FC2ブログ
2020 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2020 09

アペルトゥーラ 初の重賞挑戦

kage

2018/07/29 (Sun)

いよいよアペルトゥーラ、重賞挑戦の日を迎えました!
出資した当初はまさか千直の重賞とは思いもしませんでしたが、これまでの過程を含め感慨深いレースになりそうです。

流石重賞メディアでもチラチラ取り扱われ、アぺ君も千直4戦3勝がかわれ露出が多かったです。でも当時の人気は10番手、やはり穴馬程度の認識なんですね~

パドックはいつもの感じに見えましたが、解説曰くもう少し気合乗りが欲しくまだ緩いとのこと。まぁパドック解説はいい加減と思いこみ、馬券もアぺ君絡みに大量に買い込み応援です。
ゲート内は相変わらずのヘッドバンギング!でも落ち着いたところでゲートが開き、良い感じにスタートをきることができました。スタート後は馬なりに後方に下げ、徐々に外によっていきます。ちょっと下げすぎな感じ、そしてレースが動き始めた時もあまり動かず、じわりじわりとあまり伸びている感じがしない脚で、7着でゴールしました。

上がりをみたら32.3といい脚で上がっていますが、他も同じ脚になっていますので、位置取りの問題ですかね、勝ち負けまでは無理でしょうけど、うまく立ち回れば掲示板はあったかな?まぁ7歳馬にして初重賞挑戦、アぺ君は頑張ったようですので、良しとしましょうか。

騎手のコメント出ています。
「馬に柔らかみがあって状態としては良かったと思います。枠内では頭を上下させていましたが、立ち方自体は良かったですし、テンションが上がっている中で無理にコントロールするよりは何もせずに落ち着くのを待つことに。これまで跨った経験があったので、その辺りは馬を信じることができましたし、結果スタートはポンっと上手く出れましたね。そのままもう少し前のポジションを取りたかったところですが、思いのほか出ていかなかっためプランを変更。勝った馬の真後ろにつけて一緒に上がっていく形を狙いました。時計が速かったのもあって、最後2ハロンくらいで置いていかれてしまい…。馬場が渋ってればとまた違うはずですよ。週の半ばの天気予報を見て、この馬に向く馬場になるだろうと思ってたんですけどね」(丸田恭介騎手)

今年最大の目標のレースを使ったアぺ君、次走はどこでしょうか?
夏の新潟OPで千直無いし、ルミエールオータムダッシュ2連覇を目指すのかな?

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する