FC2ブログ
2020 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2020 09

プルガステル いよいよ復帰

kage

2015/07/15 (Wed)

プルガステル、いよいよ未勝利脱出をかけた戦いが始まります。
軽度だったとはいえ骨折休養明け、本来なら初戦は様子見ぐらいでといいたいですが、なにせ期限が迫ってきている現状、ここは今回で決めてほしい!
キムテツさんはこの一戦どんな感じで迎えるのでしょか?
近況が出ました。
◎○▲△◎○▲△◎○▲△◎○▲△
7/15 函館競馬場
15日は函館Wコースで追い切りました(65秒2-50秒6-37秒0-12秒3)。
「調整自体は変わらずに行えていますし、今週の追い切りは直前の感触を確かめてもらう意味でもレースにも乗ってもらう予定の柴山ジョッキーに跨ってもらいました。前半から良いペースになりましたが終いも踏ん張って伸びようとしていたということでしたし、悪くはないと思います。強いて言えば、前半は頭を上げてしまっていた分いくらか時計が速くなってしまったということはあるでしょうけれど、態勢に影響はないかと思っています。膝は今のところ安定していますから、しっかりと強めの負荷を2週続けてかけた今週で勝負に行きたいと思います。この馬の特徴を考えると正直レースは悩みます。飛節の折が深い分だけスッとスピードに乗りにくいところはあります。ゲート駐立はできていてもそのあたりがポイントになると思います。ただ、折り合い面を考えると長すぎる距離もどうかと思いますし、精神的にコーナー4つよりはワンターンのほうがいい思えるので今回は1200mへトライしてみることにしました。そのあたりも含めて柴山ジョッキーに事前に把握しておいてほしいと思ったものですから、今日の追い切りでイメージを膨らませて少しでもいい競馬を見せてほしいと思っています」(木村師)
18日の函館競馬(3歳未勝利・芝1200m)に柴山騎手で出走を予定しています。

(上記記事は、キャロットクラブから、転載許可を頂いて掲示しております)
◎○▲△◎○▲△◎○▲△◎○▲△
コメントの端々から、ネガティブな臭いが!なんだかな~この人は勝たせたいのだろうか?
こうなったら僕だけは、勝つイメージだけを抱いて当日を迎えたいと思います。

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック