FC2ブログ
2019 08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2019 10

グラウシュトラール 次走に思いを

kage

2019/09/01 (Sun)

1日4頭出走、トリを飾るにはグラウシュトラールです。
能力はあると思いますが、今回は休養明けに調子はいまひとつ・・・ならば枠ぐらい外枠の良いところと思えば、まったくの逆1枠2番、これで勝てたら凄い馬と言うことかな?

パドックは首は高くちょっとテンション高めでしたが調子は良さそう、しかも馬体も+16でも太くは見えない感じ、人気は7番手枠が嫌われての人気ですかね

さてレース!隣が競走中止ちょっと広くスタート有利かと思いましたが、出があまり良くあありませんでした・・・でもスピード良く先頭そして外々に進路をとりますが、やはり最初から外の馬が有利で馬場の中ほどまでしか進路をとれませんでした。そこからでも伸びてと思いましたが、前半のつけ、調子に久々もあいまって脚が止まり13着でゴールです。

このレース上位4頭外枠の馬、やはり内枠の馬は不利なレースでした。負けはしましたが、叩いての次走に期待ですね~

レース後の騎手コメントです。
「スピードがあるので内枠からでもスッと前に付けられましたが、今日は最初から走りがバラバラでした。直線半ばで他の馬に寄られてバランスを崩すと、もう手応えもなくなってしまいました。こんな馬ではないはずですし、いい頃の状態ではないのかもしれません」(津村明秀騎手)

リーピングリーズン 頑張りましたが・・・

kage

2019/09/01 (Sun)

アイヴィーサは負けるべくして負けたレース!でも次の3歳未勝利に出るリーピングリーズンは、勝てる可能性があるのでは?と思っていました。

ちょっとボーとしていたらパドック見逃していました(笑)
最後にレースになるかもしれないのにこれでは駄目ですね~

スタートは決まりましたが、あえて位置を取りにいかず中団での競馬、もう少し前目で競馬をして欲しかったですが・・・3角4角回って直線、ジワリジワリと伸びていますが、弾けるようなキレがありません。位置が悪かったですね結果8着でゴールです。

頑張っていたとは思いますが、この芝1600で勝つためには、ある程度の展開や馬場コンディションの助けがいりますね~と思った一戦でした。

さてこの馬もどうするのでしょうか?
アイヴィーサと併せ地方転厩で現役続行して欲しいですが、この土日でノルマンディーの未勝利敗退馬が多く、良いレースをしていたのもいますから、全部が全部転厩とはいかないでしょう!クラブの判断を待つしかないですね

騎手コメント出ています。
「スタートは出ましたが、キレる脚があるタイプでないですし、外回りコースだったので、ある程度脚を溜めて運ぶことに。最後まで脚を使っていますし、頑張っているんですけどね…。ワンパンチ足りないところがあるので、条件や展開の助けが欲しいところです。また、ここまで使い詰めできたので、疲れもあったと思います」(大野拓弥騎手)

アイヴィーサ 1800は長かった・・・

kage

2019/09/01 (Sun)

フラットレーの好走に気分を良くして、次新潟02R3歳未勝利にアイヴィーサが挑みます。
こちらは優先権なく、出たい短距離戦には出れず高い抽選をかいくぐりこのD1800に出走です。
最後の未勝利戦で初体験の1800mまぁ半分以上は諦めの観戦です。

パドック解説は散々な一刀両断なご意見、人気もブービーこれで勝ったら気分良いだろうな~と
スタートですが好発進!枠も最内から容易にハナをきり逃げの競馬!向正面まで経過に走りますが、3角からあっけなく捕まり直線ではすっかり脚が止まってしまいました!結果競走中止の馬が1頭完走した馬ではビリの14着でゴールです。

やはりどう考えても1800は長いですね!変に消極的な競馬をされるよりは、これぐらい気持ちいい負け方をしてくれた方が、良いような感じがします。今日は無理でしたね!さて今後はどうなるのか?サラオク行か?地方転厩か?
正直この馬の場合、北海道での育成のまずさがここまで後を引いていると思います。それで引退ですと言われても納得はいかないです。どうせい地方転厩になっても飼葉代は出資者持ち、ならば地方転厩し短いダート戦を使ってからの判断して欲しいかな?

騎手コメント出ています。
「スタートはうまく出たんですが、1、2完歩目で躓いてしまいました。ただ、すぐに持ち直せましたし、枠も枠だったのでハナに立ちました。前走のようにスピードを生かせる距離で持ち味を発揮する馬なので、楽な感じで行けましたが、最後は苦しくなってしまったように、やはり距離が長かったです」(菊沢一樹騎手)

フラットレー 目途がたった一戦

kage

2019/09/01 (Sun)

夏競馬最終日、新潟で4頭の愛馬が出走します。
まずは約4か月ぶりのフラットレーの障害未勝利戦から!
4頭も出走するなら新潟に行けばいいのに!出不精な私はお家で観戦です。

パドックでは可もなく不可もなくという感じ、どういったテンションが障害で良いのか分からないので、走れるのでは?程度の感想。人気はなく5番手、まぁ休み明け無事に完走してくれればいいかな!

スタートこそ良くありませんでしたが、馬なりに走らせ先頭集団に!外目を気分よさそうに走り飛越も着地も無難にこなしています。徐々に位置をあげ3角では3番手、そのまま4角回って直線、最後の障害を飛んで平地で先頭を捕まえ!あれ勝てるかなと思ったところ、後方から一気に詰め寄ってくる馬が・・・最後は抵抗できず2着でゴールです。

勝てるかな~と思ったところで差されましたから、まぁショックですがこれで障害レースにも目途がたったということかな?

陣営コメント、出ています。
◎○▲△◎○▲△◎○▲△◎○▲△

19/9/1 藤沢和厩舎
1日の新潟競馬ではゲートの出はゆっくりだったが、行き脚がついてからは先団につける。勝負どころでは馬なりで上がっていき、直線では一旦先頭に立つも、最後は勝ち馬の勢いが上回り2着。
「ゲートの中で悪さをすることはなかったけど、少しガタガタして体勢が良くない時にスタートを切られ、後ろからになりました。それでも特にどのポジションからと決めていた訳ではなく、この馬の気性を考えて出たなりで馬の気分に任せつつ進めようと考えていました。スタート後は力みが目立つことはなく、程よく前向きさがあって少しずつ上がって行けました。勝負どころも無理に競りかけに行った訳でなく、手応えの良さから自ずとあの形になりましたね。直線では内の馬の動きを見ながら抜け出してやれると思いましたし、自分の競馬はしっかりとしてくれましたが、それでいて楽々と交わされてしまったのは相手を褒めるしかありません。勝てずに申し訳ありませんが、飛越は終始安定していましたし、今日くらい真面目に走れれば十分にチャンスはあるはずです」(五十嵐騎手)
「前回は幾らか気持ちが先走って最後は疲れてしまう結果となってしまいましたが、今回は落ち着いて走ることができていましたね。最後は勝ち馬に交わされてしまいましたが、この馬自身の内容に進展があったのは良かったです。輸送のロスを軽減するために美浦には帰らずそのまま天栄へ放牧に出しますので、現地で脚元を含めて状態をよく見てもらってから今後のことを考えていくことになると思います」(津曲助手)
ゲートの出こそ決まりませんでしたが、その後はスッと加速して前目のポジションにつけられました。飛越は安定してこなせ、余裕を持って直線で抜け出せましたが、最後は勝ち馬が鋭く伸びて先着を許してしまいました。悔しい結果になりましたが、障害2戦目でしっかりと変わり身を発揮してくれましたから、次こそは先頭でゴール板を駆け抜けてほしいものです。今後はレース後の状態を確認して、輸送の負担を減らすために競馬場から直接放牧に出す予定です。
(上記記事は、キャロットクラブから、転載許可を頂いて掲示しております)

◎○▲△◎○▲△◎○▲△◎○▲△
では次走に期待ですね!