2016 09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2016 11

ラグランドルー 仕切り直しの短期放牧

kage

2016/10/30 (Sun)

ラグランドルーのデビューから一週間、あのショックは大きいですが、引きずっていても仕方ないので、明るい展望を考えているのですが・・・
レース後も調教師コメントがアップされました。

2016/10/28
 ・スタートが良かっただけに、トモを落としたことにより流れに乗れなかったのは悔やまれる。
 ・成長途上で全体的にまだ非力なのも否めません。
 ・ここで成長を促すためにも放牧と考えました。
 ・しかしダートに挑戦したい気持ちがあるため水曜日から乗り出しを開始したが。
 ・さすがに疲れた様子を見せていますので、一度短期で外厩に出すことに。
 ・この一週間は疲れをとることに専念してもらいましょう。
以上です(by鈴木孝志調教師)。

非力でダートが走れるのか?
成長すればどうにかなかるのか?
明るい展望が見えませんが、ここは成長してくれる&鈴木調教師を信じて見ますか?
ただなんとなくですが、この仔は小倉が合うのでは?と思っています。

それにしてもノルマンディー勢、全部放牧中!寂しいですな~

メルドオール ツキのない・・・

kage

2016/10/25 (Tue)

メルドオール先週19日に帰厩しました。
前走の盛岡・シリウス賞は大雨の不良馬場この仔の能力を発揮するには酷な状態、ツキがないこれにつきました。そしていったん放牧を挟み、適していると言われる新潟開催に向け帰ってきたのですが・・・
近況をまとめてみました。

10/21 美浦トレセン
 ・来週の新潟開催の出走を視野に、予定通り水曜日(10/19)に帰厩しました。
 ・昨日朝の運動中に歩様が乱れ、左前の蹄に熱感があった。
 ・獣医師や装蹄師に診てもらったところ挫跖している。
 ・何を踏んでしまったのかわからないが、いずれにしても点の衝撃を受けたよう。
 ・応急処置として鉄橋蹄鉄に装蹄し直し、湿布で炎症をおさえています。
 ・月曜日まで治療と舎飼を継続し、問題がなければ火曜日から運動を再開します。
 ・患部の回復次第ですが、次の福島開催に目標を切り替えて調整していくつもりです。
(by高橋祥泰調教師)

敗戦騎手の鮫兄が「新潟コースのような硬い馬場なら、もっと弾ける脚を使ってくれると」語っていましたから、今回の新潟遠征を楽しみにしていましたが、挫跖とはツキがない。今回だけでなく、色々総じてツキがない馬ですね!と言うかこの世代の愛馬全部こんな感じ・・・(´Д`)ハァ…
今は挫跖を治し、早い復帰を願いたいです。

ラグランドルー 後は這い上がるだけです。

kage

2016/10/23 (Sun)

今日はラグランドルーのデビュー戦!
そして僕の2歳戦も始まります。

そんな記念の日なんですけどね~
結果は笑うしかないことに・・・

流石に京都では行けないので、グリーンチャンネルでの観戦。
馬体重450㎏、周回は大人しい感じ、人気は18番人気と最低人気。
やはりあの調教内容にこの元気のなさが原因かな?それにしても人気ない・・・

レースへ
ゲート内は大人しい感じでスタート、抜群ではないけどまあまあな出だし、先頭はともかく前目で競馬が出来るかと思ったら、馬群のペースについていけないのか、じわりジワリと後退。あっという間に最後方、ならば上がりの競馬と思えば、直線も加速することもなく、ポツンと最下位でゴールしました。見終わり納得しましたあの最終追い切りの内容。

今まで出資馬の107戦、ここまで大負けは初めて!
タラレバが入り込めない大惨敗は、ある意味潔く気持ちいいです。
ラグランドルーには、これ以下はないですから、ここからの大逆転劇を楽しみにしたいです。

騎手コメント出ていました。
「前々に行くよう指示は受けていたのですが、スタート直後にトモを落としてしまい、そこからリズムに乗れないままでした。追い出してもまだトモに力が付ききっていないため、頭を上げた走りになってしまっていますね。付くべき所に力がちゃんとつけば変わってくるはすです。今日のレースだけで適性を見極めるのは難しいですが、ダートの方が走りやすいのかもしれません」(松山弘平騎手)

では次はダート戦で、どう変わるか?これを楽しみに!

で、このレース残念な事だけでなく、嬉しい事が一つ!
勝ち馬メイショウベルボン
父はディープブリランテ、母父はフレンチデピュティ
この配合はハイレートクライムと同じ!
この京都・芝1400を勝ちました!
これはいい傾向かな!

レイズ in 競馬場の達人?

kage

2016/10/21 (Fri)

先日9月24日レイズアスピリットの九十九里特別に現地応援に行った際に、レイズ君の口撮り撮影に「競馬場の達人」のゲストの人がいたとブログに書き、あれは誰だろ?とずっと疑問に思っていました。その人がようやく判明しました。
と言っても自分で調べたわけでなく、グリーンチャンネルの放送予定に出ていました。

ライトノベル作家の「蒼山サグ」という方。
本は読みますが、ラノベにはほとんど手を出さないので、この人が有名かわかりませんが、この人のツイートを見ると、なんかレイズ君に出資しているみたいです。

偶然に「競馬場の達人」撮影時にレイズ君が走り、その時優勝したということかな?それは強運の持ち主ですね!
確か「競馬場の達人」で草野仁さんの時、出資馬のリヤンドファミユのレースと重なりましたが、結果負けて口撮りできなかったことを嘆いていたことがあったような・・・

ともかくこの方の「競馬場の達人」はレイズ君ファンには必見かも?
違った側面からあのレースが見れるかな~

因みに初回放映は、11月6日(日) 22:00~22:30です。
あっ決してグリーンチャンネルの回し者じゃないですし、
もしかしたらすべて僕の勘違いかも?
その場合は一切の責任は取りませんのであしからず(笑)

ラグランドルー いよいよデビューへ

kage

2016/10/20 (Thu)

ラグランドルー、デビュー決定です!\(^o^)/
ようやく僕の2歳戦が始まります。
今日の近況をまとめました。

10/20 栗東トレセン
 ・最終追い切りは馬場が悪く、脚をとられてしまい思っていたよりも時計がかかった。
 ・目立った時計こそ出ていないが、これまでデビューに向けて本数を重ねてきている。
 ・先々週一度飼い食いが落ちただけで、この中間も体調を崩すことなく調整できている。
 ・普段の調教では軽い走りを見せていますので芝もこなせる印象。
 ・ゲートも水準より上と感じます
 ・スムーズに出られるようであれば前々から積極的にいくようジョッキーには指示。
(by鈴木孝志調教師)

☆10/23(日)京都・2歳新馬(芝1400m・牝)松山弘平騎手

本当ならすごくテンションが上がるはずなのに、この仔の調教を見るとね~
鈴木調教師はこう語っていますが、実際はどうなんだろうか?
まぁ日曜日のレース内容でわかりますね!
相手にベガの血を引くハープスターの半妹がいますね!でもリュラの全妹と思えば、怖くないかな?他にも良血いますから、あくまでも挑戦者の立ち位置、積極的なレースであっと言わせる結果が出ると良いな~

ハイレートクライム デビューへ向け

kage

2016/10/20 (Thu)

ハイレートクライム帰厩後初近況で、出走予定出ました!
◎○▲△◎○▲△◎○▲△◎○▲△

10/20 庄野厩舎
19日は栗東CWコースで追い切りました。
20日は軽めの調整を行いました。
「ゲート試験合格後はNFしがらきでしっかり乗り込んでもらっていましたが、ここまで順調に上向いてきているとのことで、先週帰厩させています。乗り出してからも問題なく、水曜日はCWコースで併せて追い切りました。先週末に坂路で15-14を行った時は、まだ走りに集中できていない感じがありましたが、水曜日はコースで併せてしっかりとやったこともあって、前向きさが見える悪くない走りでしたよ。まだ5ハロンからの時計ですし、これから本数を重ねていく必要はありますが、まずは次の京都の2週目にある芝1400mの番組を目標にしようと考えています」(庄野師)
11月12日の京都競馬(2歳新馬・芝1400m)を目標にしています。
(上記記事は、キャロットクラブから、転載許可を頂いて掲示しております)

◎○▲△◎○▲△◎○▲△◎○▲△
ようやく2歳馬勢が回り始めました。よかった!よかった!
ディープブリランテ産駒の勝利6鞍すべて、芝のマイル以下ですので、この芝1400mはいいかもしれませんね!鞍上は誰だろうか?楽しみですね!
京都なので流石に現地応援はいけませんが、その走りを期待したいです。

オルレアンローズ そうやすやすとは!

kage

2016/10/15 (Sat)

今日は用事があり、大人しくお家で観戦です。

流石に準OPともなると、相手は重賞出走馬がゴロゴロと揃いも揃った感じが、オルレアンローズ人気は6番手、昨日の東スポでは無印だった割には人気があります。パドックの周回も良さげですし+2キロと連戦ですが減っていないのも好印象でした。

レースはゲートが開き直ぐに先頭に立ちいつもの展開へ、大逃げするわけでない良い距離を保ちレースを進めていきます。4コーナー回り直線ラスト200mのところまでは、もしかしたら逃げ残る?なんて思いましたが今日は後続勢がそれを許さず、一気にのみこまれ8着でゴールしました。
昇級初戦、実績馬多数、一着とは0.6秒差、自分の競馬が出来た等々、負けはしましたが納得のできる内容だったと思いますし、オルレアンローズ自体まだまだこれからの馬、この一戦は今後につながるものがあったと思います。そして8着ととりあえずの飼葉代を咥えてきてくれました。ありがとうございます!さて次は続戦?放牧?高木調教師の判断はいかにですね!

このレース驚いいたのは16番人気のエルゴレアが2着!ネオウィズダムといいこの兄姉は東京1400走りますね~うちのごく潰しの弟君、いい加減帰ってきておくれ!

オルレアンローズ 白秋S出走へ

kage

2016/10/13 (Thu)

オルレアンローズ、準オープン出走確定です。
 ・☆10/15(土)東京・白秋ステークス(1600万下・芝1400m・混)大野拓弥騎手
京都のレースと両睨みでしたが、こちらになった真意は近況をまとめました。

10/13 美浦トレセン
 ・フルゲートとなりましたが、2勝目を挙げた同条件の東京に。
 ・頭数が手頃な京都の清水Sも視野にはありました。
 ・今の精神状態での輸送のリスクと時計の速い京都のマイルに対応できないのではないかとの結論に至りました。
 ・現状の力でこのメンバーにどこまで通用するか楽しみです。
 ・マイペースで運べればチャンスはあると思います
(by高木登調教師)

前走後からテンションの高さを気にしていましたから、この判断は仕方ないのでしょう。
それにしてもメンバー揃いましたね、グァンチャーレをはじめ重賞出走経験のある馬がゴロゴロと、関西馬なら清水Sに出ろよと言う感じですね!もう!
まぁ今回は好走を期待ですね!ある程度の感触が掴めればグッドでしょう!
でも逃げて有力馬はお見合い、結局捕まらず逃げ残るということは多々ありますから、もしかしたらね~~

アドヴェントス 来年まで・・・

kage

2016/10/13 (Thu)

アドヴェントス放牧となるようです。状況を!
◎○▲△◎○▲△◎○▲△◎○▲△

10/13 堀厩舎
12日、13は軽めの調整を行いました。
「先週は無事に結果を出すことができて何よりでした。前走後にそのまま残して今回の競馬へ向かうことになったにはいくつか思惑があったわけですが、トモを鍛えるという点だけでなく、冬は芝500万下クラスの鞍数が一気に減るため満足いく形で使いづらくなることから、早めに1000万下クラスに上げておきたいということもありました。それで使わせてもらったので今回勝ててホッとしています。ただ、レース後は走った分だけ傷みがあって、特に背骨のラインに疲れが見られます。背の真ん中から仙腸関節、そして仙骨部分に痛みがあって、両トモの踏み込みがもうひとつに見えるんです。前脚のほうはここまでの様子をチェックする限りでは大きな異常はなさそうなものの、全体的にコンディションを良くするには時間が必要そうに思えますので、このタイミングでしっかりと立て直しを図るために放牧に出させていただこうと思っています。理想を言えば2月頃の競馬を使いたいという考えはありますが、あくまでも状態次第になると思います。春まで時間をかけたいと思えれば無理に使うつもりはありませんし、しがらきの獣医さんにも話をしておきますので現地で良くしてもらい、様子を見ながら良いと言える状況になってきた時に具体的なことを決めていきたいと思っています」(堀師)
(上記記事は、キャロットクラブから、転載許可を頂いて掲示しております)

◎○▲△◎○▲△◎○▲△◎○▲△
前回のレースはこんな思惑もあったのですね~
レース後ダメージが見られますから、本当に勝ってよかったです。
来年の2月までと長い放牧になりますが、理由と目的そしてとりあえずの期間が出ていますので、復帰を心待ちにしたいです。
放牧もこういう風に的確にコメントくれたなら、安心できるのですけど、どこかの誰かさんみたいなコメントで長期放牧、今成績は出ていますが勘弁してほしいですね。

アドヴェントス 初現地応援!

kage

2016/10/10 (Mon)

今日はゆっくり午後ぐらいから東京競馬場に行こうと思っていたら、案外早く目が覚めすることもないので、朝一から東京競馬場に行ってきました。目的は東京最終Rに出走るアドヴェントスの応援です。

第一レースから競馬をやりますが、全然当たりません。その最大の原因は関西からきているF騎手です。結構人気馬や気配の良い馬に乗っているので、1着固定で買うと2着、ならば3連単マルチ軸にすると4着、紐は合っているのに(涙)というここの人大丈夫か~

途中すごく安い3連単を当てて最終レースへ!
パドックで初めてアドヴェントスを見ました。物凄く可愛い馬です。
161010アドヴェントス02 (2)
周回は最初こそは落ち着きにかけていましたが、回を重ねるたびに落ち着きがでて坦々と歩を進めています。パドックで誰かが気品があると語っていましたが、確かに気品漂う感じがします。止まれの合図で堀調教師がやって来て軽くポンポンと入念なチェックと共に気合入れでしょうか?そして騎手の騎乗かと思うと、アドヴェントス以外は全員騎乗しているのに、福永騎手きません?アドヴェントスだけ騎乗者なしでパドックを出ていきます。大丈夫か~福永騎手!

さてレース!ゲートが開きなかなか良いスタート、前から7番手今回は先行策?道中も下げることなく位置をキープしていきます。1000m通過して62.9秒めっさスローペースです。これは直線だけの競馬になりそうな!弾ける脚はありますので仕掛け何処さえ間違わなければ!4コーナー回り直線、外に回しじわりじわり先頭を捕まえに、ちょっとヤキモキしましたが、キッチリ1と1/4馬身の差をつけてゴールです。見事目の前で優勝です!

バンザーイ×100ぐらいでしょう!でも馬券は・・・
お財布は冷え切りましたが、心はホッカホッカで帰りました。
帰宅したら近況出てました。
◎○▲△◎○▲△◎○▲△◎○▲△

10/10 堀厩舎
10日の東京競馬では中団やや前目のポジションにつけて道中を進める。直線に向いて追い出されると坂上くらいから勢いがついてきて最後は差し切り優勝。
「ありがとうございました。スタートの具合次第で少し前目の位置を見られるならと頭にありました。いくらか気負いもありましたが、リズム自体は悪くなく進められたとは思います。ただ、依然として課題は感じられましたね。いちばんはトモで、返し馬からトモの入り具合、進みっぷりがもうひとつに思えたんです。仕掛けてからも思っていたほどフットワークが伸びて来なくて、前駆の回転を上げていって何とか勢いがついて最後に差すという感じでした。初戦のときの感じからすると正直まだまだだと思いましたし、これ以上前駆に頼りすぎると前脚に負担もかかってきてしまうのでしょうから、本当に良くなるには時間が必要なんだと思うんです。今のまま固まって欲しくない馬ですからね。そのあたりは堀先生の的確なジャッジを信頼していいと思いますし、先々良い成長を遂げてくれることに期待しています」(福永騎手)
「おめでとうございました。今回は前回から立て直すくらいのつもりで、期間的に限られた中でしたが取り組んできました。それだけにまずは勝つことができて良かったと思います。トモを中心にまだまだ改善すべき部分は多いのですが、鍛えていかないと厳しいところも正直あります。休ませることと攻めることのバランスに関してギリギリのレベルで見極めながら調整しているというのが正直なところなので、今後も慎重なジャッジをしていきたいと考えています」(堀師)
今回はいつもよりも前目のポジションで進めましたが、ペースや最後の伸び方を考えると結果的にあの位置で助かったのかもしれません。素材的にはここで満足して良い馬ではないと思っているのですが、ウィークポイントに対して如何に上手に接していけるかが今後の成長の鍵になってくるでしょう。このあとに関しては今の時点では未定で、まずは様子をよく確認してから判断していくことになります。

◎○▲△◎○▲△◎○▲△◎○▲△
まだまだ改善点があるということは、まだまだ伸びしろもあるということ!
今日は8の出来で、スローとはいえ33.5の脚、これでトモがパンとしてきたら・・・ワオ!
次走はどうなるのか?ここは堀調教師を信じて、その判断を待ちますか!僕は年内休養でもいいかな。

「颶風の王」読んでみました!

kage

2016/10/07 (Fri)

いつ何時妙齢なご婦人にご趣味はと聞かれてもいいように、日々読書に勤しんでいます。

そんななかこんな本を手にしました!
それはこちら「颶風の王」 河崎秋子著
颶風の王

内容はアマゾンからパクると↓

(「BOOK」データベースより)
力が及ばぬ厳しい自然の中で馬が、人が、懸命に生きている―。明治の世。捨造は東北から新天地・北海道へ向かっていた。道中、捨造は童女のように生きる母からもらった紙切れを開く。それはいつもの、幼子が書いたようなものではなかった。雪崩で馬と遭難しながらも、その馬を食べて生き延び、腹の中の捨造の命を守りきった、母の壮絶な人生の記録だった。北海道の大地で羊を飼い、乳牛を育てながら小説を書き続ける、新人・河崎秋子が圧倒的なスケールでおくる三浦綾子文学賞受賞作。


この作品今年の「JRA賞馬事文化賞受賞作」です。JRA賞授賞式の番組で知り、ガッツリとした競馬小説を読みたかった僕は、JRA賞なら競馬ものだろうと安易に考え購入した一冊でした。読み始めてすぐに気づきます、馬は出てくるがサラブレッドではない、ましてや競馬小説でもないということに!でも開始早々から物語の世界に引き込まれていくのですよ、自然の厳しさ、馬の猛々しさ、そして何よりも明治から馬に関わる数奇な家族の物語に!ドキドキしながら楽しいひと時を過ごせました。もう少しボリュームが欲しかったですが、読み終わり表紙のような光景が僕にも見えました。競馬だけが馬では無いですね。
前の本とは違い、お勧めできる一冊です!

アドヴェントス 今回は8?

kage

2016/10/06 (Thu)

アドヴェントス出走確定出ました。10/10 東京競馬場12Rです。
レースに向けてどんな状況でしょうか
◎○▲△◎○▲△◎○▲△◎○▲△

10/6 堀厩舎
5日は軽めの調整を行いました。
6日は美浦南Wコースで追い切りました(69秒2-54秒2-39秒0-13秒3)。
「前走後の回復に時間がかかり、いつもの調整過程からすると1本ほど不足気味ではあるので補えるように調整を進めています。先週の追い切りはやや控えめなものになりましたので今週の直前の追い切りである程度負荷を求めたいと考えたんです。通常のうちの調教パターンからすると月曜日の競馬なので金曜日追いを行うのですが、5ハロンからの長めの追い切りをかけたいと考え、負荷をかける分だけ追い切りからレースまでの間隔を取り回復させるために今朝の追い切りにしました。動きからすると良い時の身のこなしほどではないのですが、前走時から比較すれば一歩前進しているであろうと見ています。馬体重は466キロで、毛ヅヤ、張りも良くなってきているところですし、落ち着きも出てきていますから状態面で言うと前回が7とするならば今回は8くらいで臨めるのではないかと思っています。故障のリスクを避けるように慎重な判断をしながらケアをしつつ、前走後から立て直すような感覚で調整をしてきました。できれば秋のうちにまずは2つ目の勝利を挙げられるように持っていきたいと考えていますし、先を見据えつつ今回も良い競馬を期待したいと思っています」(堀師)
10日の東京競馬(3歳上500万下・牝馬限定・芝1800m)に福永騎手で出走いたします。
(上記記事は、キャロットクラブから、転載許可を頂いて掲示しております)

◎○▲△◎○▲△◎○▲△◎○▲△
まだまだ絶好調とはいきませんが、前走時よりは前進しているようです。
出走メンバーはさほど有力馬もいませんし、ここは8ぐらいの出来でも勝てるのではないかな~と甘く考えています。
10日用事なければ、アドヴェントスに逢いに行こうかな~

ノルマンディーOC 15年産多分確定?

kage

2016/10/04 (Tue)

どうやら抽選通ったのかな?
ノルマンディーOCで登録しているメールはお家PCのメアド、会社では確認できません。
会員専用マイページでは、それらしいメッセージはないので、当選したのでしょう!

そうですこの仔に出資できました。(仮)
オークルーム15
オークルームの15 牡 (父:アイルハヴアナザー)
 2015年1月30日 黒鹿毛 美浦・大竹正博厩舎
 馬体重:490kg 体高:157.0cm 胸囲:180.0cm 管囲:21.0cm

ノルマンディーOCで、先行募集で抽選になるとは、結構なクラブになってきましたね!
とりあえず抽選通ってホッとしています。
1月生まれなので、馬格はありますね~来年の今頃にはデビューしているかな?
先日の近況では、大きな風呂敷を広げているように感じましたけど、どこまでその通りになるのか楽しみですね!
現役馬で種牡馬がダブるのは初めてです。
それがアイルハヴアナザーなんて、ちょっと面白いかな?
とにかくアイルハヴアナザーが凄い種牡馬でありますよう、せつに祈っております。

ご一緒の方おられましたら、よろしくお願いいます。
でも家帰って確認したら、落選しているかもしれませんが・・・

2013年出資馬 中間成績

kage

2016/10/04 (Tue)

2016年の3歳未勝利が終わりましたので、
私の愛馬3歳(2013年産駒)の中間成績を出したいと思います。

出資馬4頭(キャロット3頭+ノルマンディー1頭)
 14戦4勝(4-2-1-1-0-6) 勝率28.6% 掲示板率57.1% 8位入着率85.7%

勝ち上がり
 オルレアンローズ 3-1-1-0-0-1
 アドヴェントス  1-1-0-0-0-0
未勝利引退
 チーフコンダクター 0-0-0-1-0-5
未出走引退
 エクスプロード 0-0-0-0-0-0
勝ち上がり率:50% デビュー率:75% 
獲得賞金/募集総額=回収率:42%

全頭勝ち上がりを目指しましたが、
牡馬のエースと思っていたエクスプロードの未出走引退は辛いです。
そしてチーフコンダクターも予想とは裏腹に、虚弱ぶりを発揮し数使えず勝ちきれず。
牡馬2頭が不甲斐ない結果に!
反面牝馬が2頭とも勝ち上がり、
躍進を見せるオルレアンローズ!この仔に頑張りには頭が下がります。
当初はダート馬と思い、関東オークスそしてJBCレディースクラシックへと妄想していましたが、全然違く芝の単距離馬でした。今は目指せヴィクトリアマイルです。なんか実現できそうな感じに思えています。
なかなかしっかりこないアドヴェントス。
前走は五六分のできで500万下2着、背腰がパンとくればまだまだ活躍し上を目指せるはず、今は堀調教師を信じて待つだけです。

勝ち上がった2頭には、さらなる活躍と喜びをもたらしてほしいです。
欲言えば回収率100%越えを!さらに飼葉代を含めても100%越えをお願いしたい。

メルドオール なんだかな~

kage

2016/10/03 (Mon)

今日メルドオールが地方交流・盛岡11Rシリウス賞に出走しました。

出資馬が地方交流に出るのは初めてです。
地方ですが盛岡は芝のコースがあり、今回はその芝の1700m!メルドオールの距離範囲に当てはまっていますから、そうそう凡走はないかと、そしてメンツ的にも勝ち負けしないといけないレースと思っていますがどうでしょうか?

しかし出走時間が16:05!もろ仕事中、隠れ隠れ会社PCでライブ配信をみようと思ったのですが、そんな時に仕事を仰せつかって見れませんでした~(涙)

一仕事終えまずは結果から、
えつ4着ですか! なんだかな~と思いながらレース映像を、
ワンテンポ出遅れました・・・(昨日のアぺ君みたい)
そこから後方で競馬、向こう正面あたりから前に進出し、直線はじけるかと思いましたがそこまででした。結果4着レース見てもなんだかな~という感じですね。

昆調教師×鮫兄云々でなく、やはりメルドオール自身の問題なのかな~
今回は道悪&出遅れで、度外視とみた方が良いのか?
でもあれぐらいのメンツなら、これぐらいの不利あっても関係ないような・・・
次走にその答えを見出したいですね。

アペルトゥーラ ビリ

kage

2016/10/02 (Sun)

今日はアペルトゥーラの勝浦特別(1000万下)のレースがありました。

用事がありグリーンチャンネルでの応援となりました。
単勝4番人気、+16㎏パドックの周回はのそりのそり、ちょっと重いのかな?
ゲートの中はいつものように元気いっぱい!元気有り過ぎで動きまくり、タイミング悪くゲートが開き、良いスタートきれませんでした。内田騎手追い第2集団の前方でレースを進めます。4コーナー回り直線に出ますが、前はつまり外へ出す進路なく馬込みに飲み込まれたまま、最後の方は追うこともやめた感じにビリでゴールしました。

全てはあのゲート内での煩さですね、出遅れの要因になりますから、何とか落ち着かせる術を手に入れて欲しいです。まぁ次回に期待ですね。
アペ君負けましたので、キョウエイトルースの15はなしですね~

騎手コメント出てました。
「揉まれるとモロいので、先行し前々で競馬をしたかったのですが…。途中で何度か窮屈になり、直線でも伸びあぐね、精神的な弱さを出してしまいましたね。元気一杯で、状態は良かっただけに残念です。絞れてくる次走は違うと思いますよ」(内田博幸騎手)

やはり次走に期待だ!