FC2ブログ
2020 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2020 09

プルガステル 引退

kage

2017/01/25 (Wed)

前走の負け後、いよいよかなと思っていましたが・・・
残念です。
◎▲△◎○▲△◎○▲△◎○▲△

1/25 引退
「脚元や鼻出血に関して、レース直後は問題なくても、時間が経って症状を見せることもありますから、トレセンに帰ってきてからしっかり状態を見させていただきました。脚元に関しては念のため獣医師にもチェックしてもらいましたが、レースによって大きく反動が出ていることはないものの、相変わらず負担のかかりやすい状況でケアは必要ですね…。正直なところ、慢性的なものになってしまっているので時間をかけたとしてもスッキリと良化するとは言えないでしょうし、鼻出血のことも含めて調整に難しさがあるのも否めません。そのような状況でも2走前に悪くない走りをしてくれました。勝てなかったにしてもその走りを継続してチャンスを探っていきたかったものの、気性的に乗り難しさがあるとは言え、先週の中京ではいい走りをお見せできませんでした。この馬の力をしっかりと引き出して結果につなげたかったのですが、厩舎として力が足りず、馬にも会員の皆様にも大変申し訳ない気持ちでいっぱいです」(木村師)

函館競馬での勝利後は芝とダートの短めの距離で2勝目を狙っていたものの、気性面の難しさもあって歯車が噛み合わない走りが続いていました。気持ちひとつでまた違った走りを見せることはできたのかもしれませんが、このところはその気難しさだけでなく、脚元へかかる負担、そして鼻出血と、常に不安と隣り合わせの競馬、調教を強いられていました。ここまでお時間をいただいて調整を行ってきましたが、不安があるが故、満足のいく調教を課しにくく、また出走回数を重ねにくい現状、そして実際の競馬でのパフォーマンスを見ると、今後さらに時間をかけて良化を図ること、競馬の中で前進を図ることは困難を極めることが推測されます。そのような状況を踏まえて協議を行った結果、ここで現役続行を断念し、競走馬登録を抹消することとなりました。会員の皆様にはまことに残念なことと存じますが、何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。なお、本馬に出資されている会員の方へは追って書面を持ちましてご案内いたします。
(上記記事は、キャロットクラブから、転載許可を頂いて掲示しております)

◎○▲△◎○▲△◎○▲△◎○▲△
今は何も考えたくないです。
考え付くのはあの人への恨み節だけ・・・やめた!やめた!

プルガステルに関しての思いは、後日ブログに書きたいと思います。
でも、良かったこともあるか!もうあの人にイライラすることもなくなりますしね・・・

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する