2017 10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 12

「絆 ~走れ奇跡の子馬~」読んでみました!

kage

2017/05/02 (Tue)

愛馬の出走しない土日って暇ですね~
先日POG本を買いに行ったときに見つけた、この本を読んでみました。
絆
絆 ~走れ奇跡の子馬~ 島田明宏著

内容はアマゾンからパクると、

東日本大震災に襲われた牧場で母馬の命と引き替えに産まれた奇跡の子馬「リヤン」が、福島の人々の想いを背負ってターフを駆ける!
馬と人、人と人の「絆」の感動物語!
舞台は、千年の伝統を誇る世界最大級の馬の祭り、「相馬野馬追」が開かれる福島県南相馬市。2011年3月11日、津波に呑まれた南相馬の牧場でただ1頭生き残った牝馬シロは芦毛の牡馬を産み落とし、息絶えた。「リヤンドノール(北の絆)」と名づけられたその子馬を、牧場主・雅之とその長男・拓馬は、放射能汚染の風評被害などと戦いながら競走馬として育て、デビューさせる。リヤンは拓馬たちの夢を載せ、日本ダービーめざして疾走する……。


 netkeiba.comでの連載を書籍化したもので、先日NHKでドラマ化された原作です。ドラマはガッキーがとにかく可愛く、田中裕子さんの演技にしびれ、不満なところもあるけどなかなか良いドラマだった思います。そのドラマの補填としてよんだこの本ですが、登場人物や背景、そして震災は同じですが、ストーリー展開はまるで別物になっていました。小説の主人公はドラマだと・・・
 しかしそれが良かったのか、物語は新鮮に読めましたし、ゼロというよりはマイナスからの再出発劇、競馬関係の書物を書いている作者によるリアリティのある描写やレースの臨場感は面白いものがありました。でもリヤンドノールの活躍にはワクワクする人もいるのだろうけど、ひねくれものの僕には「やりすぎだよ」と感じてしまいました。どちらかというとドラマのエンディングの方が好きだったかな。
 でも読んで損のない物語だと思います、ドラマと共通で震災のシーンや、風評被害の件では心痛くなり、決して風化させてはいけないことだと再認識できますし、できすぎとは言えサクセスストーリーは心熱くなりますから!
おすすめの1冊です!

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する