FC2ブログ
2018 09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2018 11

ノルマンディーOC 17年産駒出資馬ご紹介

kage

2018/10/30 (Tue)

昨日ノルマンディーOCのHPのマイページ出資馬状況に、今回先行申し込みした2頭が乗っていましたので、正式に出資確定となったようです。今回1頭が抽選でしたが、無事当選となり、ノルマンディーでは落選知らず、これが良いかとなのか悪いことなのか、今後の活躍次第ですね~

そんなんで、今回決まった出資馬を紹介します。
2018-10ストック17
ストックの17 牡 (父:ブラックタイド)
 2017年4月26日 黒鹿毛 栗東・高橋義忠厩舎

ブラックタイド×キングカメハメハはいいニックスと本に書いてあり、そこから最初の字面から気になっていいた一頭!募集写真は少し寂しく感じましたが、5月に近い生まれこれから成長するでしょうし、なにより見学会でかなりのおバカ馬と評されており、かのアンカツ曰く「バカな馬ほど走る」とかを信じて申し込みました。厩舎は僕の幻の出資馬エクスプロードがいた高橋義忠厩舎!独自のホームページがあり、好感を持っています。かなり個性的な馬になルのでは?と楽しみにしています。

2018-10フサイチジェット17
フサイチジェットの17 牝 (父:スマートファルコン)
 2017年3月24日 鹿毛 美浦・高木登厩舎

いやいや人気なかったですね?てっきり抽選までいくかと思っていました。馬体はいい筋肉がついていますし、ノルマンディーでは上位馬が配される高木厩舎!なんで人気ないのかな?人によってはダート牝馬でこの価格が懸念されているようですが、僕なんかキャロットでダート血統の牝馬で10万の馬に手を出しましたから、それに比べたらね~去年あたりから金銭価格が麻痺しているのかもしれませんが、この仔走りますよ多分(笑)


ご一緒の方々よろしくお願します。
そしてこの仔らの競争生活を楽しみ、時には辛苦を噛みしめながら応援頑張りましょう!

今年もキャロットで7頭、ノルマンディーで2頭の計9頭。去年と同じ頭数、ちょっと調子乗りすぎですね~でも今年できなかったキリよく10頭いってみたいな・・・

アペルトゥーラ あら、あらら

kage

2018/10/28 (Sun)

アペルトゥーラ今年4戦目、ルミエールオータムダッシュ連覇に挑みます。

例の如くグリーンチャンネルの観戦です。
今回はトップハンデをかせられ53㎏、昨年の覇者ですがそれ以降の成績が振るわず11番人気、でもパドックでは良い感じに、それに調教師も前走以上の出来と語っていたので、人気ないのは美味しいことと思い馬券をあつめに買い応援です。

ゲート内は相変わらずのヘッドバンギング!こればっかりは治りませんね、出遅れずスタートできますでしょうか?そんな不安と共にスタートです。そこそこの出脚、すぅーと外につけて中段で競馬を進めていきます。ペースが上がり始める後半鞍上は追い始めますが、アペルトゥーラは反応せずまったく伸びません・・・結果17着でゴールです。

ここまで大負けになるとは思っていませんでした。調教でも動いていたようですし、何故?ですね。7歳馬地方合わせて38戦、お疲れ様なのかな~

騎手のコメント出ています。
「返し馬の雰囲気も良くて、やれるだけの感触は掴んでました。ただ、いざレースに行くと気の弱い面が大きく影響。他馬に寄られると怯んでブレーキをかけるので促す、寄られる、ブレーキ、促すの繰り返しです。最後の方は自分で走るのをやめてます。力はあるし出せる状態にあるのに、今日は弱い部分が出てしまったのが全てと言えるでしょうね」(西田雄一郎騎手)

騎手のコメントからは、まだまだやれそうな感じですね!あとは調教師がどんな判断をするか?ですね。次の近況が怖いですね

オルレアンローズ 復活の兆しかな?

kage

2018/10/27 (Sat)

今日はオルレアンローズの国立特別がありました。
現地応援に行こうかと思っていたのですが、朝起きて二度寝してしまい起きれば12時手前、そうなるとめんどうくさくなってお家で観戦することにしました。

パドックですが出来よりもあまりの人気の無さに吃驚!18頭中16番人気!そこまでダメダメちゃんかな?テンションもさほど高そうに見えませんし、もしかしたらあるかも?

さてレースです。すんなりゲートに入りスタート!なかなか良いスタート、でも内の馬がもっといいスタート、2番手につけての競馬かな?と思えば前に前に進みハナをきることに!3角・4角とハナをきり直線も頑張りますが後続に捕まります。でも最後まで脚は止まらず結果6着でゴールしました。

先頭から0.9秒差、休み明けのわりには、最後まで息が持ったと思います。復調の兆しは見えてきたのかな?次走に期待したいところです。

騎手コメント出ました。
「ゲートはなるべくフワッと出すように陣営から言われていましたが、スタートして1ハロンを過ぎてからが速い!と同時に、そこからはハミを噛んで終始掛かりっぱなしで、個人的には今年騎乗した中でも1か2番目くらいに押さえるのが大変でした。それでいてゴール前もあそこまで粘れるのだから、本当に能力の高い馬ですよね。今回はハンデが軽く、1400mという距離も合っていたと思いますし、自分がもう少し上手くコントロールしてやれたらと後悔が残ります」(荻野極騎手

テン乗りの若手に制御できるとは思わないのですが・・・そろそろ大野騎手の戻してもいいのでは?

アペルトゥーラ ソノサキは?

kage

2018/10/25 (Thu)

アペルトゥーラ今年新潟千直3戦目です!
☆10/28(日)新潟・ルミエールオータムダッシュ(芝1000m直・ハンデ)西田雄一郎騎手
新潟千直にこだわった使い方をしてきました。一番パフォーマンスを発揮しているコースですから期待はしていますが、それよりこのレース終わったらソノサキは?

今日の近況をまとめました。
2018/10/25 美浦トレセン
 ・最終追い切りは本番まで疲れを引きずらない程度にとどめるため、サッと流しました。
 ・それでも半マイル51秒台で、終いも12秒台にまとめる非常に優秀な時計。
 ・前走以上のデキに持ってこれたと思っています。
 ・追い出してからしっかりと反応し、ひと伸びしてくれるでしょう。
 ・ハンデを背負った感はありますが、これまでの実績と相手関係から仕方のないところ
 ・年齢的なものを踏まえると、ここは是が非でも取りたいですし、連覇を決めたいですね。
 ・心強い鞍上ですから、あとは真ん中より外の枠を引けることを願っています
以上です。(by国枝栄調教師)

「年齢的なものを踏まえると」ん?これは示唆しているんですかね?まぁ7歳になりますから・・・
でも、そんなことも覆す走りを期待したい。

オルレアンローズ あと半年?

kage

2018/10/25 (Thu)

確かノルマンディーの規約では、牝馬は6歳3月で引退となっていると思います。
オルレアンローズ5歳の10月です、なのであと半年!無事に乗り切ってほしいですね!欲言えばあと一つ二つ勝ち星が欲しいですけど・・・
そんなオルレアンローズ今週出走します。
レース前の近況をまとめました。

2018/10/25 美浦トレセン 
 ・最終追いでもスピード感のある軽快な動きを披露
 ・調子自体は良さそう
 ・ややテンションは高くなってきているが、まだ我慢が効いていて馬体減りも見られない
 ・現級で好走している馬も多く、なかなかレベルの高いメンバーが揃った印象
 ・ハンデ差を生かしてなんとか頑張ってほしい
 ・あまりテンから出して行こうとすると掛かる面がある
 ・スタートはなるべくフワッと出すように指示します
以上です。(by高木登調教師)

☆10/27(土)東京・国立特別(芝1400m・混ハンデ)荻野極騎手

前走から約2か月ぶり、思ったよりも間が空きました。
何故?荻野極騎手なのか?分かりませんが、確りとした騎乗を期待したいです。
復調のきっかけになってくれればですね。

フォルテピアノの17

kage

2018/10/24 (Wed)

ちょっとこの頃、仕事の忙しさと、その煩わしさにテンション下がり気味、ブログなどを滞っていました・・・
一部巷の話題になっています「フォルテピアノの17」についてです。

なかなか育成牧場に移動にならないな~と思った先週、ようやく進捗が出たと思ったら下記のようなコメントが・・・

18/10/19 早来F
NF早来への移動に備え、ここまで順調に夜間放牧を継続してきましたが、この中間右トモの歩様に違和感が生じたため検査を行った結果、骨のう胞(ボーンシスト)が確認されました。
「継続して夜間放牧を行い、順当に基礎体力を養うことができていましたが、この中間歩様に乱れが生じてしまいました。レントゲン検査を行ったところ、ボーンシストから来るハ行であることが判明しました。以前は予後があまり芳しくない疾病でしたが、ここ最近は予後が良好であるケースが増えており、それは競走成績にも反映される傾向にあります。治癒に一定の期間を要することにはなりますが、近日中に手術を行ったうえで乗り運動の開始に向けて、徐々に馴致、そして運動を進めていければと思います」(NF獣医師)

ボーンシスト?一定期間を要する?で手術って・・・
でボーンシストで検索してみたら、この記事にたどり着きました。
 http://www.equinst.go.jp/JP/arakaruto/baji/bt153-160815.html
なんか、あららと良い感ですね!

こんなコメントが出るわけですから、一部掲示板やSNSではファンド解散すべきだとか、問題のあった3頭のように出資キャンセルを受けるべきだとか、事態を隠蔽しているとか、様々の憤りの書き込みと、それを煽る書き込みが・・・読んでて引いてしまっています。

そして昨日続報がでまして、

18/10/23 早来F
23日に右後膝の骨のう胞(ボーンシスト)の手術を行いました。
「社台ホースクリニックで骨のう胞の手術を行い、無事終了しています。今後しばらくは患部の回復を待つため、曳き運動やパドック放牧程度に留める予定です。適宜レントゲン等の検査を行い、回復状況を確認したうえでその後のメニューについて検討していくことになります」(早来F担当者)

手術は無事に終わったようです。病状の程度、術後のこと、これからの育成のこと、牧場とクラブが判断してファンド続行のようですから、それに従うしかないですね。

 僕としては結構冷めてみています、こんなリスクもあっての一口馬主ではないのかな?と。
 一口始めて未出走引退馬が2頭いました。一頭はNF天栄の馬房内でのアクシデントで骨盤骨折、一頭は心房細動が酷く引退、これらの2頭の時を思えば、まだまだ希望はあるのかなと思いますし、それに半姉クリストフォリは、デビュー前に骨軟骨腫を発症し術後、3歳6月デビューになりましたから、それとあまり変わらないかな?なんて
 まぁボーンシストがどれだけ競争能力をスポイルするか分かりませんけど、未出走引退でも未勝利引退でも、なったらなったで仕方ないでしょう、そういうめぐりあわせだったんでしょうね。
 元気に回復し活躍すれば喜びは通常の馬より倍増になるかも知れません、もしGⅠなんか勝ったら、それはさぞかしドラマティックなことになりますね!
長々とスミマセンでした、僕はこんな感じで諦念に近い楽観でいこうと思います(笑)

最後に、
濱田屋さん「フォルテピアノの17」の情報を教えて頂き、ありがとうございました。
クラブとしてはそんな返答しかできないでしょうね、
ここはクラブの返答から、無事デビューできることを信じたいです。

グルーヴィット 完勝のデビュー戦

kage

2018/10/20 (Sat)

ティレニアの頭差2着にクゥ~と思いながら、次はグルーヴィットの番です。
なんか新潟で色々あったようで、せわしない今日のグリーンチャンネル!

 京都6Rパドック、グルーヴィットは1番人気!馬体重は492㎏とマツミキ調教師の言うように余裕のありそうな馬体、でも良い感じで回っています。これは無難に勝てるでしょう!そんな事を考え単勝と先ほどのレースの印象から馬単総流しです!

 こちらも偶数枠ゆっくりゲートに入りスタート、おっ良い出脚でも・・・行脚がつかないのか芝部分からダートに入った時には中団・・・あららこれはまずいんじゃないの?と思っていると徐々に前へ4角では3番手まであげ直線、力強い脚でグイグイと伸びてきます!一気に前2頭をパスし差を広げ始めます。最後は余裕残しでゴール!2着馬に5馬身つけての完勝でした。

あまり上手な競馬ではなかったですが、途中から加速がつき始めれば見事な完勝劇を見せてくれました。ちょっと緩かった馬体に今回の内容、まだまだ先の馬ですね!今回は歩様の硬さでダート戦でしたが、ゆくゆくは芝を走って欲しいです。

今日は2連勝とはいきませんでしたが、なかなかいい気分です。でも馬券は・・・馬単総流し8.7倍、総流し10点なのでガミりました、単勝で補填はできましたが、馬券下手ですね(´Д`)ハァ…

レース後のコメントです!
◎○▲△◎○▲△◎○▲△◎○▲△

18/10/20 松永幹厩舎
20日の京都競馬では五分のスタートも芝部分でモタついて追っつけつつの追走。行き脚がついてからは手応え良く進み、直線追い出してからもしっかり脚を使って優勝。

「スタートして芝部分ではちょっとモタモタしていたのですが、1~2ハロンして自分からスッと行く気を見せてくれて、そこからは楽でした。直線に入る時も手応え十分でしたし、追ってからもしっかりしていて強い競馬だったと思います。今日はありがとうございました」(岩田騎手)

「前半はついていけないのかと思いヒヤヒヤしましたが、行き脚がついてからは楽でしたね。直線もしっかりと脚を使っていましたし、期待どおり、いい勝ち方ができたと思います。この後については、まずは馬体をしっかりチェックしてから考えていきます」(松永幹師)

スタートの芝部分で少しモタついたものの、行き脚がついてからはいい手応えで進出していきましたし、直線も安心して見ていられました。期待どおりの勝ち方をしてくれた後ですし、今後のことは馬体をチェックしてから慎重に検討してきたいと思います。
(上記記事は、キャロットクラブから、転載許可を頂いて掲示しております)

◎○▲△◎○▲△◎○▲△◎○▲△
芝の部分でモタついたのは何故か?
それによって今後のレースの方向性が決まりますね。

ティレニア 惜しいデビュー戦!

kage

2018/10/20 (Sat)

今日は京都で2頭新馬戦を迎えます!
まずはティレニア、調教の動きが良いようで初戦から楽しみにしています。
2歳戦乗りに乗っているジャスタウェイ産駒!いい走りを期待です。

パドックでは落ち着いていますね、馬体重は428㎏もう少し成長して欲しいですが、機嫌よく回れている感じがします。人気は一部メディアで取り扱われていただけでは、人気にならず5番人気、とりあえず単勝だけ買ってレースへ!
 偶数枠ゆっくりゲートに入りスタート!良い出脚です無理に前をとらず馬群の中4・5番手で競馬を進めていきます。道中も内側を走り3角から徐々に前に、4角も最内で回り経済コースで直線へ、なかなか前が開きませんが、進路を見つけるとそこから一気に先頭に踊りだします!外から追い込み勢が迫り、ゴール直前で横に並んでゴール!残したかな?と思いましたが、頭分差され2着でした。

頭残してほしかった!ですが、デビュー戦としては及第点ではないでしょうか?戦前のコメントではゲート内の駐立とか言われていましたが、今回はいいスタートきれましたし、馬群の中でも躊躇なく競馬が出来ていました。良いレースセンスをしているのかもしれません、次につながりそうな一戦だったと思います。

馬券は馬連で12万!馬連総流し、こんな応援馬券もありでしたね。

レース後のコメントです!
◎○▲△◎○▲△◎○▲△◎○▲△

18/10/20 高橋亮厩舎
20日の京都競馬では好スタートから出たなりで好位につけ、馬群の中で折り合って運ぶ。直線は内々から前が開いたところを抜けだしたが、最後はわずかに差されて2着。

「スタートは練習どおりスッと出てくれましたし、その後の運び方、走り方ともにレースが上手だと感じました。最後だけ運がありませんでしたが、直線もスムーズに抜けだしていい競馬だったと思います。小柄な牝馬だけど一生懸命に走ってくれますし、ピリッとしたところはあっても変に引っかかったりしないので、マイルぐらいまでは対応できそうです」(浜中騎手)

スタートを決めて好位馬群で進め、直線もスッと抜け出すというセンス抜群のレース内容。わずかに差されたとはいえ、収穫の多いレースだったと言っていいでしょう。小柄な牝馬でもありますし、この後はしっかり馬体をチェックしてから検討していきます。
(上記記事は、キャロットクラブから、転載許可を頂いて掲示しております)

◎○▲△◎○▲△◎○▲△◎○▲△
初入厩からゲート試験そしてデビューの流れですから、ここは一旦放牧でしょうね!休養と一回りの成長をして戻ってきてもらいましょう!

ノルマンディーOC 2017年募集に申し込みました。

kage

2018/10/19 (Fri)

ノルマンディー2017年募集!
先ほど申し込みました!

申し込んだのは!
 ・ストックの17
 ・フサイチジェットの17
の2頭です。

昨日の中間発表では、「ストックの17」が62%となっていました。
まぁ外れたら仕方ない無いですね。

他にも気になる馬がいますが、様子見と2次3次とありそうですから、
今回は少し控えようと思います。

ティレニア デビュー戦へ

kage

2018/10/18 (Thu)

初入厩からゲート試験そして放牧挟まず、ティレニア今週末デビューを迎えます。
先週の調教内容が良かったようで、netkeiba等の記事で注目馬として紹介されたようで、なんか期待しても良いのかな?なんて淡い思いをしています

近況を!
◎○▲△◎○▲△◎○▲△◎○▲△

18/10/17 高橋亮厩舎
 17日は栗東坂路で追い切りました(54秒4-39秒6-25秒5-12秒6)。
「今朝は坂路で単走の追い切りを行いました。ここまでしっかりと負荷をかけているので、助手にはあまり時計を出しすぎないよう指示をしたのですが、だいたい予定していたとおりの数字で上がってきてくれましたし、いい最終追い切りができたと思います。先週の金曜日には浜中騎手を乗せて追い切りとゲートの確認を行ったのですが、練習の時ほどゴソゴソせずに駐立することができていました。ジョッキーは『まだちょっと緩い感じはするけど、現時点でも仕上がりは良さそう』と言っていたので、今日のこのひと追いでちょうど良く仕上がったのではないでしょうか。引き続き、テンションやカイバ食いも安定していますし、いい走りを見せてもらいたいですね。馬体重は430キロくらいか、それを少し切るくらいでの出走になると思います」(高橋亮師)
 20日の京都競馬(2歳新馬・牝馬限定・芝1400m)に浜中騎手で出走を予定しています。
(上記記事は、キャロットクラブから、転載許可を頂いて掲示しております)

◎○▲△◎○▲△◎○▲△◎○▲△
この日は2歳新馬、2レース連続で出走となりました。
連続優勝なんてあり得るかな・・・なったら凄くうれしいな~

グルーヴィット デビューへ!

kage

2018/10/17 (Wed)

いよいよグルーヴィット!デビューを迎えます。
想定では12頭なので、出走できそうです。
ただ歩様に硬さがあるので、とりあえずダートでのデビューとなりました。オイオイ芝を試してくれればと思いますが、さてどんな結果になるか楽しみですね!

レース前の近況を!
◎○▲△◎○▲△◎○▲△◎○▲△

18/10/17 松永幹厩舎
17日は栗東坂路で追い切りました(53秒9-38秒6-25秒3-12秒4)。
「今朝も坂路に入れて併せ馬を行いました。道中追走する形から最後はキッチリと先着してくれましたし、終いの伸びも良かったですね。まだちょっと体には余裕があるのですが、先週、そして今週としっかり負荷をかけたことでさらに上向いてくれそうですし、少しずつとはいえハミに頼る面も改善されてきました。ピッチ気味の走りをするのでダートを苦にすることもないでしょう。調教の内容どおりならば初戦からいい競馬が期待できそうです。馬体重はおそらく490キロ前後での出走になると思います」(松永幹師)
20日の京都競馬(2歳新馬・ダ1400m)に岩田騎手で出走を予定しています。

(上記記事は、キャロットクラブから、転載許可を頂いて掲示しております)

◎○▲△◎○▲△◎○▲△◎○▲△
なるほど、初戦から楽しみにしてもよさげなコメントですね!
マツミキ調教師には、ピュールフォルスで私的な株はさげていますから、ここできっちり挽回をしてほしいものです。
そして2週連続新馬勝ちになるか?
というか同日にデビューのティレニアと併せ2勝するか?ワクワクが止まらない。
アッでもティレニアの新馬戦は抽選なんですよね~

ヴァイトブリック 大差勝ち!

kage

2018/10/14 (Sun)

新馬戦から関東馬が関西遠征!?
逆のパターンは良く聞くけど、このパターンはどうなんだろうか?
調教もあまり動いていないようで、しかも予定のモレイラ騎手は騎乗停止で代わりに藤岡佑介騎手!先週の除外といいヴァイトブリックってひょっとしてもってない?
そんな不安が大きい新馬戦、しかも京都4Rと勘違いしていて、11:00にテレビをつけたら、まさにレースが始まろうとしていました・・・(汗)

ゲートが開きスタート、あまりいい出脚でないですね!しかももっさりした感じで前に取りつくこともできない感じ、あぁ~あこれは駄目パターン?そんな不安が頭をよぎりました。後方外目で最初のコーナーに入っていきます。向正面を後方3番手で進み、3角手前から徐々に進出!3角4角の途中で先行集団を捕まえ、直線入り口で外から並びかけ、ここからは伸びる伸びる、1馬身2馬身3馬身と差を開け、レース映像も段々と引きの絵に!結果大差をつけてのぶっちぎり圧勝を見せてくれました。

最初はちょっと駄目かな?なんて思いましたが、直線並んだ時にはこれなら!と思いました。でもね、ここまで差をつける勝ち方をするとは!正直驚きです。関西遠征に懐疑的でしたが、結果が出れば手のひらを返したように良い選択だったんですね!それに今回の輸送を経験したことは後々プラスになるのでは?とおもいます。今はいい夢を見ています。

レース後のコメントです!
◎○▲△◎○▲△◎○▲△◎○▲△

18/10/14 和田郎厩舎
14日の京都競馬では立ち遅れ気味のスタートになり無理せず後方から。流れに乗せつつジワッとポジションを上げ、4コーナーでは前を射程圏に捉えると、直線は後続を引き離す一方で優勝。

「少しゲートは遅れたのですが、この血統でもあるのでそういうところはあると思っていましたし、特に問題はありませんでした。その後はうまく流れに乗せ、道中は砂を被せたりするなど色々と経験させていったのですが、それでいてこれだけの着差で勝つのですから、今日はいい競馬ができたのではないでしょうか。お母さんのヴァイスハイトも知っていますが、この子は男馬で重心も低く、距離はある程度もちそうな感じもしましたよ。いい馬に乗せていただき、本当にありがとうございました」(藤岡佑騎手)

「先週の除外は残念でしたが、馬の状態は良かったので期待していました。そのとおりの結果になってホッとしています。ゲートは、練習でもちょっとソワソワするところを見せていたのである程度は想定していました。スタートはゆっくりではありましたが、それからは馬の後ろにつけて砂を被せるなど、ジョッキーがいろんなことを経験させてくれて、それをクリアして勝てたというのが大きかったと思います。今日は本当にありがとうございました」(和田郎師)

除外で変則日程明け、しかも初めての競馬が京都遠征と決して楽な条件ではなかったはずですが、そんな不安をまったく感じさせない強い勝ちっぷりでした。全姉ロスヴァイセの手綱も取っていたジョッキーはこの馬の素質を高く評価してくれましたし、今後の活躍が今から楽しみです。この後は馬体をよくチェックしてから検討します。

(上記記事は、キャロットクラブから、転載許可を頂いて掲示しております)

◎○▲△◎○▲△◎○▲△◎○▲△
あくまでも結果論ですが、今回の乗り替わりは良かったのですね!母や姉に騎乗した藤岡佑介騎手だからこそ、あの出だしでも慌てずさらに今後のためのレクチャーまでしてくれたなんて、感謝しかないです。それにレース前のコメントからハミ受けとかテンションとか難しそうなこの仔を初輸送にもかかわらず、普通に競馬をさせた和田正一郎調教師と厩舎スタッフにも感謝です。
さて今後ですが、ダートの大きいところを狙ってほしいですが、同じキャロットで強いのがいますからね~どうなるのでしょうね?結構楽しみなことになりそうです。

フラットレー 去勢明け初戦は・・・

kage

2018/10/13 (Sat)

今日はお仕事でした~
なので、フラットレーの復帰戦、現地応援はもちろんライブで見れませんでした(涙)
仕事途中に結果だけ見て3着!なんと微妙な・・・

家帰って録画していたレースを見ました。
スタートまぁまぁの出だしでしたが、外枠はごちゃつきましたね~これでやる気をなくさないと良いけど・・・後方につけての競馬になりました。道中も後方4角回って外からじわりじわりと伸びてきます。これはもしかしたら?なんて淡い思いをしましたが、前の一頭を掴められず、後方からの一頭にもパスされ3着でゴールしました。

去勢明け初戦でと思えば、そしてデビュー以降の内容を思えば、なかなかの結果だったのではと思います。これで何とか前向きさが出て復調の兆しになってくれればです!

陣営コメント、出ています。
◎○▲△◎○▲△◎○▲△◎○▲△

18/10/13 藤沢和厩舎
13日の東京競馬では中団後方を進み、直線勝負に挑む。外からじわじわと伸びてきたが最後は脚色が同じになり3着。

「去勢放牧明けだったから気を付けて乗りました。上位は強くて届かなかったけど一生懸命に走って伸びていたし、良くなっていましたよ。このまま気持ちの面をキープしながら使っていければいいですね」(ルメール騎手)

「調教での様子を見ると前向きさが出てきていましたし、これならやれるのではないかなという手応えを得ることはできていましたが、実戦へ行ってみないとわからないところもありますからね。どっちに出るか心配していましたが、今日はちょっと頑張れたんじゃないかな。少しホッとした気分です。ただ、勝っていないのは確かだし、今回の経験をどう活かせるかですね。流石に半年ぶりの出走だったし、去勢明けでもあるので無理使いは禁物ですが、なんとか復調させていきたいですね」(藤沢和師)

デビュー勝ち以降は思うようなパフォーマンスを発揮できずにいましたが、去勢を施し、立て直しを図ったうえで臨んだ今回でした。いきなり勝ちを望むことは難しいだろうとは思っていたものの、それでも稽古で見せる前向きさを見ると新馬の頃の雰囲気に戻ってきた感があり、なんとかならないかと思って見ていました。結果は残念でしたが歯をくいしばるシーンが見られましたし、光は見えたかなと思えるレースだったように感じます。もちろんそれで満足していい馬ではないのでこれからが肝心になりますが、なんとか復活したと言える走りを見せてもらいたいと願っています。久々の出走に加えて去勢明けの一戦でもありましたので、今後に関しては慎重な判断をしていきたいと考えています。
(上記記事は、キャロットクラブから、転載許可を頂いて掲示しております)

◎○▲△◎○▲△◎○▲△◎○▲△

ヴァイトブリック デビュー戦は京都!

kage

2018/10/11 (Thu)

先週は除外をくらったヴァイトブリック!
今週の土曜日東京の新馬戦と思っていたら・・・あれ京都?
新馬戦から遠征ですかと?不安になりますが、近況を!
◎○▲△◎○▲△◎○▲△◎○▲△

18/10/11 和田郎厩舎
10日は軽めの調整を行いました。
11日は美浦坂路で追い切りました(54秒4-40秒3-27秒4-14秒2)。
「先週の除外は痛恨でしたが、その後どうするかというのも悩ましかったので直ぐに気持ちを切り替えて調整にあたっていました。まずレースに関しては候補が2つあって、東京のダート1400mか京都のダート1800mでした。新馬にとってみれば地元のほうが楽は楽ですが、先週の新馬はダートの1300mもあってそちらも除外馬が多数おり、今週のダート1400m戦は除外権をひとつ持っていても必ず出走できるとは限らない状況になるのではないかと想像できました。そこで、走りを教えることもできるという観点からコーナーが4つある京都の1800mという選択を採ることにし、先週投票させてもらったモレイラ騎手がそこも乗れるという話をもらっていたので、向かおうと決めた矢先に騎乗停止になってしまって…。どうしたものかと悩みましたが、よく考えて、なおかつ丁寧に乗ってくれることを期待して藤岡佑介騎手にお願いをすることにしました。準備は整えられたのであとは調整をどうするかでしたが、京都なら日曜日のレースになること、そして先週までである程度できていたので直前はサラッとで問題ないということから今朝坂路でサッと動かすことにしました。程よくセーブした調教を行うことができ、落ち着いて走ることもできていました。あとは実戦へ向かう際に変にカーとしないかどうかですね。リラックスできていればいい走りができると思っているので、今後につながるような競馬を見せてほしいと期待しています」(和田郎師)

14日の京都競馬(2歳新馬・ダ1800m)に藤岡佑騎手で出走いたします。
(上記記事は、キャロットクラブから、転載許可を頂いて掲示しております)

◎○▲△◎○▲△◎○▲△◎○▲△
今後につながるような競馬って・・・なんかデジャブ?選手もそんな台詞のあった新馬戦あったような(笑)
モレイラ騎手は残念ですが、代わりの藤岡佑介騎手も今年調子いいようですし頼もしいと思います。それに頭数は8頭!窮屈な競馬にならず気持ちよく走ってくれるのでは?と期待しています。

フラットレー 復帰戦へ

kage

2018/10/10 (Wed)

フラットレー去勢後、初のレースに挑みます。
以前岡田牧雄さんが、矯正後2~3戦は様子見ないと駄目と語っていたような・・・
なので、今回は過度の期待をせずに、どんな感じでレースをするのか注目したいと思います。

陣営コメント、出ています。
◎○▲△◎○▲△◎○▲△◎○▲△

18/10/10 藤沢和厩舎
10日は美浦南Wコースで追い切りました(70秒0-54秒2-40秒4-13秒0)。

「3日間開催の兼ね合いで今朝が全休日明けになったのですが、土曜日の競馬にいい形で備えるには追い切りを水曜日にしておいたほうがいいと考えました。3頭で組んでウッドチップコースに入り、後ろ2頭を誘導するようにじわっと動かしています。休み明けなので負担を考えてハードにはやっていないものの集中していて、悪くない走りを見せてくれましたね。あとは調教での良さをそのまま実戦でも出せるかでしょう。正直それは蓋を開けてみないとわかりませんが、何とか復調のきっかけを掴んでほしいです」(津曲助手)

13日の東京競馬(3歳上500万下・芝2000m)にルメール騎手で出走を予定しています。
(上記記事は、キャロットクラブから、転載許可を頂いて掲示しております)

◎○▲△◎○▲△◎○▲△◎○▲△
陣営も様子見の一戦のようですね、でもルメール騎手を用意してくれていますし、何とか良いレースを見せて欲しいですね、まぁ勝てばなお良しです。

グラウシュトラール デビューは10着

kage

2018/10/08 (Mon)

いよいよグラウシュトラールがデビューを迎えます。
昨年ノルマンディーの出資馬は2歳戦出走しませんでしたので、久しぶりのノルマンディーでの2歳戦、ちょっと戸惑っています。(笑)
まぁ初戦からというタイプでもなさそうですし、今回はチョイ長いと思える東京マイル戦、なので調教師の言う結果より内容を楽しみに観戦したいと・・・

今日は用事があり、新宿ウインズにより観戦、着いた時間がギリギリでちょうどレースが始まるところでした。
ゲート内は大人しく見えていました。ゲートが開きスタート!なかなかの良い出脚!でも初っ端から掛かっていない?どこかで脚を溜めて・・・なんて記事を見ましたがアララですね。結構掛かりっぱなしでレースを進め、落ち着いた様子も見せずに3角回ってですが、口向き悪いですねコナー始終内側に首を向けて走り直線へ、新馬戦特有のスロー1000mで63.5秒もしかしたら脚が残っているかな?なんて淡い期待をしましたが、後続の上がり脚に屈して結果10着でゴールでした。

内容を!というレースでしたが、一番してはいけないレースしてしまいました。掛かること口向き等課題が見つかったので、これをいかに克服していくかですね?ただスピードはありそうですので、悲観するほどのデビュー戦では無かったと思います。調教師の腕の見せ所というところですね!

騎手コメント出ています。
「距離を持たせたいと思って前半は前に壁を作って我慢させたかったのですが、ハミが掛かってからずっと右にモタれていました。普通、ゴールを過ぎてスピードダウンすればハミが抜けるんですけど、ゴールを過ぎてからも右にモタれたまま。どうにもコントロールが利きませんでした。テンから放してしまえば折り合いが付いたかもしれませんが、我慢させようと思って抑えたら余計にハミを噛んでしまって…。調教に乗せていただいて、少し口向きの難しいところがあるのは分かっていたつもり。うまく乗ることができず申し訳ありません。いいスピードがあって能力を感じるだけに、競馬を覚えてくれば変わるはずです」(石橋脩騎手)

グラウシュトラール デビュー!

kage

2018/10/06 (Sat)

10月東京開催が始まり本格的に秋競馬が始まるそんな季節になってきました。
ちょっとこの頃仕事が忙しくブログもおざなりになっていますが、今月はうちの2歳馬が一斉に芽吹きます!まずは3日間開催の月曜日にグラウシュトラールがデビューです!

陣営のコメントを!
 ・木曜の調教は古馬を相手に抜群の動き
 ・これが本番でもできればというところ
 ・集中力を切らさずに我慢できるかどうかが鍵
 ・ジョッキーも跨ったことにより良い感触を掴んでくれたかとは思います
 ・ただ今回は内容にこだわりたい思いが強いです
 ・これから先のことを考えたのなら、デビュー戦というのは非常な重要なポイント
 ・ここで実戦での力の抜きどころ、出しどころをきちんとものにしてほしい
 ・最初から短距離と決めつけずに1600から使えるというのも、
  この後のことを考えたのならプラスに働くと信じています
以上です(by大竹正博調教師)

この仔は本当にノルマンディーの馬なのかと思えるぐらい、順調にデビューまでやってきました。手ごたえもいい感じですので、デビュー戦楽しみにしたいですね!
チラッと相手見ましたがダービー4着馬の妹や、ディープ産駒が2頭いたりと、ちょっと距離に不安がありそうなグラウシュトラールですが、調教師の言っているように、このレース内容を期待したいです。もちろん結果が伴えばなおよろしです!
残念なのは、当日用事があり現地応援にけないし、ライブでも見れないところかな。