FC2ブログ
2018 12 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2019 02

どうしたフラットレー

kage

2018/12/09 (Sun)

さて今日は、悲しんだり、喜んだりと気持ちのふり幅大きい一日。
締めはフラットレーがどんな活躍を見せてくれるか?中山のモニターで観戦です。

スタートはそこそこ良かったですが、後方につけての競馬になりました。同じレースのキャロット3頭出し、勝負服で追いかけるとどれがどれだか(笑)帽子の色とゼッケンでフラットレーを確認し注目!後方を定位置に向こう正面、3角4角回って外から一気に駆け上がってくるかと思いましたが、全然伸びませんでした~結果11着と大きく負けることになりました。

前走3着まできてたので復調したかと思っていましたが、何がどうしてるのでしょうかね~でも無事に戻って来たので今日はそれでいいかな~
でもやはり、どうしたフラットレーですね

陣営コメント、出ています。
◎○▲△◎○▲△◎○▲△◎○▲△

18/12/8 藤沢和厩舎
8日の中京競馬では五分のスタートから道中後方を追走。そのまま直線に向いて追い出すも伸びを欠き11着。

「前走が内容のある競馬でしたので、その流れを引き継ぐためにも中途半端にポジションをとりにいくよりもリズムを重視して道中を運ぶこと、他馬を気にするところがあるので可能な限り広いスペースで走らせようと、先生と話していました。実際に道中はロスなくいい雰囲気で進めることができましたが、追い出してからの反応が鈍く、前に迫ることができませんでした。同じ敗戦であっても、少しでも脚を使ってくれればまた違ったと思いますが、今日の感触だけで言えば、タフな中京でコーナーを4つ回るコース設定が合わなかったかもしれません。復調気配を感じさせていただけに、それを繋げることができず申し訳ありません」(北村宏騎手)

「前回が久しぶりに競馬らしい競馬をしてくれましたし、いい状態で送り出すことができたので前進を見せてくれないかと考えていました。ジョッキーはほぼ理想的な運び方をしてくれましたが、ちょっと伸びあぐねてしまいましたね。決めつけは良くありませんが、少し条件が合わなかったかもしれませんし、気難しさが影響したかもしれません。何とかこの馬の良さを引き出していくためにも色々考えて、今後に臨みたいと思います」(藤沢和師)

直線で脚を使って前に迫った前走で復調気配を感じさせただけに、今回はそれを上回る結果が期待されましたが、終いの伸びを欠く走りになってしまいました。なかなか掴みどころの難しいタイプではありますが、まだ3歳と若く、歳を重ねることで良さが出てくる血統背景からも、今後の心身の成長、変わり身に期待したいところです。
(上記記事は、キャロットクラブから、転載許可を頂いて掲示しております)

◎○▲△◎○▲△◎○▲△◎○▲△

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する