FC2ブログ
2019 06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2019 08

カテゴリ:ダブルクラッチ の記事リスト(エントリー順)

ダブルクラッチ 溜息だけ

kage

2019/06/08 (Sat)

何ですかね~アレは・・・
前走で新味というかある程度の指針がでたと思ったのですが・・・
ダブルクラッチ今回は、いいスタートをきり中段の競馬になりました。位置的にはここで良いと思いましたが、あらら?かかり気味ですね~前半600mまで口割っているような・・・そこから落ち着き、3角4角を最内で回って直線へ。直線前が開くのか心配でしたが、それは杞憂に終わりました!だって全然伸びないのですから(´Д`)ハァ…結果12着でゴールです。

馬場のせいか?坂のせいか?あと前半かかっていたせいか?なんだかなという成績です。

レース後のコメントです。
◎○▲△◎○▲△◎○▲△◎○▲△

19/6/8 野中厩舎
8日の阪神競馬では五分のスタートから出たなりで中団内目を進む。3コーナーあたりから徐々にポジションを上げ、直線いったんは伸びそうな格好だったが、最後は一杯になり12着。

「前回ほど後ろから行くつもりはなかったですし、今日はある程度の位置を取っていきました。道中は折り合いもついており、内をロスなく進めることができたと思います。あとは直線でどれだけ伸びてくれるかというところだったのですが、追い出してからは前回ほど弾けてくれませんでしたね…。もっと走れると思っていただけに物足りない内容になってしまいました。申し訳ありません」(岡田騎手)

「スタートからロスのないレース運びでうまく進めてくれていたのですが、非力なタイプだけに芝が長く直線坂がある阪神コースはちょっと厳しかったのかもしれません。優先出走権を逃した後なので、どのくらいの間隔が必要か、また馬場状態などもよく考えて今後のプランを検討します」(野中師)

スタートからロスのない形でスムーズに運べましたが、直線は案外伸びませんでした。このあたりは馬場状態やコース形態も影響があるのかもしれませんし、この後はできる限りいい条件で走れるようにプランを検討していきます。

(上記記事は、キャロットクラブから、転載許可を頂いて掲示しております)

◎○▲△◎○▲△◎○▲△◎○▲△
えっ!あれで折り合いついていたの?
ロスのないレース運びなの?
今日の負けで、ある程度の覚悟はできましたよ。

ダブルクラッチ いいコンデション!

kage

2019/06/07 (Fri)

先週・先々週と久しぶりにうちのお馬さんの出走が無い週でした~
今年入り毎週でしたから一息付けそれはそれでよかったのですが、やはりも寂しいものはありますね~
先週から2歳戦が始まり、うちも来週2頭予定していますし、期限が近付きつつある3歳未勝利馬たちも複数いますから、また出走の日々を送ることになりそうです。
まずは先陣ダブルクラッチが3歳未勝利戦に出走です!

前走は道中で脚を溜め最速の上がり脚見せるという新味を出したこの仔!一度短期放牧を挟み調整も順調に来ているようです。今回出走メンバーも強敵が数頭いそうですが、なんとかうまく立ち回って優勝!最低でも掲示板をと思います。先週トーセンジョーダン産駒2頭目の勝ち馬が誕生しました!産駒は遅咲きここから花開くと信じてダブルクラッチも続け!ですね

陣営のコメントを
◎○▲△◎○▲△◎○▲△◎○▲△

19/6/5 野中厩舎
5日は栗東坂路で追い切りました(52秒3-38秒2-25秒4-13秒1)。
「今朝は坂路で単走の追い切りを行いました。中3週と少し間隔が空きましたし、今日はある程度強めに負荷をかけるよう指示を出したのですが、動きもしっかりとしており、全体52秒3という時計を楽にマークしてくれました。ハミ受けなど少し難しいところのある馬ですから、前回と同じジョッキーに続けて乗ってもらうこともプラスに出るでしょう。予定どおり今週の競馬にいいコンディションで臨めそうです」(野中師)
8日の阪神競馬(3歳未勝利・芝1600m)に岡田騎手で出走を予定しています。

(上記記事は、キャロットクラブから、転載許可を頂いて掲示しております)


◎○▲△◎○▲△◎○▲△◎○▲△

ダブルクラッチ 連闘策成功かな?

kage

2019/05/11 (Sat)

風邪が治りません・・・
熱は無いけど、咳と鼻水そして半覚醒気味に耳鳴りと微妙に体調悪いです。病院に行けばよかった・・・まぁ今日4頭愛馬が出走するのでどれかが勝ってくれればね~

4頭出走の先陣はダブルクラッチです。
前走は良い位置につけていましたが、距離延長が祟ってか最後脚が止まりブービー!今回は連闘で距離も1600に短縮して挑みました。

レースですが、意外にも後方からの競馬になりました。行脚の良い馬だけに連闘の疲れなのかな?4角も後方2頭目で直線へ、このままグズグズになるかと思いましたが、大外からグイグイと上がってきます。驚くことに5着でゴール!掲示板まで持ってきました。

メンバー最速の上がり脚を見せてくれました。こんな競馬が出来るのですね!しかしあの位置では勝つまではいきません、もう少し前で脚を溜めて弾けないとね!でも距離短縮で後方からとこの馬の走りが見えてきたと思いますし、何しろ掲示板!優先権確保できたので、連闘後ですが何とか良い番組と組みやすメンバーのレースに潜り込んで欲しいですね。

レース後のコメントです。
◎○▲△◎○▲△◎○▲△◎○▲△

19/5/11 野中厩舎
11日の京都競馬ではまずまずのスタートも速い馬を行かせて後方から。じっくり脚を溜めつつ勝負どころから進出し、直線は外に持ち出すといい脚を見せて5着。

「もう少し前の位置で進めるつもりだったのですが、速い馬がいたので、切り替えて溜めて運びました。思ったよりも後ろになってしまったのですが、急かさずにリズム重視で走らせたのが良かったようで、直線はしっかり伸びてくれました。ただ、もう一列でも前の位置ならまた違ったのかもしれません。申し訳ありませんでした」(岡田騎手)

「最初から後方での競馬を考えていたわけではありませんが、結果的にこの馬のリズムを崩さない形で進められましたし、控えたことでハミをしっかり受けさせることができたのも良かったように思います。優先出走権を確保できましたが、連闘の後なので、短期でもリフレッシュを挟んだ方が良さそうならいったん放牧に出すことも考えています」(野中師)

好条件のレースを求めて連闘を試みましたが、リズム良く運べたことで終いの脚を引き出せましたし、内容は良化していたと言っていいでしょう。この後は馬体をよくチェックして、優先出走権を行使できる期間内での出走を目指して行く予定です。

(上記記事は、キャロットクラブから、転載許可を頂いて掲示しております)

◎○▲△◎○▲△◎○▲△◎○▲△

ダブルクラッチ 連闘!

kage

2019/05/10 (Fri)

土曜日4頭出走の2頭目は!
連闘になるダブルクラッチです!

前走いい感じで先行できていたのですが・・・距離が長かったのか?脚が止まりこちらもブービー!どうするのかな?なんて思っていたら連闘策で来るとは?ビックリな展開になりました。この連闘がどう出るのか?

陣営のコメントを
◎○▲△◎○▲△◎○▲△◎○▲△

19/5/9 野中厩舎
8日、9日は軽めの調整を行いました。
「先週の競馬はいい結果を出せず申し訳ありませんでした。いいスピードがあるところは見せたのですが、やはり口向きの難しさも出ていましたし、結果的には少し距離も長かったのかもしれません。この内容を踏まえてできればもう一戦は続けて芝、さらに言えば改めてマイルぐらいを使いたいところなのですが、開催替わりのタイミングもあってかなり間隔が必要になりそうなんです。ところが、想定を見ると新潟開催があるおかげで連闘での出走が可能。先週の競馬は最後無理をさせていませんし、獣医にもダメージがないことを確認してもらって、今週のマイル戦に向かうことにしました。鞍上は岡田騎手に依頼しました」(野中師)
11日の京都競馬(3歳未勝利・芝1600m)に岡田騎手で出走いたします。

(上記記事は、キャロットクラブから、転載許可を頂いて掲示しております)


◎○▲△◎○▲△◎○▲△◎○▲△
連闘は正しいかわかりませんが、野中調教師の思惑と一致するレースに出れそうですね。ここで答えが出ないと厳しい感じもしますが、あっと驚く活躍を見たいです。

ダブルクラッチ ん~負けすぎかな

kage

2019/05/04 (Sat)

今日の天気は驚きましたね~
まさか競馬開催が途中で中止になるとは、令和早々波乱の幕開けですね~
散歩がてら明日のための新聞を買いに行こうかと思いましたが、なかなか買いにけませんでした・・・
まぁ明日の事よりも、今日走ったダブルクラッチの事を!

5か月ぶりのレース、距離も延長し前進をと思いましたが・・・
パドックではちょっとチャカついていましたが、良い雰囲気と思いました。あとは馬体重に変化なしというのが、5か月ぶりなのに成長分は無いのかしら?

さてレースが始まります。
ゲートが開きスタートですが、ダブルクラッチ半テンポ遅れて出ます。でも行き脚がいいのかすぐに中段に取りつきます。このまま中段かと思いましたが、少しかかり気味に前へ前へ、結局前に一頭を見る形で2番手につけての競馬に、あのままの位置で競馬をして欲しかったですが、1000mのタイムが61.2秒ちょっと遅め、ならばこの位置は結果良いのかも、向こう正面もそのままで、3角へここの時点でもしかしたらと期待が膨らみます。でもそこから手ごたえが怪しくなり始め、直線伸びるどころか次々と後続に抜かされ、ブービーでゴールしました。

あら?ですね。勝ち馬は結局逃げ残りでしたから、あの位置での競馬は間違えで無かったはずです。でも息が持たないように後退していいたのは、距離のせいかもしれませんし、5ヵ月ぶりというのもあるのかもしれません。ただ負けすぎとも思いますが・・・

レース後のコメントです。
◎○▲△◎○▲△◎○▲△◎○▲△

19/5/4 野中厩舎
4日の京都競馬では好スタートからスッと行き脚がつき3番手を追走。3コーナーあたりでペースが上がりやや手応えが鈍くなると、直線は苦しくなり12着。

「返し馬からしっかりハミを固めるように乗ったのですが、バランスが取れずに右に傾く感じになって、ゲートに入ってからちょっとテンションが高くなってしまいました。スタートしてスッと前に行けるスピードを見せたものの、ラチに頼れないポジションでバランスが整わなくてなかなか流れに乗れず、最後は一杯になってしまいました。芝のスピードはあるのですが、距離はもう少し短い方がいいのかもしれません。うまく乗ることができず申し訳ありませんでした」(藤岡康騎手)

前半はポンとスタートを切りスムーズにスピードに乗っていましたが、まだハミ受けに問題を残していることもありバランスが難しく、直線は一杯になってしまいました。久々の一戦ということもありますし、使っての良化も見込みたいところですが、まずは馬体をよくチェックしてから今後のプランを検討します。

(上記記事は、キャロットクラブから、転載許可を頂いて掲示しております)

◎○▲△◎○▲△◎○▲△◎○▲△
やはり長かったのかな?