2017 10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 12

カテゴリ:出資馬 の記事リスト(エントリー順)

アドヴェントス ムーア騎手で栄特別

kage

2017/11/23 (Thu)

年内もう一走、堀調教師の判断で美浦近郊のブルーステーブルに放牧を出し先週帰厩した。アドヴェントス!今週出走予定がでました。その鞍上は・・・
近況を
◎○▲△◎○▲△◎○▲△◎○▲△

11/23 堀厩舎
22日は軽めの調整を行いました。
23日は美浦南Wコースで追い切りました(68秒2-52秒6-38秒0-12秒7)。
「先週入厩させていただき、少しずつ進めています。予定通り週末から時計を出して今週の調整に臨んでいます。背腰の傷みは相変わらず出ている状態です。入厩時は470キロでしたが昨日で466キロ。このあとは中京への輸送を考えているので、これ以上は減らしたくないというのが正直なところです。ただし、体の張りは保てています。そのような状況のなかで今朝追い切りを課しました。可能であれば最短で来週の競馬を考えたいと思っていて、そのことを想定して追い切りました。息はいつも比較的良い馬なのですが今日も良かったですね。そのあたりを見ますと心肺機能という点で態勢は整えられるのかなと考えています。それなのであとは体を少しでも良くして臨めるようにしたいです。来週であれば2000mをライアン・ムーア騎手で予定していますが、そこだと優先出走権は持っていません。5節という出走間隔になり、使えなければ翌週以降にスライドすることになりますが、昨年は5節で使えていたので今年も何とか使うことができればと思っています」(堀師)
早ければ12月3日の中京競馬(栄特別・芝2000m)にムーア騎手で出走を予定しています。
(上記記事は、キャロットクラブから、転載許可を頂いて掲示しております)

◎○▲△◎○▲△◎○▲△◎○▲△
てっきり12月9日の500万下・牝(芝2000m)と思っていましたが、ムーア騎手が乗れるレースに標準を定めたみたいです。
これ以上はない鞍上と思いますが、まず出れるのかが心配ですね、そして調整もギリギリっぽいですね。まぁそこは堀調教師を信じて、幸先のいい12月スタートを飾りたい。

ピュールフォルス 喉の手術#2

kage

2017/11/22 (Wed)

先週、喉の披裂軟骨を吊り上げる手術をおこない、もう一度気道を確保する手術をおこなうとなっていたピュールフォルスですが、今日その手術をおこなったようです。
◎○▲△◎○▲△◎○▲△◎○▲△

11/22 NF空港
22日に喉鳴りの手術を行い、無事終了しました。
「状態も安定していたので、本日、社台ホースクリニックで2回目の手術を行っています。今回の手術は無事終了していますが、気道をより確保するために必要な処置として最低あと1回はオペを行う予定なので、次に向けて再び体調を整えていければと思います」(空港担当者)

(上記記事は、キャロットクラブから、転載許可を頂いて掲示しております)

◎○▲△◎○▲△◎○▲△◎○▲△
今回の手術も無事終わったようです。
とりあえずホッとしましたが、なんともう一回手術をするようです。
うわぁ~~、以前盲腸の手術をおこなったことがあり、あまりいい思い出がないです。その手術を2度3度って、自分だったらゲンナリしますね。
ここで確り処置した方が後々楽になるはずですから、今は我慢の時です。

メルドオール スタートで・・・

kage

2017/11/21 (Tue)

平日14:50のレース、勤め人にはつらい時刻ですね。
今回も会社PCで地方競馬サイトからライブ映像を、こそこそと観戦しました。
大外枠の馬がゲート入りを嫌いなかなかスタートしない、こそこそ隠れ隠れ見ている身には、イライラがつのりだします。何とかゲートに入りスタート!メルドオール好スタートを期待していたのですが、思いっきり出遅れます。やはりゲート内で待たされたせい?最後方を追走する競馬になりました。この時点で終わったと感じました。最後方からまくる事もなく、直線追い出しますが全然届かず結果10着。因みにゲート入り嫌っていた大外の馬が優勝なんでしょうね~

メルドオール、なんか活路なんて見えない状況ですね~
もうそろそろなんじゃないのかと思った一戦です。

あっ初の藤田菜七子騎手騎乗だったのに、残念な結果というよりか、なんか申しわけない気分です。
その藤田菜七子騎手のコメント出ています
「神経質な面があって、ゲートを特に注意するように指示されていました。外枠の馬がなかなか入ってくれず中で待たされため用心していましたが、テンションが上がることはありませんでしたね。ただ、久しぶりのダートの実戦で、砂を被ると嫌がって突っ張ってしまって…。向正面でようやく本来の走りを取り戻した感がありましたが、時すでに遅しでした。ダートも距離もこの小回りコースも苦にはしないと思いますが、返し馬ができなかったように、当日の落ち着きが結果を大きく左右しますね」(藤田菜七子騎手)

メルドオール 鞍上は!

kage

2017/11/18 (Sat)

メルドオール5歳にして惑わずとはいかず、どの番組か適切か模索というか迷走している感じですね。
まずは昨日の調教師コメントをまとめました。
 ・今週(18・19日)の福島開催での出走という選択肢もあったなか使わず
 ・11/24浦和の地方交流戦に決めさせていただきました。
 ・昨年3月の園田以来のダートでの実戦という不安がないと言えば嘘になります
 ・ここをキッカケに変わり身を求めたいというのが本心です。
 ・地元の登録馬には骨っぽいメンバーがいるものの、中央勢は手薄。
 ・明日、最終追い切りをおこなう予定にしており、精度を高めた仕上げで臨めるでしょう。
(by加藤和宏調教師)

☆11/21(火)浦和 ・マルチフェア特別(地方交流・ダ1400m)藤田菜七子騎手

ついについに藤田菜七子騎手がうちの愛馬に乗ってくれます!
馬がメルドなので大それた期待はできませんが、久しぶりのダート戦と藤田菜七子騎手で何かのキッカケになってくれるといいな!
当日は仕事中!果報は仕事して待ちますか!

ピュールフォルス 喉の手術#1

kage

2017/11/15 (Wed)

先月26日に北海道NF空港に戻ったピュールフォルス
本日、喉の手術を行ったようです。
◎○▲△◎○▲△◎○▲△◎○▲△

11/15 NF空港
15日に喉鳴りの手術を行い、無事終了しました。
「早い段階で処置をした方がいいだろうという判断で本日、社台ホースクリニックにて披裂軟骨を吊り上げる手術を行っています。今回の手術自体は成功していますが、獣医師の診断では更に気道を確保したほうがより良いだろうということです。今のところ、患部の安定を待って再度処置を行う予定です」(空港担当者)

(上記記事は、キャロットクラブから、転載許可を頂いて掲示しております)

◎○▲△◎○▲△◎○▲△◎○▲△
披裂軟骨を吊り上げる手術って、想像できないですが、なんか痛そうですね~
とりあえず成功したようでホッとしましたが、もう一度処置するなんて、きょうてぇきょうてぇ・・・
さて再度処置がいつなのか?それが成功するのか?
心配事は多いですが、すべて上手くことを今は祈ります。