FC2ブログ
2020 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2020 09

2019年2歳馬紹介 アコルドエール篇

kage

2019/05/21 (Tue)

そういえば先日行われたキャロットクラブの「ローズノーブルの17」の再度募集、あっという間に満口になったらしいですね。僕も参戦しようかと思いましたが、ボーンシストの馬を2頭も抱えなくてもいいか~と思い、早々頭の隅から消していました。
でもボーンシストってあまり気にしなくてもいいのかと錯覚してしまいますよね、ローズノーブルにせよ、うちの馬さんにせよ、なんだかすこぶる順調に進んでいるのですから・・・

では今年の2歳馬紹介4回目は、ボーンシストで一時はデビューも危ういと、思っていたこの仔を!

アコルドエール 牡 父:オルフェーヴル/母:フォルテピアノ(フレンチデピュティ)
美浦:中川公成厩舎 キャロットクラブ
190427アコルドエール
 前からオルフェーブル産駒には出資したくて、募集馬リストを見たら、見慣れた母馬フォルテピアノの名が!それは出資馬クリストフォリのお母さん!半弟君がいるではないですか!フォルテピアノもいい馬を出す印象がありますので、これで気になる一頭に!ツアーで実馬を見ましたが、気性はおとなしく(スタッフ談)、バランスのよさそうな馬体に、悠然と歩く姿が好印象でした。そして縁あって出資となりました。
 これでデビューまで順調にと思った矢先の10月に、衝撃的なNEWSが「右後膝に骨のう胞(ボーンシスト)」が発症と、既にローズノーブルはボーンシストで募集中止、でもこの仔はファンド継続!程度が軽いとか?らしいですが不安は残ります。でもこの逆境を乗り越え活躍でもすれば、いいドラマにはなりますね。
 そのドラマを信じて待っていましたが、本当にボーンシストでその処置をしたのかと疑問にもう程の順調さ!なにも問題をおこしていない馬を差し置いて早々天栄に移動になり5/18入厩まで到達しました。これからゲート試験、実戦に向けての調教、そしてレースへと、ボーンシストがどんな影を落とすかわかりませんが、復活のドラマを見せてくれそうな気がします。
 デビュー前からエピソードがあるこの仔ですが、もう一つ!馬名「アコルドエール」は、私が応募した馬名です。初めて採用された(同時期にもう一頭)ことも含め思い深いお馬さんです。

ご一緒の方、一生懸命応援致しますので、よろしくお願いします。
復活のドラマを楽しみましょう!

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する