FC2ブログ
2019 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2019 09

サザンレインバー 喉のせい?

kage

2019/08/17 (Sat)

今日はサザンレインボーの2戦目がありました。
人気は一番になっており、各紙の評価高いようです。でも喉の不安や前走の手前を変えられなかった件と併せ大丈夫かな~と心配になりながらの観戦です。

馬体重は-16㎏レース前の近況からもっと減っていると思っていたので、これはいい傾向かな?でもパドックではもう一絞ってもいいかなと思いました。

さてレース!スタートよく飛び出し、2番手につけて競馬を進めていきます。道中も気分よさそうに走っており4角回って直線、じわりじわりと先頭に追いつき追い抜きトップに立ちますが、後方からの馬に対抗できずに抜かれ結局3着でゴールしました。

直線入った時はコレならと思いましたが、終い後続の馬に抵抗できなかったのは、喉のせいか?それとも手前を変えていないのか?残念な結果になりました。でも喉なら治療の道があるし、手前なら経験を積めばですかね?まだ2歳の夏今後に期待です。
コメントを!
◎○▲△◎○▲△◎○▲△◎○▲△

19/8/17 高柳瑞厩舎
17日の新潟競馬では好スタートを決めて2番手でレースを進める。直線では抜け出しを図れたかに見えたが、最後は外から強襲してきた2頭に交わされて3着。

「スタートが決まり、無理のない形で運ぶことができました。この感じで直線へ向かうことができればと考えていたのですが、3コーナー付近で手前を変えた際に減速してしまいました。本来、そのあたりは持ったままで行きたいくらいでしたが、結果的には促しつつの追走になってしまいました。直線も頑張りは見せてくれましたが、外から来た2頭には対抗できませんでした。やはり喉の影響は全くないわけではないのかもしれません。勝ち切れる力はある馬ですから、また次に期待したいです」(丸山騎手)

「体は理想とは言えませんでしたが、ギリギリ我慢できていたように思います。直線で抜け出せそうな時は“ヨシっ”と見ていたのですが、最後まで粘ることはできませんでした。大きく崩れているわけではありませんし、頑張ってくれているだけに何とか勝たせたかったのが本音です。申し訳ありませんでした。次に向けて権利はありますが、喉はもちろん、まだ体がパンとしておらず両前脚にソエっぽい感じもあるので、慎重に見極めさせて頂きます」(高柳瑞師)

初戦から目処の立つ競馬ができていただけに、今回はキッチリ勝利を掴みたいところでした。しかし、最後は苦しさもあるのか勝ち切ることはできず、悔しい結果に終わってしまいました。今後については状態をよくチェックした上で判断していく予定です。
(上記記事は、キャロットクラブから、転載許可を頂いて掲示しております)

◎○▲△◎○▲△◎○▲△◎○▲△
続戦するのかな?ならば次は中山のD1200かな?