FC2ブログ
2019 05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2019 07

チャームクォーク 引退です。

kage

2019/05/17 (Fri)

やはりと言っては何ですが、あの敗戦である程度は覚悟はできていました。
チャームクォーク引退となりました。
でも、敗戦が理由でなく右前脚の繋側靭帯を損傷が分かり、復帰にも時間がかかるため引退となったようです。
 今後の進退もまだ出ていませんし、今は気持ちの整理がつきません。そのうちつらつらとこの馬の思い出でも書きたいと思います。

引退の報告は
◎○▲△◎○▲△◎○▲△◎○▲△

19/5/17 引退
「何とかいい結果を出せるように仕上げを施して川崎へ送り出したのですが、いい成績とならず申し訳ありませんでした。レース後の状態を見極めていたところ、背腰を中心に全体的に疲れがあってゴツゴツした歩様になっていました。また、若干ですが右前脚に張りと熱感があったので念のために検査をしたところ、内側の種子骨部に付着している繋側靭帯を損傷していることがわかりました。この箇所の損傷度合いをパーセンテージで表すことは難しいのですが、しばらくの休養が必要ということは間違いありません。強い気持ちを出して勝ち取ってくれた未勝利戦が印象的でしたし、クラスが上がっても頑張ってくれるはずと思っていましたが、中央場所ではなかなか思うような結果を出せませんでした。その後は地方の舞台に活躍の場を求めたのですが、毎回惜しいところまで行くのですがもうひと押しが足りず、掲示板にこそ載るものの差を詰めるまでには至りませんでした。今回も悔しさが残りましたし、リベンジしたいという気持ちを持っていましたが、靭帯の損傷とあってリスクは大きいです。脚部不安が発覚する前段階で芝などに大きく条件を変えることもクラブと相談していましたが、この状況では厳しいと言わざるを得ませんし、長期の休養を経て復帰させたとしても不安はあります。ここまでチャンスをいただいていたのにもかかわらず期待に応えることができず本当に申し訳ございません」(大和田師)

今回得られたチャンスを何とかものにしたいという思いがあったのですが、残念ながら大きな進展は見られませんでした。見直すことができる部分があったとは言え、地方交流戦に4戦続けてチャレンジしたにもかかわらず、ほぼ同じ着差となっているのも事実で、どうしたものか悩み、なんとかもう一回と言う気持ちも持っていたのですが、反動が出てしまい右前繋側靭帯部を損傷していることが判明してしまいました。時間をかければ復帰は可能ではあるものの再発の可能性は十分ありますし、来年春で引退を迎える年齢であることを考え、大和田成調教師と協議を行った結果、ここで現役続行を断念し、競走馬登録を抹消することになりました。会員の皆様にはまことに残念なことと存じますが、何卒ご理解賜りたくお願い申し上げます。なお、本馬に出資されている会員の方へは追って書面を持ちましてご案内いたします。

(上記記事は、キャロットクラブから、転載許可を頂いて掲示しております)


◎○▲△◎○▲△◎○▲△◎○▲△
芝のレース見たかった~

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する