FC2ブログ
2020 05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2020 07

ピュールフォルス 伸びを欠く

kage

2018/05/05 (Sat)

今日は午前中に車の点検を入れてしまい、ピュールフォルスのレースギリギリ間に合いませんでした。録画はしてあったのでレースは見れましたけど・・・

パドックそしてゲート内、落ち着きがないですね。中1週か遠征の影響でしょうか?
落ち着きのないゲート内でしたが、スタートは良い出脚を見せてくれました。今回も前目につけての競馬、3角4角回って直線2番手から突き抜けれるかと思いましたけど、外から1番人気馬に差され、抵抗できるかと思いましたが抜け出され、ゴール間際で後続にパスされ、6着でゴールです。
負けましたねしかも権利もクビ差で逃すとは・・・
ある程度の結果を見込んでの遠征だったのに、この成績はいただけませんね。
陣営のコメントは、
◎○▲△◎○▲△◎○▲△◎○▲△

5/5 松永幹厩舎
5日の新潟競馬ではタイミング良くゲートを出て2番手を追走する。道中のリズムは悪くないように見えたが、直線では目立った脚を使えず6着。

「今日は待避所でかなりエキサイトしていて発汗が目立ちましたし、ゲートの中でも落ち着きがなくてチャカチャカしたままでした。それでも何とかタイミングは合ってゲートを出てくれました。道中は行きたい馬を前に置いていいポジションを取れましたし、レース前が嘘かのように落ち着いて楽に走っていましたから直線が楽しみなくらいでしたが、追ってからが案外でした。レース前の力みが影響したかもしれませんが、テンの感じからもいいスピードは持っていると思うだけに、あとは最後にもう少しでもグッと脚を使えるようになれば理想的です。続けてチャンスをいただいたのに、結果を出せず申し訳ありませんでした」(鮫島駿騎手)

「前走を使って馬体を良く見せるようになっていましたし、続戦した今回はしっかりと結果を出したかっただけに、申し訳ありませんでした。いつもより気合いが乗っているとは感じていたものの、ジョッキーの感触ではそれ以上に昂りがあったとのこと。それでも、競馬の形はしっかりと作れていただけに、最後にもう少し脚を使って欲しかったのが本音でもあります。喉の感じは引き続き問題なかったとのことも、結果的には前走と変わらないような内容になりましたから、条件を含めていろいろ考えていきたいです」(松永幹師)

ゲートの中でうるささを見せながらも好発を決めることができましたし、内から主張して来た馬を無理せず行かせ、その馬を見ながらリズムを整えて直線へ向かえました。それだけに終いの伸びに物足りなさも感じてしまいますが、このクラスで通用するスピードは持っているはずですから、使いつつ何とか活路を見出だしていきたいものです。この後は間隔を詰めて使って来たので、リフレッシュ期間を設けることを含めてどうするか判断していきます。
(上記記事は、キャロットクラブから、転載許可を頂いて掲示しております)

◎○▲△◎○▲△◎○▲△◎○▲△
テンションが高くなっているので、ガス抜き放牧でしょうね。
まぁこれで節を稼いで、良さそうな条件のレースを狙えると良いなと思います。
どうせならダートを試すのもありでしょう、全兄は地方で実績を上げていますからね~

それにしても、うちのキャロットお馬さん!勝てませんね~(´Д`)ハァ…

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する