FC2ブログ
2019 05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2019 07

カテゴリ:ティレニア の記事リスト(エントリー順)

ティレニア 活路が見えたかな?

kage

2019/06/15 (Sat)

今日は東京競馬場に行ってきました。
行きすがらスマホで競馬関連の記事を見ると、驚きましたね~
禁止薬物の問題で多くの馬が除外に、今日の出走馬を見て対象になっていないので一安心しました。そしてティレニア出走のレースですが、有力馬が除外になっているのを見て不謹慎ながらもこれはチャンスかと!ここで決めて欲しいと思いながら、競馬場のモニターでレースを観戦しました。

まずまずのスタートで、中団でレースを進めていきます。3角から徐々に前に詰めていき4角最内で回り直線へ、うまい事最内に進路をとり足を伸ばしていきますが、先行していた勝ち馬を追いつめるも届かず2着でゴールでした。

思ったよりも洋芝の1200mこなすことができました!2着とあともう少しでしたが、活路は見えてきたかな!次走こそです。

レース後のコメントを!
◎○▲△◎○▲△◎○▲△◎○▲△

19/6/15 函館競馬場
15日の函館競馬ではまずまずのスタートから中団でレースを進める。直線では内からジリジリ伸びてくるが2着まで。

「最後はよく伸びてくれましたが開幕週の馬場ということもあり、前がなかなか止まりませんでした。また、この馬自身も初めての1200m戦ということで、3コーナー付近までは押っ付けていかなければポジションを維持できませんでした。戦前の印象では楽に前々を取れると見ていたので、もう少し脚を溜めることができていれば最後の勢いは違ったはずです。もう少し頭数が増えた時にどうかという懸念はありますが、次回は慣れが見込めるでしょうから勝ち切りたいです」(藤岡佑騎手)

「開幕週とは言え、道中はそれなりのペースで流れていたので、チャンスはあると見ていました。ただ、初めての距離に戸惑ったのか、脚を溜め切れなかったようです。最後は悪くない脚を使ってくれただけに悔しい結果になってしまいました。申し訳ありませんでした。洋芝の走りは問題ありませんから、このまま滞在競馬で次を狙っていければと思います」(高橋亮師)

直線では勝ち馬を追い詰めたものの、最後まで交わすことはできませんでした。初めての距離で戸惑いを見せた印象ですが、慣れが見込める次走では勝利を掴んでくれることに期待したいと思います。今後についてはレース後の状態をよく見た上で検討していきます。

(上記記事は、キャロットクラブから、転載許可を頂いて掲示しております)

◎○▲△◎○▲△◎○▲△◎○▲△

ティレニア 函館へ

kage

2019/06/13 (Thu)

ワクワクの2歳新馬戦もあれば、そろそろ終わりが見えてきた3歳未勝利戦もあります。
うちの3歳未勝利馬は6頭、その中でも勝ち上がりが期待できそうなティレニアが函館・芝1200の未勝利戦に挑みます。

洋芝が合うのか?1200という距離は?と不安なところもありますが、ハマれば勝ちきれる力はあると思いますので、期待して応援したいですね~最低でも掲示板をお願いしたいです。

では近況を!
◎○▲△◎○▲△◎○▲△◎○▲△

19/6/13 函館競馬場
12日は函館Wコースで追い切りました。
13日は軽めの調整を行いました。

「先週末の土曜日に函館に到着し、輸送熱などもなく順調に動かし始めています。水曜日には函館ウッドコースで藤岡佑騎手を乗せて単走の追い切りを行いました。栗東でほぼ仕上げてきたので馬なり程度。私も函館で追い切りを確認しましたが、スムーズな脚捌きでいい動きでしたよ。想定では間隔的に出走できるか微妙でしたが、無事確定してホッとしました。いい状態なのでこの条件でどこまでやれるか楽しみです」(高橋亮師)

15日の函館競馬(3歳未勝利・芝1200m)に藤岡佑騎手で出走いたします。

(上記記事は、キャロットクラブから、転載許可を頂いて掲示しております)


◎○▲△◎○▲△◎○▲△◎○▲△

ティレニア この負け方は予想外

kage

2019/04/21 (Sun)

今日は京都3R・未勝利戦にティレニアが出走しました。
今回は、短期放牧でリフレッシュ、調教も良い動きに、新馬戦2着を取った、京都芝1400と開幕週で荒れていない芝!かなりのお膳立てで挑んだのですが・・・

例の如くグリーンチャンネルでの観戦!
パドックは、ちょっとチャカついていました、単勝1倍台の1番人気の馬に続く2番人気でしたが、出来的には1番人気とはさほど変わりなく見えました。これがありかなと思ってレースへ、ゲートが開きスタート、良い出脚!逃げる一番人気から一頭置いて3番手でレースを進めます。これはいい展開と思いました。道中も3番手外目で3コーナーへ、良し!このままで直線弾ければ!と思ったら4コーナーで浜中騎手めいっぱい追っています!この時点で追いはじめるの?と嫌な予感が・・・直線に入りますがティレニアいっぱいいっぱい、前を詰めるどころか、後続にパスされまくれで、結果9着でゴールです。

今日は勝てるのでは?と思っていましたが、負けることも考えていました。でもこの内容とこの着順は考えていませんでした。かなりショックな負け方です。さて陣営はどう巻き返すのか?お願いしたい。
レース後のコメントを!
◎○▲△◎○▲△◎○▲△◎○▲△

19/4/21 高橋亮厩舎
21日の京都競馬ではまずまずのスタートからすんなり先団につける。勝負どころから早目に押し上げを図るも反応は鈍く、直線ではもう余力が残っておらず9着。

「道中はいいポジションを取ることができたのですが、追走に余裕がなく、そこをキープするだけで精一杯でした。返し馬の段階からイレ込みがキツく、歩様も前走時の方が良かったように感じましたし、もしかしたら目に見えない疲れがあったのかもしれません。いい競馬ができず、申し訳ありませんでした」(浜中騎手)

「道中はいい位置を取ることができたのですが、ずっと手応えに余裕がありませんでしたね…。ちょっとテンションが高かったとはいえ、まともに走ればこんなに負けるような馬ではありませんし、いくらか苦しいところがあったのかもしれません。優先権を逃したこともありますから、いったん放牧に出させていただき、向こうでの状態と出馬状況を見ながら帰厩の時期を考えていきます。今日は申し訳ありませんでした」(高橋亮師)

開幕週の馬場で粘り込みを図りたいところだったのですが、道中はずっと反応が鈍く、最後までこの馬らしい走りは見られませんでした。この後はトレセンで馬体を確認してからになりますが、優先権のない状況ではある程度間隔を空ける必要もあるでしょうから、今のところはひと息入れてから次走へと向かう予定です。

(上記記事は、キャロットクラブから、転載許可を頂いて掲示しております)

◎○▲△◎○▲△◎○▲△◎○▲△

やっぱり放牧ですか!

ティレニア 期待してます。

kage

2019/04/19 (Fri)

今週は競馬界にも衝撃的なニュースが飛び込んできますね~
その中でもヒシアマゾンの大往生と言ってもいい老衰のニュースが一番心に残ります。
現役時代の走りから、繁殖入りしたらどんな馬が出るのか楽しみにしていましたが、確かアメリカで繁殖入り、フサイチペガサスなどの仔を生みましたが、目立った産駒の活躍はなかったと思います。もし日本で繁殖入りしてれば、サンデーサイレンスやブライアンズタイムアズ等々と種付けしてればどんな仔が・・・と勝手に妄想していたのを覚えています。改めて冥福を祈ります。

話は少しつながりますが日曜日、京都3R・3歳未勝利・牝(芝1400)にティレニアが出走します。ティレニアの曾祖母はケイティーズ、それはヒシアマゾンの母になります。ここは一族代表として手向ける勝利を飾ってほしいですね~

では近況を!
◎○▲△◎○▲△◎○▲△◎○▲△

19/4/18 高橋亮厩舎
17日は栗東CWコースで追い切りました。
18日は軽めの調整を行いました。
「水曜日にCWコースで併せ馬を行っています。半マイルから終いを軽く伸ばす程度でしたが、先週に引き続き調教ではいい動きを見せてくれています。追い切った後もテンションが上がったりするようなことはありませんし、予定どおり今週の競馬に浜中騎手で向かうことにしました。開幕週のきれいな馬場はプラスになると思いますから、なんとかあとひと押しを期待したいですね」(高橋亮師)
21日の京都競馬(3歳未勝利・牝馬限定・芝1400m)に浜中騎手で出走いたします。

(上記記事は、キャロットクラブから、転載許可を頂いて掲示しております)


◎○▲△◎○▲△◎○▲△◎○▲△

ティレニア 鞍上変われば・・・

kage

2019/03/23 (Sat)

ティレニア鞍上が新馬戦の浜中騎手に戻っての未勝利戦です。
調整も良い感じに進んできたようですし、期待の一戦です。

例の如くグリーンチャンネルでの観戦!
パドックはさほどテンション高くなく見え好印象!人気も上位拮抗か変わる変わる、最終的には3番人気になりました。
レースの時間です。前走・前々走とスタートが良くなかったティレニア今回はどうだろうか?せめて五分の出ならばと思いゲートが開くのを待ちます。奇数枠の最後にゲートにいれ、偶数枠の馬もスンナリ入りゲートが開きます。オッ!ティレニア抜群のスタート!そのまま逃げれそうな勢いですが、そこは少し抑えて2番手でレースを進めていきます。道中かかる素振りも見せず、2番手のまま3角4角回って直線へ!直線入り早々に先頭の馬をパスし、このまま押し切れるかと思いましたが、もう一伸びがありません。粘りましたが100をきったあたりで後続に追いつかれ、結果3着でゴールです。

直線先頭に踊り出た時、一瞬勝てるかな?なんて思いましたが、甘くはなかった~もう一伸びが無かったのは坂のせいかな?負けはしましたが、タイムも0.5秒差の3着、優先権を確保でしましたので、休み明け初戦としては及第点でしょうか?次走この優先権を上手く使い京都で巻き返しをですね!それにしても鞍上変わればうまくスタートするのですね!前の騎手がダメなのか?浜中騎手との相性がいいのか?次走も継続で騎乗して欲しいです。

レース後のコメントを!
◎○▲△◎○▲△◎○▲△◎○▲△

19/3/23 高橋亮厩舎
23日の阪神競馬では好スタートから道中は2番手で進める。直線に入るところで先頭に立ち、そのまま粘り込みを図るも最後は上位馬の決め手が勝り3着。

「上手にスタートを切ってくれて逃げてもいいぐらいでしたが、無理せず2番手に収めてスムーズに追走できました。あとは直線追ってどれだけ伸びるかというところでしたが、坂がある分なのかひと脚しか使えませんでした。今の阪神は芝が長く力の要る馬場なので、そのあたりも良くなかったのかもしれません。いい結果を出せず申し訳ありませんでした」(浜中騎手)

「イメージしていたよりスタートは良すぎたほどで、道中先行する形で進めてレースぶりとしては特に問題なかったと思います。あと少しのところで差されてしまいましたが、今の阪神の力を要する馬場も堪えたのでしょうし、なんとかきれいな馬場でさらに前進を図っていきたいですね。優先権を確保してくれましたが、小柄でテンションが上がりやすい馬でもありますから、まずはレース後の状態をよく確認してから次走を考えていきます」(高橋亮師)

前走は流れに乗り切れずに終わってしまいましたが、今日はゲートをすんなりと出て終始スムーズな競馬ができました。最後に差されてしまったのは残念でしたが、きれいな馬場でスピードを活かすことができれば前進も可能でしょうし、次こそは勝ち上がりを期待したいところです。この後はトレセンで馬体をチェックしてから検討していきます。

(上記記事は、キャロットクラブから、転載許可を頂いて掲示しております)

◎○▲△◎○▲△◎○▲△◎○▲△