FC2ブログ
2019 08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2019 10

2017年出資馬 中間成績

kage

2019/09/04 (Wed)

3歳未勝利が終わりました!今年は9月の限定未勝利戦がありません。先週2頭の未勝利馬が出走しあえなく敗退・・・勝てなかったその未勝利馬の進退も出ましたので、
これで私の愛馬3歳(2016年産駒)の中間成績を出したいと思います。

出資馬9頭(キャロット6頭+ノルマンディー3頭)
 52戦7勝(7-5-4-3-4-7-2-3-17) 勝率13.5% 掲示板率44.2% 8位入着率67.3%

勝ち上がり
 グルーヴィット  (キャロット)  3-1-0-0-0-1
 ヴァイトブリック (キャロット)  2-2-0-0-0-2
 グラウシュトラール(ノルマンディー)1-0-0-1-0-4
 パシフィスタ   (キャロット)  1-0-0-0-0-3
未勝利→格上挑戦で継続
 クルミネイト   (キャロット)  0-0-1-0-0-1
未勝利→地方転厩で継続
 リーピングリーズン(ノルマンディー)0-0-1-1-1-5
 アイヴィーサ   (ノルマンディー)0-0-0-0-0-4
未勝利引退
 ティレニア    (キャロット)  0-2-2-1-1-3
 ダブルクラッチ  (キャロット)  0-0-0-0-2-6
勝ち上がり率:44% デビュー率:100% 
獲得賞金/募集総額=回収率:71% 
(2019/09/05現在)

9頭のうち4頭の勝ち上がりか~、いい成績ではありませんね!でも格上・地方と継続の馬が3頭いますので、今後この馬らが勝ち上がれればいいかな。でも相変わらずノルマンディーさんは地方転厩ありきなんでしょうかね?回収率はグルーヴィットが稼いでくれていますし。昨年と比べると雲泥の差です・・・

各馬の雑感を!
グルーヴィット
 この馬様様です!厳しかった一般抽選を通ってくれて本当に良かった。今週の京王杯AHの成績次第ではサマーマイルチャンピオンもあり得ますので、是非ともものにしてほしい!そして秋のマイルの大一番へ!夢と楽しみが一杯です。

ヴァイトブリック
 2勝ですが賞金面で3勝クラスにいます(紛らわしい・・・)。出資の目的ダート馬としての活躍ですので、ほくそ笑んでいます。ここ数戦気性面で上手くいっていませんが、かみ合えば上での活躍もできると信じています。

グラウシュトラール
 ダート短距離を見込んでいたのですが、現在芝の短距離を走っております。調教師の期待は大きいようで、ひょっとしたら準OPぐらいはいてくれるかな?でもその前に体質の強化と気性の成長が重要でしょうね!

パシフィスタ
 半分以上諦めていましたが、まさかまさか見事勝ち上がってくれました。レース前は喉が鳴っているとか?精神的成長が・・。とか散々でしたが、勝てば官軍ですね!これで喉の手術がと思えば、なんとついでにアレも切ってしまうことに・・・喉とあそこの改造手術?なんか違うパシフィスタになってきたような・・・(笑)

クルミネイト
 この世代キャロットの最優先使用馬です。クルミナルの全妹でここまで苦戦するとは、思いもよりませんでした。遅れに遅れたデビュー戦は全然競馬にならず、2戦目は8月ここで終わりかと思いましたが、鞍上のティータン騎手の好騎乗により3着と負けはしましたが、力のあるところを見せ格上挑戦での現役続行となりました。次走直ぐ答えを出さなければいけないのか?数戦を見てくれるのか、心配は続きますね。

リーピングリーズン
 勝てませんでした~全姉は1月3歳重賞を勝っていますが、この馬の場合デビューが1月、始動が遅いです。そこから8戦使いましたが、善戦はするがワンパンチ足りない状態、もしかしたサラオクか?と思いましたが盛岡から中央復帰を目指すことになりました。あまり無駄打ちせずに戻ってきてほしいですね

アイヴィーサ
 こちらも勝てませんでした~この馬の場合は北海道での育成時につまらない外傷ばかりで遅れに遅れ、しかも国枝厩舎から堀井厩舎に出され、3戦目芝千直で競馬らしいものを見せてくれましたが、最後の未勝利戦はD1800これはムリゲーでしたね・・・こちらも名古屋から中央復帰目指すことになりました。短いところで適性を見せてくれましたので心身が最長すれば戻ってこれるかな?

で、未勝利で終わった2頭。
ティレニア
 デビュー戦はハナ差の2着!勝ち上がりは約束されただろうと思いましたが、そこから苦戦し通しでした。大崩れはしなかったので、展開か何かがあえばだったんでしょうね~未勝利戦勝てずにサラオク行き、早速地方で走ったようで、なんと大差勝ちしたらしいです!そうか全走芝でしたからダート使えば違っていたかもですね?

ダブルクラッチ
 カタログや動画では良く見えたのですが、勝てませんでした~ちょっと今年の馬選びの自信が揺らいでしまいました。成績も大したことなく、調教師も色々とこの馬適性を探りながらでしたが、鞍上には恵まれませんでしたのと、新種牡馬トーセンジョーダンの血せいかも?

この世代は、重賞馬が出て華やかな感じはしますが、その陰に苦戦している馬も多いです。願わくばその苦戦中の馬も、より良い成績を!
グルーヴィットにはGⅠタイトルを期待したいです。