー的にもチャンスだっただけに、申し訳ありません」(黛弘人騎手)

ハイハイ、3戦騎乗して順位を落とし続けているのですから、あなたもですね。

メルドオール 結果って?

kage

2018/07/13 (Fri)

メルドオール函館3戦目です。
☆7/14(土)函館・12R湯浜特別(芝1800m) 6枠5番 黛弘人騎手(57㎏)

近況をまとめてみました。
 ・来週の7/21(土)函館・横津岳特別(芝2600m)を本線に考えていた。
 ・11日の想定で湯浜特別、同日の臥牛山特別(芝2000m)ともに一桁の頭数。
 ・この中間の飼い葉食いも良い。
 ・昨日の終い重点の追い切りも鞍上の指示通りにしっかりとした脚取り
 ・ギリギリまで臥牛山とメンバーを見比べ、与しやすいと思われる湯浜の方に投票。
 ・斤量面の恩恵を受ける3歳は不気味だげ、ここまで41戦のキャリアをがある。
 ・芝1800mの持ち時計も上位。
 ・メルドオール、黛ジョッキーのコンビで今季函館3戦目。
 ・そろそろ結果が欲しいところです。
(by加藤和宏調教師)
以上です。

函館で3戦目、思っていたよりも走っておりますが、よほど馬体や調子はいいのでしょうか?でも連戦中の調教師の判断なんてあまりあてになりませんから、他の調教師の事ですが、調子が良いとほざいといて、負けたら連戦の疲れがとか言うのが常套句でしたから・・・加藤調教師はどうか分かりませんが、無責任な人でないことを祈りたいですね。
さて今回は、結果が欲しいと語っていますが「結果」とは、なんでしょうか?
前回の語った掲示板を死守でしょうか?それとももっと上?ちょっと意地悪なツッコミを入れてしまう今日この頃です。

スイートレモネード 距離短縮で変わり身を!

kage

2018/07/12 (Thu)

3歳未勝利戦の期間がだんだんと迫ってきています。
のんびり構えていましたが、そろそろ焦りだしてきます。

その未勝利‘sの一頭スイートレモーネードが今週出走します。
今回は距離短縮で挑みますので、そこでの変わり身と躍進に期待です。
優勝をして欲しいですが、最低でも次走優先権確保の掲示板!
そして次走に繋がる内容を見せてほしいです。

レース前の近況を!
◎○▲△◎○▲△◎○▲△◎○▲△

7/12 函館競馬場
11日は函館Wコースで追い切りました。
12日は軽めの調整を行いました。
「水曜日はウッドコースで併せて追い切りました。前走に続いて四位騎手にお願いして調教にも乗ってもらっています。ずっと馬場が渋っていることもあって時計自体はそれほど出ていませんが、函館入厩後は週末も含めてしっかりと本数をこなせましたし、暑さの心配がなくカイバ食いも安定してきています。私は栗東にいたため水曜日の追い切りは見ていませんが、先週函館に行って馬をチェックした時はいい形で仕上がってきていると感じましたし、今回の距離短縮で集中力が持続してくれればと思います」(武英師)

15日の函館競馬(3歳未勝利・牝馬限定・芝1200m)に四位騎手で出走いたします。

(上記記事は、キャロットクラブから、転載許可を頂いて掲示しております)

◎○▲△◎○▲△◎○▲△◎○▲△

2018年2歳馬紹介 グルーヴィット篇

kage

2018/07/10 (Tue)

セレクトセール初日(1歳馬)は盛況のようですね、売り上げ96億超で1億越えが23頭も、いったいどこの世界の話なんだろうかと思ってしまいますね。
その1憶越え23頭の中に出資馬グルーヴィットの半弟がいました。1億2千万で落札!凄い金額ですね、グルーヴィットもその兄として注目されるかもしれません!
その注目されるかもしれないグルーヴィットを6頭目の紹介とさせて頂きます。
こちら

グルーヴィット 牡
父:ロードカナロア/母:スペシャルグルーヴ(スペシャルウイーク)
栗東:松永幹夫厩舎 キャロットクラブ
180631グルーヴィット
 最優先を使おうかと迷った一頭です。ちょっと脚は立ち気味ですが、締った馬体にちょい胴長な点は、カナロア産駒だけど中距離までこなせそうな雰囲気、何よりも一度は出資したかったエアグルーヴの牝系馬!そこで最優先するか迷いましたが、クルミナルの妹がどうしてもと思い、まぁ~駄目だろうとほぼ諦めで一般にて応募・・・それがまさかの出資確定!一般当選はかなり厳しかったようで、自分の運が怖くなってきました。
 育成中はいったんトモに疲れが出てペースを落としましたが、あとは無事に乗り込めたようで7/9にNF天栄に移動となりました!
 自分の感じでは、なんか貰い物みたいな感覚のお馬さんですが、今ときめくカナロア産駒!結構いいところまでいってくれると信じています!

ご一緒の方よろしくお願いします!末席で応援致します。

クリストフォリ 伸びず

kage

2018/07/08 (Sun)

ノルマンディーから封書が届きました。
4次募集のカタログが入っているのでしょうけど、全然開ける気がしません・・・
(´Д`)ハァ…そんな気分のこの週末です。

その理由の一つはクリストフォリ!
前走からの内容から、今回は絶対と思っていたのですけど、うまくいきませんね。

レース自体は、ゲート内では落ち着きはありませんでしたが、タイミングよくゲートが開きそこそこの出だし、そのまま前目に位置を取りにゆき3番手でレースを進めていきます。掛かる様子もなく4角回って直線、前の二頭を捕まえにと思ったら、あれ意外と伸びないし前も止まらない、そのまま差を詰めることなく3着でゴールしました。

直線入った時はコレで!と思いましたが、伸びませんでしたね。不良の馬場があってなかったかな?今日は勝つことだけを意識していたので、かなりショックです。
とは言えども3着で優先権も確保しているので、次走こそはと言いたいのだけど、なんかこの頃どれも負けてばっかで、このままずっと勝てないのでは?と思ってしまいます。

陣営のコメントです。
◎○▲△◎○▲△◎○▲△◎○▲△

7/8 安田隆厩舎
8日の中京競馬ではスタートをうまく出て道中は先団から。手応え良く直線に向かうも、なかなか前との差を詰めることができずに3着。

「前回よりスタートは出てくれたのである程度積極的に前の位置を取りに行ったのですが、結果的にはそれが良くなかったのか、思ったような反応はしてくれませんでした。前も止まらない流れで3番手だったので悪くないと思ったのですが…。申し訳ありません」(福永騎手)

「今日はスタートをうまく出てくれましたし、道中も前目でスムーズに進めることができていました。勝負どころから直線へ向かう時の手応えも良く、前を捕まえられると思ったんですけどね…。結果的には速い時計の出る馬場で前が止まらず、残念ながら差を詰めることができませんでした。申し訳ありません。優先権を確保してくれましたが、暑い時期でもありますし、まずはしっかりと馬体をチェックしてから今後を検討していきます」(安田隆師)

一度使ったことで慣れも見込め、スタートをうまく出て好位で流れに乗ることができていました。勝負どころも抜群の手応えで勝ちを意識したほどだったのですが、結果的には前に行った馬が止まらず3着。ただ、敗れたとはいえ悲観するような内容ではありませんでしたし、次走も流れひとつでしょう。この後はトレセンに戻ってよく馬体を確認してから検討していきます。
(上記記事は、キャロットクラブから、転載許可を頂いて掲示しております)

◎○▲△◎○▲△◎○▲△◎○▲△