FC2ブログ
2019 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2019 09

カテゴリ:ヴァイトブリック の記事リスト(エントリー順)

ヴァイトブリック 上手くいかないな~

kage

2019/08/04 (Sun)

今日も暑かった~
新潟競馬場も中継で見るとかなり暑そうでした。

さて、その暑さの中ヴァイトブリックが新潟メインGⅢレパードステークスに挑みます。
前走の敗因あのテンションの高さ、今回は天栄から新潟競馬場に直接移動させ、滞在で挑みます。これが功を奏するか?楽しみでした。

まずは馬体重、+10㎏滞在の効果ですね、そしてパドック、本馬場入場、返し馬とグリーンチャンネルの放映で見る限りは大丈夫そう!これは期待してもいいかなと・・・
レースが始まります。ゲートにはすんなり入りますが、やはりゲート内では怪しい動き!でも体勢を取り戻した時にゲートが開き、まずまずの出脚!これは前目の位置をと思いましたが、馬なりに進め外から二の脚を使ってくる馬たちにパスされ、中団の1番人気を見るかたちでの競馬となりました。道中はかかることなく良い感じに追走しており、勝負どころのペースが上がる時も無理なく走れていました。でも綺麗に追走出来ていたのはここまで、3角から馬込みの中に入ってしまい4角では、前も横も壁・壁・壁!直線ようやく外に進路を見つけますが、先頭ははるか前結果6着でゴールです。

今回は走る前までは良い感じで進んでいたのですが、競馬にスムーズさが無かったです。やはり競馬はポジショニングが重要と痛切に思ったレースです。

陣営のコメントは!
◎○▲△◎○▲△◎○▲△◎○▲△

9/8/4 新潟競馬場
4日の新潟競馬では二の脚がつかず道中中団から。直線はスペースがなく追い出しを待たされてしまい6着。
「ゲートの中で少しうるさくなりましたが、前走よりは精神的に我慢できていてそれなりに出てくれました。それでも何か肩が出ていかない感じで、思ったほど二の脚つきませんでした。そうなったからには切り替えるしかありませんでしたが、道中の折り合い、リズム共に悪くなく進めていましたね。それだけに直線で狭くなってしまったのは痛かったです…。走りの質はまだ良化途上ですが、それでもスムーズならもっとやれただけに申し訳ありませんでした」(戸崎騎手)

「天栄から新潟競馬場に直接入れて調整していましたが、少し気負っているなと感じることはあったものの、それが度を過ぎることなく進められていました。あとはレース当日の雰囲気がどうかが重要でしたが、パドックでの歩き、返し馬と悪くなかったですね。ゲートは少し体勢が悪くなりかけたものの、前走ほどではなくそれなりに出てくれました。そのまま流れに乗せていければ良かったものの、ジョッキーによればどうも肩、つまり前脚が出て行かない感じで、二の脚がついた外の馬に一気に交わされてしまったようです。あとは脚質的にもジワーッとスピードを上げて直線へ向かえれば良かったところ、スペースがなくなってしまいましたし、スムーズなら…と悔しさもあります。テンション面に関してはまだ良かったものの、フットワークの伸びに関してはまだ改善の余地はあるでしょうから、牧場とも連携をとってさらに良くして、結果にもつなげていきたいです。今のところ、輸送の負担を減らすために競馬場からこのまま放牧に出す考えです。今日は期待に応えられず申し訳ありませんでした」(和田郎師)

勝負どころや直線で前や横が壁になって追い出しを待たされてしまい、スペースができたタイミングでは大勢が決してしまっていました。スムーズに抜け出すことができていればと悔しさもありますが、フットワークからもまだ走りの質を上げられる余地がありますから、一戦一戦の経験を糧に、さらに力をつけていきたいところです。今後は競馬場の厩舎でしっかりと状態を確認してから放牧に出す予定です。

(上記記事は、キャロットクラブから、転載許可を頂いて掲示しております)

◎○▲△◎○▲△◎○▲△◎○▲△
改善点が見えてきました、放牧になるようですからそこで修正をですね。

ヴァイトブリック レパードSへ

kage

2019/07/31 (Wed)

やはり重賞参戦馬は、メディアに出ますね~
昨日もグリーンチャンネル「ケイバどーも!」でも注目馬としてコメントありましたが、あの手の解説者はあまり詳しく馬を見ていないのかな?前走の敗因を高速馬場やスタートの出遅れと語っていましたが、その前に気性的なところがあったと思うのだけど・・・

さて、その気性が最大の問題となるのですが?今週の近況読んでもあまり芳しくないような・・・NF天栄から直接新潟競馬場という新たな試みが、どうなるのか?楽しみに日曜日をですね~

近況を!
◎○▲△◎○▲△◎○▲△◎○▲△

19/7/31 新潟競馬場
31日は新潟ダートコースで追い切りました(66秒7-51秒5-38秒0-12秒3)。
「新潟での調整は今回が初めてなので馬が気を遣って多少なりとも慎重になってくれればいいなという思惑もあったのですが、そうはいかなかったですね…。日曜日から時計を出しているのですが気負いが見られ、特に火曜日は気持ちが先行しすぎている印象を受けました。それでも今朝は昨日よりは落ち着きがいくらかあったので予定通り追い切りを敢行できました。前に馬を置いて後ろで我慢をさせ、4コーナーあたりから体を並べていき直線で伸ばすような内容。相手に合わせた面もありますが、乗り手の感覚的には動かそうと思えばいくらでも動けていたということでしたね。動き的には問題なさそうなので、後はレースまでの期間、そしてレース本番当日の精神状態でしょうか。気負いすぎてしまうと体力的に消耗してしまいますし、集中力を欠いて理想的な走りができなくなりますから、いかに落ち着いて臨めるかにかかっています。前回ゲートがもうひとつ良くなかったので練習も取り入れていますが、この後も確認をして少しでもいい形でスタートラインに立てるようにしていきます」(和田郎師)

8月4日の新潟競馬(レパードS・ダ1800m)に戸崎騎手で出走を予定しています。
(上記記事は、キャロットクラブから、転載許可を頂いて掲示しております)

◎○▲△◎○▲△◎○▲△◎○▲△
まぁノルマンディーなら切ってますね~
藤澤調教師も切るかもかね~

ヴァイトブリック 全てがダメな一日

kage

2019/06/16 (Sun)

昨日は3頭出走し1-1-1-0-0まぁよし成績!
馬券も少しながら浮いて帰ってこれて、満足の一日でした。
今日は午前中用事があり、競馬場には行けませんでしたが、昨日から上がり調子では?と思いヴァイトブリックのユニコーンSを期待を持ってお家で観戦です。

だけど・・・まず馬体重の発表で愕然!
なんと前走から-2㎏!?前走でさえデビュー時の馬体重になってしまったのに、さらに減るとは、最低体重で挑むことになりました。
パドックではちょっとうるさそうに見え、本馬場入場ではいち早く返し馬に、さらにゲート入っても煩いような・・・そしてスタートを迎えましたが・・・

出遅れました  (´Д`)ハァ…
時計の早くなりそうな重馬場のダート戦この時点で駄目と思いましたし、出遅れては位置も取れません!直線終いの競馬にするのかな?と思ったら・・・

なんと徐々に位置を上げていくではないですか!
この追走で脚がもつのか?一抹の不安が・・・

3角4角最内で回り、直線内から突き抜けることができるかと思いましたが、やはり脚は止まりました。このレース全然良いところ無しの11着でゴールです。

レース前陣営は鼻息荒かったですが、マイナス体重で挑まれてはと思いますし、何より出遅れては駄目ですね~まぁテンションが高まり過ぎていたせいかと思いますが、その原因を突き詰めて次走への反省にして欲しい。

陣営のコメントは!
◎○▲△◎○▲△◎○▲△◎○▲△

19/6/16  和田郎厩舎
16日の東京競馬ではスタートで立ち遅れて後方からの競馬。直線で内目から差を詰めたかったが思うような伸びはなく11着。

「今日はレース前からイライラした様子が目立っていて精神状態が良くありませんでしたね…。ゲートに入ってもその状態で、落ち着いていられませんでした。怒ったことで一度はおさまったのですが、またうるさくなってしまい、ゲートが開く直前で体勢が悪くて出遅れてしまいました。レースが始まってからもフットワークはもうひとつで、止め際もフラフラになっていました。苦しさがだんだんと積もってイライラにつながり、それでいてこの暑さだから余計に辛くなってしまったのかもしれません。力を発揮できれば違うはずですから、リセットして巻き返して欲しいです」(戸崎騎手)

「メンタル面を考慮してスケジュールを考えて臨んだのですが、今日も馬場に出てから終始イライラしていたようで、ゲート内でも煩くなっていました。前回は最後入れで却ってタイミングが合わず後手を踏む形になりましたが、今回はメンタルが影響しているのは確かでしょう。駐立が課題となりそうですね…。今日はスタートに尽きるかと思っていたのですが、止め際の様子が良くなかったとジョッキーから報告がありました。見た感じではトモの踏み込みが良くないかな…とは思いましたが、直後の歩様が明らかなハ行というわけではなかったので、時間をかけて異常があるか否かを確認しておきます。ご心配をおかけして申し訳ございません」(和田郎師)

前回は最後入れの大外枠が却ってアダとなった格好でしたが、今回は精神的な苦しさからか落ち着いて駐立できなかったことで後手を踏んでしまいました。その後の進みっぷり、直線で追ってからの伸びにも良さがさほど見られず、急激な気候の変動に堪えた面もあったのかまったく余力がなく、レース後の様子もあまり良くありませんでした。肉体的な不安を発症したわけではなさそうなものの決めつけは良くありませんので、レース後時間をかけて経過を観察していき、それから今後について検討していくことにします。

(上記記事は、キャロットクラブから、転載許可を頂いて掲示しております)

◎○▲△◎○▲△◎○▲△◎○▲△
今回はすべてがダメな方向に傾いてしまったようですね。
歩様の件もあるようですから、一旦放牧してからの仕切り直しでしょうね。
まぁダート馬は息が長いと思いますので、今時間をかけていも大丈夫でしょう。

ヴァイトブリック ユニコーンSへ

kage

2019/06/12 (Wed)

ヴァイトブリックユニコーンSに出走です!
前走の兵庫CSはクリソベルリにおよびませんでしたが、大きな馬体減・出遅れがあっても2着は確保しましたから、十分このレースでも通用すると思っています。
ただテンションの面から、NF天栄で仕上げての10日競馬で挑む今回、いままで調整方法が違うのがどう転ぶのか?それに馬体は戻っているのか?ちょっと心配な面もあります。
相手もクリソベルリこそいませんが3歳ダート馬のトップクラスが集まっていると思います。ここで結果を出せれば!今後古馬との対戦にも自信をもって挑めると思います。

残念なことに日曜日は用事があり現地応援に行けません!
まぁ僕が行かないことでヴァイトブリックが勝つ!と思いこもうと思います・・・

近況を!
◎○▲△◎○▲△◎○▲△◎○▲△

19/6/12 和田郎厩舎
12日は美浦南Wコースで追い切りました(69秒5-53秒5-39秒1-13秒3)。
「この馬はまわりに左右されがちなところがあって、例えば近くに馬が来たりするとそれにつられてカーッとなってしまうようなところがあります。キャンターへのおろしがけのときに他馬が追い越したりすると余計にそうなりがちです。それは今回に限ったことではなく、これまでも気を配ってきたことですが、前走後の気持ちの昂り方がちょっと強かったので今回は最短スケジュールで向かうことにしました。今朝は追い切りで、3頭併せの一番後ろから行ったものの最後は遅れを取りました。これは折り合いに気を遣って前半少しゆっくり入りすぎたものでした。それに2番手を進む馬が結構動くので、ついていきすぎるとオーバーペースになると思えたのかもしれません。そういったところが理由で、重くて遅れたというわけではありませんよ。息遣いを確認してもまずまずでしたし、態勢的には問題ないはずです。前走はスタートで後手を踏んだのが痛かったですが、基本的に立ち回りがうまい馬で経験も積んできています。前回同様今回も強い馬たちはいますが、力はあるのでいい競馬を見せてほしいですね」(和田郎師)

16日の東京競馬(ユニコーンS・ダ1600m)に戸崎騎手で出走を予定しています。。

(上記記事は、キャロットクラブから、転載許可を頂いて掲示しております)


◎○▲△◎○▲△◎○▲△◎○▲△

ヴァイトブリック 交流重賞は2着

kage

2019/05/02 (Thu)

GW真っ最中!GWらしいことをと思って映画を見に行ってきました。
どの作品というかと「アベンジャーズ/エンドゲーム」を見てきました。
ちょい長かったですが、面白かった~アイアンマンの1作目を劇場で見て、まさかここまで広がりを見せるとは思っていませんでした。そこらへんも含め今作は感慨深い作品になっていました。それにしてもGW、お昼食べてから家に帰ろうかと思えば、何処も混んでおり、ようやく家に着いたらグリーンチャンネルの地方競馬中継が始まる間際でした!

今日のグリーンチャンネル地方競馬中継は「園田・兵庫チャンピオンズシップ」、そうですヴァイトブリックの出走するレースの中継です。

ドキドキしながら中継を見ると、まず吃驚するのはヴァイトブリック-18㎏!
デビュー時と変わらない馬体重、ちょっと減り過ぎとは思いましたが、パドックの感じは痩せこけているようには見えません、大丈夫なのかもしれません。ただこのレース最大のライバル、クリソベルリは+4㎏の544㎏、立派な馬体強そうな雰囲気を醸し出しています。器用さならこちら、小回りのコースに上手く対応し、何とか勝利をと・・・

さてレースが始まります。大外のヴァイトブリックが最後にゲートに入りスタート!クリソベルリ抜群のスタートに対し、ヴァイトブリック出負け気味の後手を踏んでしまいます。あちゃ~クリソベルリの前で競馬をして欲しかったですが、逆にクリソベルリを見る形の競馬、この時点で厳しいかなと・・・道中も大勢は変わらず最後のコーナー回って直線、追いつき並ぶことができるかと思いましたが、さらに突き放され5馬身差をつけられての2着でゴールしました。

まずは2着立派です。少ないですが2着の賞金加算で、次走も予定も組みやすくなりました。レース内容としては、スタートで後手を踏んだのは痛かったですね、あと馬体重の減りも気になります。それにしてもクリソベルリ強い馬が完全なレース運びをされると手のつけようがないですね、本当今日は完敗でした。

陣営のコメントは!
◎○▲△◎○▲△◎○▲△◎○▲△

9/5/2  和田郎厩舎
2日の園田競馬ではスタートでやや遅れたが、すぐに行き脚がついて先団の後ろで進める。そのまま勝ち馬をマークする位置で運び、2番手で直線に向くも最後まで差を詰めることができずに2着。

「スタートは少し遅れてしまったのですが、出てからはすぐに前に取りつくことができました。道中は上手に競馬ができていましたし、レースセンスのある馬ですよ。最後はなんとかクリソベリルに迫ろうとしたのですが、今日のところは相手が強かったです。申し訳ありません」(戸崎騎手)

「ちょっとスタートのタイミングが悪かったのですが、その後はすぐにいい位置につけることができました。徐々にポジションを上げていき、この馬自身は最後までしっかりと脚を使っているんですけどね…。今日は勝ち馬が強かったとした言い様がないです。残念ですけど、またしっかりと巻き返せるようにしたいです」(和田郎師)

スタートこそあまり良くなかったのですが、小回りコースを苦にすることもなく、道中はうまく流れに乗ることができていました。今日は勝ち馬に離されてしまいましたが、こちらもまだキャリアは浅いですし、これからの伸びしろにも期待したいところです。この後については馬体をよくチェックした上で検討していきます。
(上記記事は、キャロットクラブから、転載許可を頂いて掲示しております)

◎○▲△◎○▲△◎○▲△◎○▲△