2018 05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2018 07

カテゴリ:出資馬 の記事リスト(エントリー順)

メルドオール 洋芝適正はあるか?

kage

2018/06/17 (Sun)

メルドオール実に40戦目(地方時含む)にして初の北海道・函館に挑みます。
陣営は「洋芝への適性次第で大きな変わり身が」と語っていましたが、さてどんなもんでしょうか?とりあえず複勝馬券を買って応援です。

パドック解説はまぁ最下位なので、褒めてはもらえない内容。でも馬体重+6㎏はいい傾向と思いました。

スタートもそこそこ良い感じでしたが、意図的に下げて後方で競馬を進めていきます。3角・4角でもメルドオールは動かずインベタで直線へ、最内から徐々に進出していきますが、前にはもう一つ届かず結果6着でゴールしました。

あまり期待はしていませんでしたが、コースロスなく立ち回り6着という良い成績を収めてくれました。
洋芝適正はあまり感じられないような?適度にこなせるという具合でしょうか?
まぁ位置取りなど言いたいこともありますが、あれがメルドのベストなんだろうと思うことにします。

騎手コメント出ています。

「気分を損ねず集中させて最後までやめさせないために、前半フワッと乗って3~4コーナーでマクる作戦でした。やはり開幕週の2000m戦では、ある程度のポジションを取って参加していかないとキツいですね。ただ、そうすると終いに脚が使えなくなりそうで。そういう意味では、あと1~2F長い方が良いと思います。テンからのペースが違いますから、もっとゆったりいけますからね」(黛弘人騎手)


馬体に異常なければ滞在で続戦をと思っていましたら!
なんと来週函館の二つのレースに特別登録していました。
 23日 湯川特別(芝2000)
 24日 奥尻特別(芝1800)
連闘とは!調教師はやる気満々のようですが、黛騎手のコメントは無視でしょうか?

クリストフォリ デビュー戦の結果は

kage

2018/06/17 (Sun)

いよいよクリストフォリ!デビューの日になりました。
骨軟骨腫の除去手術から何時か?何時かと待っていました。
 デビュー戦、経験馬相手にどんなレースをするのか?でも調教の様子からいきなりもあるのでは?と思っていましたが、新聞の印は案外と薄くやはり難しいのかな?と複雑な気持ちでグリーンチャンネルにて観戦です。

 パドックでは良い馬体に見え馬体重は500㎏、周回の様子も落ち着いて良い雰囲気に見えました。パドック解説の人は5番手に挙げていましたが、人気は2番目!これはアリそうな印象です。馬券もクリストフォリから3連単マルチで勝負してみます。

 奇数枠なのでさっさとゲートに入り、映像はゲートを映しますが、あら?クリストフォリ前脚で地面をかいています。その仕草この前引退したレイズアスピリットを思い出すな~なんて思っていたら、ゲートが開きなんと出遅れます!そういえばレイズ君もよく出遅れていました(笑)話はクリストフォリに戻し、ダートしかも1400mではこの出遅れは痛いですね、二の脚使って前に行くこともせずに後方でレースを進めます。道中も後方でコース内側に位置し、思いっ切り砂を被っていますし、なんか追走のリズムも悪く感じます。これは惨敗もあり得るかと思いましたが、直線入って内から徐々に盛り返してきます。特にラスト200を切ったところからの脚は秀逸!グイグイと伸びてきますが前行っていた馬に届かず0.4秒差の3着でゴールです。

あの出遅れが痛かったですね!あれさえなければ勝っていたのでは?と思います。
まぁ残念ですが、初戦としてはまずまずな成績ではないでしょうか?
それに最後の上がり脚と怯まず馬群を捌いてきた姿勢から、経験積んだ次走こそと思えます。

陣営のコメントです!
◎○▲△◎○▲△◎○▲△◎○▲△

6/17  安田隆厩舎
17日の阪神競馬では立ち遅れ気味のスタートから後方を追走。内々を進んで直線へ向くと、馬群を割ってしぶとく伸び3着。

「ゲートの中は大人しくしていたし、五分には出られるかなと思ったのですが、やはり初めての競馬で反応しきれず後方から進めることになってしまいました。ただ、調教でしっかり練習してくれているだけあってキックバックは気にしていなかったですし、他の馬を少し気にするところはあったものの、”行け”と言えば狭いところも嫌がらずに入ってくれました。初戦だから終いはしっかり脚を使わせようと思っていましたし、最後までよく伸びていました。これなら一度使って変わってくれるでしょうし、やはり能力は高いですよ」(福永騎手)

初めての実戦とあってゲートで立ち遅れてしまい、それが最後まで響いた格好でしたが、無理せず馬群の中で運んで終いに脚を使わせる競馬は必ず次につながるはずです。敗れた中にも素質の高さは感じさせましたし、一度使った次が楽しみです。この後はトレセンに戻って馬体を確認してから検討します。
(上記記事は、キャロットクラブから、転載許可を頂いて掲示しております)

◎○▲△◎○▲△◎○▲△◎○▲△

オルレアンローズ 復帰戦は・・・

kage

2018/06/16 (Sat)

今日の東京競馬場は寒かった~
寒いのを我慢しつつ、当たらない競馬をしつつオルレアンローズの10R相模湖特別まで待ちます。

馬場は重から稍重に回復、やはり良は望めませんでした。
10Rのパドック、オルレアンローズは+4㎏長期休養明けでしたが、良い感じに歩けていました。良い感じに見えても人気はなく8番人気でレースに向かいます。
20180616オルレアンローズ
スムーズに全頭ゲートに入りスタートです!オルレアンローズいいスタートダッシュを決めます。長期休養でレース感が鈍っているかと思いましたが、そんなんことはなく軽快にハナに立ちレースを進めていきます。4角回って馬場の良さそうなところ通りこのまま逃げ切れるかと思いましたが、途中で脚が止まってしまいました。結果は10着でゴールです。

正直ここまで負けるとは思っておらずショックな感じですが、やはり10ヵ月ぶりが堪えたのでは?と思うことにして、次走巻き返すことを信じます。復帰戦としては怪我なく回って来たので良しとします。

騎手コメント出ました。
「折り合い面に注意してテンからフワッと乗りました。それでも3コーナーあたりでガツンとハミを噛んでしまって…。今日は馬場が緩かったせいもあったかもしれませんが、いずれにしても折り合い面の難しさは残りますね。それに今回は久々でしたし、最後止まってしまったのは仕方がないでしょう。一度使って息もできてくると思うので、叩いての変わり身に期待したいところです」(大野拓弥騎手)

変わり身に期待です!

メルドオール 北の大地に

kage

2018/06/14 (Thu)

メルドオール、北海道初参戦です。
全場走破を目指し、まずは函館からです。(笑)
☆6/17(日)函館・3歳上500万下(芝2000m・混)黛弘人騎手

当初の予定から、レース替わりましたね?
相手関係で変えたかな?
レース前の近況をまとめました。

2018/06/14 函館競馬場
 ・昨日の追い切りは黛ジョッキーに
 ・テンはゆっくり入り終いを伸ばす感じで。
 ・ジョッキーの指示通りに動けていますので、鞍上とのコンタクトは大丈夫のようです。
 ・駒ケ岳特別(芝2600m)との両睨みでしたが、メンバーを考慮し2000mに
 ・これまで40戦近いキャリアを誇りながら、北海道シリーズは初めてというのは意外
 ・逆に洋芝への適性次第で大きな変わり身が見込めるはず。
 ・楽しみにしています。
以上です(by加藤和宏調教師)

意外と洋芝適正があり、激走しちゃうかもと一瞬思いましたが、それを調教師が言う!?それって素人さん思考では?
まぁ過度な期待をせずにレースを観戦します。
そうそうこのレースが、区切りの200戦目になります。もう200戦か~と感慨深いです!そういえば100戦目もメルドオールのレースでした。その時の結果は・・・

オルレアンローズ 実に10ヵ月ぶり

kage

2018/06/14 (Thu)

オルレアンローズ、10ヵ月ぶり出走します。
☆6/16(土)東京・相模湖特別(3歳上1000万下・芝1400m・混)大野拓弥騎手
昨年9月に右前脚に骨瘤ができてから、漸く走れる状態になりました。
いや~長かった~です。
レース前の近況をまとめました。

2018/06/14 美浦トレセン 
 ・昨日の追い切りは力強い脚捌きで、最後までしっかりと動けていた。
 ・時計もきっちりと詰めることができました。
 ・約10ヵ月ぶりの実戦となりますが力は出せるでしょう。
 ・天気の崩れは気になるものの、東京芝1400mの持ち時計は上位。
 ・出走メンバーを見渡したところ、同型も不在。
 ・展開の後押しがあれば、いきなりがあっても不思議はないと思います。
以上です。(by高木登調教師)

長期休養明け、相手もイキの良さそうな3歳馬アリなので、まぁ楽観視は出来ないでしょう!
ここは叩きの一戦とみて、レース感を取り戻すような感じで挑んで欲しいです。でも優先権確保の複勝圏には来てほしいかな。