FC2ブログ
2019 10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2019 12

ピュールフォルス お疲れさまです。

kage

2018/09/09 (Sun)

昨日の敗戦から覚悟はできていましたが、終わりましたね!
ピュールフォルス引退です。この世代初の引退です。
昨日はかなりイライラしていましたが、一夜明ければあきらめの境地です。

陣営のコメント出ています。
◎○▲△◎○▲△◎○▲△◎○▲△

18/9/9 引退
「土曜日のレースは、前半少しスムーズさを欠く場面もあって思ったようなポジションで進められなかったのは痛かったです。芝にこだわってマイルを使うことになり、距離はいくらか長いのかもしれないという中、しっかり折り合って進められていたのは進歩でしたし、もう少し時間があればと思わざるを得ません。デビュー前から背中の良さは誰もが認めるところでしたし、手術によりノドの状態が回復してからは追い切りの動きなど未勝利馬とは思えないほどでした。それだけになんとか結果を出さなくてはならなかったのですが…。
ここまでご声援いただいた会員の皆様には申し訳ない気持ちでいっぱいです」(松永幹師)

デビュー前から喉の音が気になり、昨年秋の新馬戦後には手術を行い半年ほど戦列を離れるなど、ここまで楽な道のりではありませんでした。その中で関係者一同この馬の能力を信じて尽力してきましたが、手術後残された期間や、条件的になかなか思うようにレースを使えなかったことなどもあって、残念ながら結果を出すことができませんでした。今後未勝利戦には出走できないルールで、これまでのレース内容なども踏まえて松永幹夫調教師と協議を行った結果、ここで現役続行を断念し、競走馬登録を抹消することになりました。会員の皆様にはまことに残念なことと存じますが、何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。なお、本馬に出資されている会員の方へは追って書面を持ちましてご案内いたします。

(上記記事は、キャロットクラブから、転載許可を頂いて掲示しております)

◎○▲△◎○▲△◎○▲△◎○▲△
出資の理由は、なかなかの好馬体にメジャー産駒なら2歳戦からの活躍を期待してからでしたし、それに松永幹夫厩舎なら、あこがれの武豊騎手の騎乗もと思っていましたが・・・
蓋を開けたら、喉鳴りの症状が!手術による約半年のロスがありましたが、何とかなるのでは高をくくっていました。でも駄目でしたね~調教師はもう少し時間がと語っていますが、手術明けから大した手はずを整えているとは思えない感じでした。ピュールフォルスに力がなかっただけなのかもしれませんが、陣営の思惑と馬がマッチしていなかった、なにかきっかけ一つだったのでは?と思います。
まぁマツミキ厩舎にはグルーヴィットが控えていますし、ピュールフォルスの半弟パシフィスタも控えていますから、この消化しきれない有耶無耶は、この二頭に晴らしてほしいものです。

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する