2018 05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2018 07

カテゴリ:ピュールフォルス の記事リスト(エントリー順)

ピュールフォルス 伸びを欠く

kage

2018/05/05 (Sat)

今日は午前中に車の点検を入れてしまい、ピュールフォルスのレースギリギリ間に合いませんでした。録画はしてあったのでレースは見れましたけど・・・

パドックそしてゲート内、落ち着きがないですね。中1週か遠征の影響でしょうか?
落ち着きのないゲート内でしたが、スタートは良い出脚を見せてくれました。今回も前目につけての競馬、3角4角回って直線2番手から突き抜けれるかと思いましたけど、外から1番人気馬に差され、抵抗できるかと思いましたが抜け出され、ゴール間際で後続にパスされ、6着でゴールです。
負けましたねしかも権利もクビ差で逃すとは・・・
ある程度の結果を見込んでの遠征だったのに、この成績はいただけませんね。
陣営のコメントは、
◎○▲△◎○▲△◎○▲△◎○▲△

5/5 松永幹厩舎
5日の新潟競馬ではタイミング良くゲートを出て2番手を追走する。道中のリズムは悪くないように見えたが、直線では目立った脚を使えず6着。

「今日は待避所でかなりエキサイトしていて発汗が目立ちましたし、ゲートの中でも落ち着きがなくてチャカチャカしたままでした。それでも何とかタイミングは合ってゲートを出てくれました。道中は行きたい馬を前に置いていいポジションを取れましたし、レース前が嘘かのように落ち着いて楽に走っていましたから直線が楽しみなくらいでしたが、追ってからが案外でした。レース前の力みが影響したかもしれませんが、テンの感じからもいいスピードは持っていると思うだけに、あとは最後にもう少しでもグッと脚を使えるようになれば理想的です。続けてチャンスをいただいたのに、結果を出せず申し訳ありませんでした」(鮫島駿騎手)

「前走を使って馬体を良く見せるようになっていましたし、続戦した今回はしっかりと結果を出したかっただけに、申し訳ありませんでした。いつもより気合いが乗っているとは感じていたものの、ジョッキーの感触ではそれ以上に昂りがあったとのこと。それでも、競馬の形はしっかりと作れていただけに、最後にもう少し脚を使って欲しかったのが本音でもあります。喉の感じは引き続き問題なかったとのことも、結果的には前走と変わらないような内容になりましたから、条件を含めていろいろ考えていきたいです」(松永幹師)

ゲートの中でうるささを見せながらも好発を決めることができましたし、内から主張して来た馬を無理せず行かせ、その馬を見ながらリズムを整えて直線へ向かえました。それだけに終いの伸びに物足りなさも感じてしまいますが、このクラスで通用するスピードは持っているはずですから、使いつつ何とか活路を見出だしていきたいものです。この後は間隔を詰めて使って来たので、リフレッシュ期間を設けることを含めてどうするか判断していきます。
(上記記事は、キャロットクラブから、転載許可を頂いて掲示しております)

◎○▲△◎○▲△◎○▲△◎○▲△
テンションが高くなっているので、ガス抜き放牧でしょうね。
まぁこれで節を稼いで、良さそうな条件のレースを狙えると良いなと思います。
どうせならダートを試すのもありでしょう、全兄は地方で実績を上げていますからね~

それにしても、うちのキャロットお馬さん!勝てませんね~(´Д`)ハァ…

ピュールフォルス 叩き2戦目

kage

2018/05/03 (Thu)

ピュールフォルス叩きの2戦目!
前走は最後しのぎきれませんでした、今回は上積みを期待したいところですが、
状態はどんなもんでしょうか?
◎○▲△◎○▲△◎○▲△◎○▲△

5/2 松永幹厩舎
2日は栗東坂路で追い切りました(55秒0-39秒5-24秒9-12秒2)。
「乗り出してからも特に問題はなく、むしろ毛ヅヤなどは冴えてきた感じもしますので、先週お伝えしたとおり中1週で使っていこうと思います。今朝は坂路で併せて追い切りました。間隔が詰まるので終い重点ですが、最後は鋭い反応を見せて併せた相手に楽に先着ととてもいい動きを見せてくれました。久々を一度使った上積みは大きいと思いますし、引き続き喉の不安もなく来ていますから、ここはなんとか結果を出したいところです」(松永幹師)
5日の新潟競馬(3歳未勝利・芝1400m)に鮫島駿騎手で出走を予定しています。
(上記記事は、キャロットクラブから、転載許可を頂いて掲示しております)

◎○▲△◎○▲△◎○▲△◎○▲△
調子は良さそうですし、何より喉の不安がないのが良いです。そして200mの距離延長がどう出るか?楽しみなレースになりそうです
そして2戦連続騎乗の鮫島克駿騎手!若手なので過度の期待はできないですが、前走で癖は掴んだはず、ベストなエスコートを期待です。

GW3戦の初戦!良い結果で次のレースをです。

ピュールフォルス 復帰戦は及第点かな

kage

2018/04/21 (Sat)

今日は東京競馬場に行っていました。
なので、ピュールフォルスの復帰戦は競馬場のモニターで観戦です。

パドック放映は見逃してしまい、いきなりレースから!
心配していたゲート内でのお行儀は悪くなさそう!そしてゲートが開きスタート!そこそこのスタートでしたが、良いダッシュを見せてハナを切ります。このまま押し切れるかと期待しながら、4角回って直線!一瞬しのげるかと思いましたが、しのぎきることができず、ゴール間際で踏ん張りきれずに5着でゴールしました。

最後踏ん張りきれなったのは、もしかして喉がとも思いましたが、ここは素直に治療明け半年ぶりのレースによるものなのかな?
今回問題視されていたゲートをこなし、いい脚を使いハナをきれたこと、休み明けを考えると5着の優先権確保は及第点だったと思います。でも本音はそれらを覆すほどのパフォーマンスを見せ優勝する姿が観たかったです。

陣営コメント、出ています。
◎○▲△◎○▲△◎○▲△◎○▲△

4/21 松永幹厩舎
21日の福島競馬ではまずまずのスタートから先頭に立つ。そのまま粘り込みたかったが直線へ向く前に手応えが怪しくなり出し、何とか踏ん張るも5着。

「ゲート練習をしていただいているので駐立の際に雰囲気が怪しくなることはありませんでした。おとなしいとまでは言えないかもしれませんが、我慢ができていました。芝コースは今週からBコースに替わっていて、乾いた硬い馬場に感じられましたので、できれば前につけたいと考えていました。スタートを出てくれたことで前へ行け、楽に先手を取れました。このまま行けたらと思ったのですが、脚色が少しずつ鈍り始めてしまいましたね…。手術した喉の音に違和感を覚えることはありませんでしたから、喉で苦しくなったわけではありません。半年ぶりの出走でしたし、休み明けの分だと思います。口向きにも大きな課題を感じることはなかったので、ひと叩きして順当に良くなってくれれば次はさらにいい走りをしてくれるはずです」(鮫島駿騎手)

入念にゲート練習を行い不安を少なくした上で臨んだ今回でした。スタートさえ切れればそのまま押し切ってくれるだろうと期待していたのですが、さすがに簡単ではなかったようです。半年以上の休み明けでしたので、使えた次は上積みを期待できるでしょうし、さらなる前進を楽しみにして待ちたいと思います。この後につきましては反動の有無を確認したうえで判断していきます。
(上記記事は、キャロットクラブから、転載許可を頂いて掲示しております)

◎○▲△◎○▲△◎○▲△◎○▲△
鮫島克駿騎手先週のあの馬とコメントの熱量が違うような・・・(笑)
でも喉は大丈夫のようで一安心。
優先権確保したのだから、行使し条件の良さそうなところで出走して欲しいですが、どうなんでしょうね?明けての近況に期待です。

ピュールフォルス 復帰戦へ

kage

2018/04/18 (Wed)

先週復帰戦を予定していたピュールフォルスですが、
どうもゲート内でのお行儀の悪さから、一度ゲート練習をこなしてから出走することになり、漸く今週復帰戦となりそうです!
◎○▲△◎○▲△◎○▲△◎○▲△

4/18 松永幹厩舎
18日は栗東坂路で追い切りました(55秒4-40秒6-26秒5-12秒9)。
「お伝えしたとおりゲートで潜ったり立ち上がったりするなど、駐立が不安定だったことから先週ゲート縛りを行いました。まだ完全におとなしくなったというわけではありませんが、それでもだいぶ納得してくれたようで進歩は見られますし、今週の競馬に向けて今朝坂路で追い切りを行いました。雨で馬場が重たくなっている中でも終いまでしっかりと動けていましたし、ここまでは特に喉の影響も感じさせません。馬体は少し増えていると思いますが、成長分もあるでしょうからね。レース前にもう一度ゲートを確認を行うつもりなので、あとは実戦へ行って五分のスタートさえ切ってくれればいきなりから走れていいはずです。なお、想定次第で変わるかもしれませんが、今のところは鮫島克駿で土曜日のレースに向かう予定です」(松永幹師)
22日の福島競馬(3歳未勝利・芝1200m)に鮫島駿騎手で出走を予定しています。

(上記記事は、キャロットクラブから、転載許可を頂いて掲示しております)

◎○▲△◎○▲△◎○▲△◎○▲△
帰厩してからの調教では、喉は問題ないみたいです。まぁ本番どうなるかですが・・・
喉でホッと一安心していたら、今度はゲートか~一難去ってまた一難ってやつですね!
練習は続けていくようですので、慣れれば大丈夫かなと高をくくって、復帰戦を楽しみにしたいですね~でも欲言えば勝って欲しい!昨年の8月以降キャロットのお馬さん勝ってないのですよ~頼みます。しかし鞍上は鮫島克駿騎手、先週のあの馬と同じ騎手・・・あの悪夢が・・・

ピュールフォルス 帰厩してます!

kage

2018/03/14 (Wed)

昨年12月7日に喉の手術を無事終え、NF空港で調整をしていたピュールフォルス!
今月5日NF天栄を経てNFしがらき移動となり、そこでもう暫く調整するかと思ったら、先週土曜日の10日松永幹夫厩舎に帰厩となりました!
NF空港でしっかり乗り込んできたということでしょうか?意外な早さに吃驚です。
そして今日気になる近況が更新されました。
◎○▲△◎○▲△◎○▲△◎○▲△

3/14 松永幹厩舎
14日は栗東坂路で15-15程度の調教を行いました(58秒3-44秒6-29秒8-14秒9)。
「喉の手術を終えて順調に回復してきているとのことで、先週末に帰厩させています。まだ乗り出して間もないですが、今のところ喉の音はしておらず順調です。今朝は帰厩後1本目ということで坂路で15-15の予定で時計を出しました。単走で楽な手応えのままゆったりと走れていましたし、いい感じですね。来週から馬なりの追い切りを取り入れていき、どのあたりで使っていくか具体的に検討したいと思います」(松永幹師)

(上記記事は、キャロットクラブから、転載許可を頂いて掲示しております)

◎○▲△◎○▲△◎○▲△◎○▲△
帰厩したてで本格的な調整はこれからでしょうが、今のところ喉は大丈夫のようです。
このまま順調に調整できれば来月には復帰戦いけるかな?
だんだんと未勝利期間が少なくなってきているので、早いうちに勝ち上がりを期待したい。