2017 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 09

カテゴリ:ピュールフォルス の記事リスト(エントリー順)

ピュールフォルス 喉鳴り!?

kage

2017/07/31 (Mon)

この世代の馬たちは、本当に順調にたまに脚をぶつけたとか、ソエ程度だったんですけど、ここにきて先が不安になる症状が出てしまいました。
それはピュールフォルスに「喉頭片麻痺」つまり喉鳴りのがでているようです・・・(涙)
詳しくは今日の近況を!
◎○▲△◎○▲△◎○▲△◎○▲△

7/31 NF空港
速めのペースをこなしていく中で息遣いに気になるところがあったため、この中間喉の内視鏡検査を行った結果、喉頭片麻痺の所見が認められました。現在は週3日900m屋内坂路コースをハロン14~16秒のキャンターで1本駆け上がっており、残りの日は軽めの調整メニューをこなしています。現状で早急に手術が必要なほどではないとの獣医の見解もあり、引き続き乗り込みを行っていますが、速めのペースでも堪えた様子はなく、カイバ食いにも不安はありません。毛ヅヤや筋肉の張りは上々ですが、腹回りにはまだ余裕が感じられますので、このまま問題なく進められるようであれば更に運動量を増やすことで体を良い状態に仕上げて本州へ送り出す時期を模索していく考えです。

(上記記事は、キャロットクラブから、転載許可を頂いて掲示しております)

◎○▲△◎○▲△◎○▲△◎○▲△
喉鳴りの仔は初めてなので、どう競争生活に影響するか不安しかないです。
ただ現状では手術が必要なほどではないようですので、あまり悪くはないのかもしれません。
まぁなってしまったのは仕方ありません、この喉鳴りとどう向き合い競争生活をしていくのか?牧場と厩舎の采配に期待です。

2歳馬紹介 ピュールフォルス篇

kage

2017/06/06 (Tue)

2歳馬紹介3回目はこの仔!
デビューの早そうな順から紹介していますが、ここらへんから曖昧です・・・

ピュールフォルス 牡 
父:ダイワメジャー/母:ピューリティー(パントレセレブル)
栗東:松永幹夫厩舎 キャロットクラブ
20170531ピュールフォルス
 2月に飛節を腫らしてペースダウンを余儀なくしましたが、その前までは順調すぎるほど順調にすすんでいて、復帰後も脚元に不安なく遅れを取り返しているようです。このまま順調にいけば秋ごろデビューでしょうか?ちょっと心配は、この馬より評判の良かった一つ上の全兄が、惜しいレースはするがなかなか勝てずに未だ未勝利、馬体からして違いますので、そこは引き継がないですんなり勝って欲しいです。
 楽しみなのはマツミキ厩舎!結構武豊騎手が騎乗している感じがしますので、僕の一口Life初武豊騎手鞍上を見たいです。そして勝利し武豊TVで・・・