2017 02 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 03

カテゴリ:競馬関連 の記事リスト(エントリー順)

「颶風の王」読んでみました!

kage

2016/10/07 (Fri)

いつ何時妙齢なご婦人にご趣味はと聞かれてもいいように、日々読書に勤しんでいます。

そんななかこんな本を手にしました!
それはこちら「颶風の王」 河崎秋子著
颶風の王

内容はアマゾンからパクると↓

(「BOOK」データベースより)
力が及ばぬ厳しい自然の中で馬が、人が、懸命に生きている―。明治の世。捨造は東北から新天地・北海道へ向かっていた。道中、捨造は童女のように生きる母からもらった紙切れを開く。それはいつもの、幼子が書いたようなものではなかった。雪崩で馬と遭難しながらも、その馬を食べて生き延び、腹の中の捨造の命を守りきった、母の壮絶な人生の記録だった。北海道の大地で羊を飼い、乳牛を育てながら小説を書き続ける、新人・河崎秋子が圧倒的なスケールでおくる三浦綾子文学賞受賞作。


この作品今年の「JRA賞馬事文化賞受賞作」です。JRA賞授賞式の番組で知り、ガッツリとした競馬小説を読みたかった僕は、JRA賞なら競馬ものだろうと安易に考え購入した一冊でした。読み始めてすぐに気づきます、馬は出てくるがサラブレッドではない、ましてや競馬小説でもないということに!でも開始早々から物語の世界に引き込まれていくのですよ、自然の厳しさ、馬の猛々しさ、そして何よりも明治から馬に関わる数奇な家族の物語に!ドキドキしながら楽しいひと時を過ごせました。もう少しボリュームが欲しかったですが、読み終わり表紙のような光景が僕にも見えました。競馬だけが馬では無いですね。
前の本とは違い、お勧めできる一冊です!

「競馬の終わり」読んでみました!

kage

2016/08/02 (Tue)

もしかしてだけど、
眉目麗しく妙齢なご婦人に「ご趣味は?」と聞かれ、
「競馬です」と答え、その美しい眉を顰められのもなんですから、
「読書です」と答えられよう日々、本を読んでします。
まぁほぼミステリーたまにSFしか読まないんですけどね~

そんな本読み生活の中で競馬に関した本を読みましたので、ちょっと紹介します。
それはこちら「競馬の終わり」 杉山俊彦著
競馬のおわり
なかなかセンセーショナルなタイトルでしょ
内容はアマゾンからパクると↓

(「BOOK」データベースより)
「馬を買いに来た。サラブレッドだ」北海道の新冠で小さな牧場を営む笹田伸人の許を、北海道を統括するロシア弁務官アレクセイ・イリッチが訪れた。小規模な牧場には珍しく、大活躍が期待される一歳馬だ。笹田は弁務官の高圧的な態度に拒絶反応を示すが、権力には勝てず、馬は買い取られていった。二十二世紀初頭、ロシアはその強大な軍事力により、経済力のみの日本に勝利し、支配下に置いていた。世界の競馬産業は衰退していたが、日本ではロシア侵攻中も馬産が続けられ、競馬人気は盛ん。しかし、「腹脳」という人口頭脳の業界団体である「腹推会」が、人間のサイボーグ化への足がかりとして、サラブレッドのサイボーグ化を競馬界に働きかけ、これが承認されてしまった。生身の馬体で行われる最後のダービーに向けて、男たちは、それぞれの戦いを始める。ポグロム―ロシア語で、虐殺、破壊―と名付けられたイリッチ弁務官の馬は、いかなる活躍を示すか!?第10回日本SF新人賞受賞作。

さて読み終わり、細かい舞台設定やSF要素は面白いと思うのですが、それに捕らわれて肝心の馬と人の物語がいま一つ、ただ登場人物たちの狂気に近い競馬への思いは伝わってきます。ちょっと読みづらい文章に、競馬への造詣はいいのですがセンスのない馬名などなど、ガッツリとした競馬の物語を楽しみたかった僕には少し肩透かし気味でした。まぁSFですから仕方ないと言えばそうかも?ただどことなく癖のある感じが自分好みだった作品でした。万人受けはしないかな?

ここで紹介してはいますが、現在新本では手に入らないみたいですね。古本を探してまで読むべきものではないと思います。もし古本屋で見かけたら手にしてみてください。その時は自己責任で決してつまらなくても文句を言わないでね。

追伸、ブログイメージ変えてみました。

オークス狂想曲

kage

2015/05/19 (Tue)

いよいよオークスウィークがはじまりました!
各媒体オークス関連の話題一色に、うちのクルミナルも有力馬の一頭として賑わかしています。まぁ先日のフジテレビ「みんなのKEIBA」での無視っぷりには笑えましたが・・・

当日現地応援に行きますが、オークスともなると大混雑は必至!
ギュウギュウ詰めで観戦もなんだと思い、指定席を予約してみようかと思ったのです!
確か昔はJRAカードなるクレジットカードがないと、ネットで予約できなかったはずですが、今は普通のクレジットカードでも予約できるようになっており、これ幸いとオークス当日の指定席を予約してみました。

昨日その結果がでまして、ものの見事に落選となりました。
申し込んだのが「5階A指定席」で、42席のところ820席の申し込み、競争率19.5倍。
これなら外れても仕方ないですね。無駄な労力と個人情報をJRAに晒しただけの結果になりました。

こうなれば朝早起きしていくことにします。でも開門時間はいつだろか?先日のヴィクトリアマイルは8:50でしたし、去年の天皇賞(秋)に行った時は8時の時点で開門していました。朝8時ぐらいに行けば大丈夫かな?早起きはつらいです。

競馬最強の法則3月号になんと!

kage

2015/02/14 (Sat)

昨日発売された「競馬最強の法則」3月号で!
競馬最強の法則15-03
なんとレイズアスピリットの記事が掲載されました。

この雑誌でうちの愛馬が載るのは2頭目!
まー1頭目のプルガステルは、特集記事のイメージ写真(立ち上がっている姿)だけでしたが、今月のレイズ君は違います。「トレセン最前線」と言うコーナーで、記事付写真付きです!
詳細は省きますが、上原調教師曰く「ゆくゆくは厩舎の屋台骨を支えるぐらいになってほしい」とのこと。上原調教師にそこまで言わせるなんて、随分と大きい存在になったと感慨深いです。そして記事の最後には気になる言葉が「距離はどれだけ長くなっても大丈夫」えっ本当ですか~?キングヘイロー産駒ですよ?でも次走予定のサンシャインS勝っちゃたら、春天行っちゃう?イメージわかない・・・
ともかくこの記事はスクラップして永久保存です。

そして今月号の特集は「岡田牧雄の方法」という記事!
牧雄さんの馬主としての姿勢を書かれています。牧雄さんやり方に賛同して、ノルマンディーOCに入会して、4頭出資し3頭デビューしていますが、いまだ勝ち星なし。勝ってもらわないと、やり方も何もないです(涙)
来週のメルドオールには是非ですね!

≪追伸≫
「サラブレ」3月号には、小さくクルミナルの新馬戦の評価が出ていました。
来月にはもっと大きく出るかな?

セレクトセール2014 岡田スタッドの上場馬

kage

2014/05/26 (Mon)

今年のセレクトセール上場馬が発表されました。
現在ノルマンディーOCで『2013年産募集馬はこれだ!』アンケートを実施していますが、そこで人気出ていそうな仔もちらほら、どんな1歳馬が上場されたかというと!
・ブルーリッジリバーの2013 牝 (父:ハービンジャー)
・スノースタイルの2013 牡 (父:マツリダゴッホ)
・キョウエイワンダーの2013 牡 (父:コンデュイット)
・エリモジェンヌの2013 牡 (父:ネオユニヴァース)
・ケリーケイズプレジャーの2013 牡 (父:ステイゴールド)
この5頭!

前年に引き続きケリーケイズプレジャーの仔はセレクトセールのようです。昨年ディープで3900万でしたから、ステゴになっても落札金額はかなりな額になるでしょうから、値段的にクラブ向きではないですね!
そして僕がアンケートで答えたスノースタイルの13もセール行き、半姉がスマートレイアー(ディープインパクト)ゴッホに替わってもいい看板になると思ったんだけど、スマートレイアーが活躍しているので、金額的にクラブ向きでなくなったのかな?

これらの馬も去年のように主取りになって、募集されるかもしれないですね。

それと当歳馬の上場にメリッサの2014(父:ディープインパクト)の名が載っていませんでした。昨年全兄は上場されていたのに、もしかしたら来年クラブで募集されちゃう?