FC2ブログ
2019 08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2019 10

グルーヴィット サマーマイル王者になるか!

kage

2019/09/05 (Thu)

今日はキャロットツアーの初日ですね~
天気は良かったみたいで、いかれた人はさぞや楽しいひと時をすごせたのでしょうね~僕は仕事が休めず、その仕事もきつかった~木曜なのに疲れてしまい明日休みたい・・・
まぁ明日一日頑張れば土日の休み、そして日曜日はグルーヴィット京王杯オータムハンデ(GⅢ)!そう思い乗り切ろう!

◎○▲△◎○▲△◎○▲△◎○▲△

19/9/4 松永幹厩舎
4日は栗東坂路で追い切りました(51秒6-37秒5-24秒1-12秒1)。

「今朝も松山騎手に乗ってもらって坂路で併せて追い切りました。まったくの馬なりですが、ラスト2ハロンは切れましたね。先週のコース追いではまだ物足りないなと感じたのですが、そのひと追いで変わってきてくれましたよ。力を出せる状態ですね」(松永幹師)

「今日はまったくの馬なりだったので、こんなに時計が出ているとは思いませんでした。先週のコース追いはもうひとつに感じたのですが、ガラッと変わってくれて、中京記念の前よりもいいと感じました」(松山騎手)

8日の中山競馬(京成杯AH・芝1600m)に松山騎手で出走を予定しています。

(上記記事は、キャロットクラブから、転載許可を頂いて掲示しております)

◎○▲△◎○▲△◎○▲△◎○▲△
今週に入り一変したみたいですね~
思いっきり期待しても良いのかな?
勝てば確実にサマーマイルチャンピオンの戴冠ですし、入着ならば相手次第!どうせなら貰っておきたいタイトルですね。
残念なことに日曜日は用事あって現地応援に行けません!まぁNHKマイルの時現地応援に行ってアレですから、いかない方が縁起いいのかも?
ともかく頑張れ!グルーヴィットです。

リーピングリーズン 現役続行、盛岡へ

kage

2019/09/05 (Thu)

こちらも先週の未勝利戦勝てず、でしたリーピングリーズン!
地方から中央復帰を目指すことになり、美浦近郊のケイツーステーブルで馬体および疲労の回復を図った後、盛岡競馬場の櫻田康二(サクラダコウジ)厩舎に入厩するようです。

奥村調教師のコメントはこちら
「距離はベストでも、決め手にやや欠けるタイプで直線の長い外回りコースでは最後苦しくなってしまいました。押せ押せのローテーションできていたため、今回は疲れもまだ残っていたかもしれませんね。レース後は右膝に若干腫れと熱感が見られましたが、レントゲンで異常はなく打撲と診断されています。重賞馬の全妹という期待馬を預けていただきながら、結果を出せずに申し訳ない気持ちでいっぱいです。水っぽかった脚元も枯れてきて、リーピングはこれからまだまだ伸びる素材。すぐに中央再転入を果たせると思いますし、新天地での活躍を心より願っております」

復帰を果たせると前向きのコメントを頂きましたが、復帰の際には再び預かってくれるのでしょうか?以前どなたかのブログかなんかで、復帰の際は元厩舎に声をかけ、断られたら違う厩舎になるとか・・・さてどうなるますかね?

というよりかノルマンディー、この3歳未勝利戦終わって、勝ち上がれなかった馬たちが多く地方転厩になりました(一部はサラオク)。地方転厩ありきで運営されては駄目だと思うのですが!しっかり未勝利期間までに一つは勝たせるという体制を整えてほしいと思います。流石にこれが続くと、こちらも嫌気がさしてきますよ~

アイヴィーサ 現役続行、名古屋へ

kage

2019/09/05 (Thu)

先週の未勝利は気持ちのいい負けっぷり!まぁ1800mはなかったですね~
さてそんなアイヴィーサですが、舞台を地方に変え中央復帰を目指すことになりました。
一度、美浦近郊のブルーステーブルで馬体および疲労の回復を図った後、名古屋競馬・川西毅(カワニシツヨシ)厩舎に入厩するみたいです。

堀井調教師最後のコメはこちら
「自厩舎にて2戦。転厩初戦の千直では入着に手が届かなかったものの、スピードと先行力を見せてくれました。今回の1800m戦はさすがに長かったですが、マイルまでの短距離戦に照準を絞ってコンスタントに使っていけていれば、いずれかで勝ち上がっていたのではないでしょうか。お預かりした当初は、大型馬で心身ともにまだまだ成長途上の印象が否めませんでしたが、ここに来て芯が入ったような感があり、本当にしっかりとしてきています。まだ4戦しか出走しておらず、今後キャリアを積み重ねることでの変わり身が見込め、素質が開花する可能性は多分に残されていると思います。新天地での活躍を祈っています」

コンスタンスに使って行けばと言いますが、それには入厩が遅すぎです。すべては育成のまずさでしょうけど・・・
前走大負けもテンのスピードはありましたから、地方に行ってもそれはいい武器となるでしょうから、数戦で戻ってこれるのでは?と信じています。問題は中央に戻ってきたからかな?

クイーンズトゥルー 最初っから・・・

kage

2019/09/05 (Thu)

浦和競馬で2連勝するも、あと一つが遠いクイーンズトゥルー!
今さら浦和のコース形態が合わないとかで大井に転厩、大井で走るも案外な結果・・・
で大井の森下調教師曰く「大井コースそのものが合っていない印象」と言われどうするんだろうか?と思っていましたら、笠松競馬・尾島徹(オジマトオル)厩舎への転厩が決定しました。

調教師のコメはこちら
「この中間の状態については問題ありませんが、前走の内容を踏まえると、マイル以下に距離を短縮したとしても、勝ち負けに持ち込むには慣れが必要で、あと数戦は掛かるのではないかと思います。クラブ側と相談して、出来る限り早く3勝目を挙げることを考えると、ここで他地区に移籍するのがベストタイミングという結論に至りました。現状の賞金で格付的に有利と思われる東海地区で、馬場が軽い笠松競馬への移籍が望ましいでしょう。自厩舎で1戦の出走でしたが、ご期待に沿えず申し訳ありませんでした」(森下淳平調教師)

結果論ですが、やはり南関は敷居が高かったのかな?最初っから笠松とかの方が復帰できていたのでは?と思ってしますね!
願わくば、一発回答で戻ってきて!