FC2ブログ
2019 09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2019 11

カテゴリ:クリストフォリ の記事リスト(エントリー順)

クリストフォリ 引退

kage

2019/08/13 (Tue)

この時期3歳未勝利馬が勝てず引退していく・・・
あまりいい光景でもないですが、致し方ないというのもあり納得はできるのですが・・・
今日思いがけない?ちょっとは予想しえたクリストフォリの引退が公表されました。

 昨年8月に右膝の骨折が判明し、北海道で治療と療養、完治してから調整し先月漸く安田隆行厩舎に帰厩しましたが、そこで軽度ながら屈腱炎を発症してしまい。軽度でも治療に時間がかかるのと再発の恐れ、何より牝馬の引退期限のことも考え、引退という形をとることになったようです。

 僕的には美しい筋肉がついており期待の一頭、3歳8月に入厩しゲート試験してこれからというところで、右前脚に骨軟骨腫(オステオコンドローマ)を発症、治療のため北海道に戻り、デビューできたのが翌年6月、3着を2回で挑んだ8月の未勝利戦で念願の優勝!一つ勝てたことで安心したところ、右膝の骨折あとは前述のとおりの流れとなってしまいました。

 短い現役期間をほぼ治療と療養に費やし、何故かここからと思うと怪我をする。とても悪い星のもとに生まれたしまったそんな感じがします。足のケガさえなければ1勝クラスでは終わらなかったと思うだけに、本当に残念でしかありません。まだ引退後は発表されていませんが、この無念さをクリストフォリの仔で晴らしたいという思いが強くあります。サンディーの血をひいていないので、配合面でも広がりがあると思います。なので是非ともノーザンファームに繁殖入りして、その仔はキャロットにきてほしい!

最後にクリストフォリありがとう!

◎○▲△◎○▲△◎○▲△◎○▲△

19/8/13 引退
「この中間もウォーキングマシンを中心とした調整で軽めに動かしており、脚元の症状に関してはいい意味で変わりない状態でした。当初は北海道へ戻して再起を目指すことを検討していたのですが、複数の獣医師で改めて患部の確認、意見交換を行った結果、程度こそ比較的軽いものの復帰までに要する期間は1年以上になることが予想されるだけでなく、再発の可能性も十分に考えられ、牝馬の引退時期を考慮すると現役を断念するのが賢明ではないかとの見解に達しました。その見解をもとに調教師、クラブと改めて相談した結果、残念ではありますがここで引退となりました」(NFしがらき担当者)

「NFしがらきで治療を行った後は北海道へ戻す予定だったのですが、改めて話し合った結果、治療には長い時間を要してしまうこと、また再発の可能性も考えられることから、ここで引退となりました。高い素質の持ち主であったことは間違いありませんし、上のクラスでも十分に通用すると思っていたのでなんとかまた復帰させたかったのですが…。ここまでずっとお待ちいただいたにもかかわらず、このようなことになり本当に申し訳ありません」(安田隆師)

患部の治療に専念し、当初は復帰を目指していく予定でしたが、そうなるとまた長い時間を要することになり、仮に復帰できたとしても屈腱炎は再発の可能性も高く、また、牝馬の引退時期を加味すると会員の皆様のご負担ばかりが増えかねません。以上のことから安田隆行調教師と協議を行った結果、ここで現役続行を断念し、近日中に競走馬登録を抹消することになりました。会員の皆様にはまことに残念なことと存じますが、何卒ご理解賜りたくお願い申し上げます。なお、本馬に出資されている会員の方へは追って書面を持ちましてご案内いたします。
(上記記事は、キャロットクラブから、転載許可を頂いて掲示しております)

◎○▲△◎○▲△◎○▲△◎○▲△

クリストフォリ Σ(゚д゚lll)ガーン2018夏

kage

2018/08/29 (Wed)

クリストフォリ、何とか限定未勝利前に勝ててホッとしていましたが・・・
(´Д`)ハァ…
近況を!
◎○▲△◎○▲△◎○▲△◎○▲△

18/8/29 NFしがらき
29日にNFしがらきへ放牧に出ました。
「先週はありがとうございました。私は札幌に臨場していて目の前でレースを見ることはできなかったのですが、直線はよく盛り返してくれましたね。キャリアが浅く本当に良くなるのはこれからだと思っていただけに、ここで勝ってくれたのは大きいです。ただ、残念なことにレース後栗東に戻ってから右前の歩様が乱れてしまったんです。火曜日にレントゲン検査を行ったところ、右膝の骨折が判明しました。骨片が飛んでいるので、いったんNFしがらきに移動した上で改めて状態を確認し、北海道で除去手術を行う予定です。トレセン診療所の診断では半年ほどかかる見込みです。会員の皆様にはご心配をおかけしてしまいますが、改めて先週勝てて本当に良かったですし、しっかりと治して成長して戻ってきてほしいと思います」(安田隆師)
(上記記事は、キャロットクラブから、転載許可を頂いて掲示しております)

◎○▲△◎○▲△◎○▲△◎○▲△
喜びもつかの間、なんと骨折してしまいました~
右前脚って骨軟骨腫を手術したところですね、あれは裏側で今回は膝なので直接の要因とは言えないと思いますが、どうなんでしょうね?
ともあれ約半年はお休みですね、またもですがという気分ですが、仕方ないので気長に待つとします。

クリストフォリ ヒヤヒヤもんでした。

kage

2018/08/26 (Sun)

キャロットクラブからのカタログ・DVDを延々見ています。
年を追うごと何がいいのか?駄目なのか?段々わからなくなてきます(笑)
そんな感じで悶々としている今日この頃ですが、その悩みに影響がでるであろう、3歳勝利二頭のレースが今日あります。

まずはクリストフォリ、2戦し3着2回すぐに勝ち上がることができる馬と思っていましたが、手術などでデビューが遅れこの時期まで未勝利、そろそろ答えを出してほしい。

例の如くグリーンチャンネルでの観戦です。パドックでは落ち着いているように見え、馬体重も-4㎏、小倉への輸送を考えると概ね良好ですね、今回は富田暁騎手減量-2㎏の若手騎手、しかも大外ちょっと好条件とは言えない気もしますが、1番人気でレースに進みます。大外なので最後のゲートに入りスタート、出だし良くジリジリと前につけて先団3列目に位置取りレースを進めていきます。道中も順調に進み3角から2番手につけ4角そして直線へ、このまま突き抜けるかと思えば、なかなか伸びず外からの馬にも並ばれこのまま沈んでいくのか・・・でも最後100mからなんと盛り返してきます。グイグイ前に迫りクビ差抑えて1着でゴールしました。

あっぶね~まさにそんな勝ち方でした。予想ではスマートに勝ちきる姿を思い描いていました・・・まぁ勝ちは勝ち!この時期では勝利は何よりのものでしょう!とりあえず一安心です。

陣営のコメントです。
◎○▲△◎○▲△◎○▲△◎○▲△

18/8/26 安田隆厩舎
26日の小倉競馬では好スタートから出たなりで3番手の外目につけてスムーズに追走。直線は苦しい態勢になりかけたが、そこからもうひと伸びして優勝。

「距離や枠を考えてスタートを遅らせることも頭に入れていたのですが、ポンと出てくれたので馬に任せて下げずに運びました。スムーズにいいポジションで進められましたし、終始折り合いも問題ありませんでしたから、勝負どころから手応えのままスッと上がって行けましたね。最後は苦しくなりかけましたが、そこからもう一度しっかり脚を使ってくれたのはこの馬の地力です。今日は馬の力に助けてもらいました。ありがとうございました」(富田騎手)

1700mダートは現状ベストの条件ではありませんでしたが、最後は地力の高さを見せて待望の初勝利を挙げてくれました。ジョッキーも馬の力を信じてしっかり乗ってくれたと思います。能力があることは誰もが認めるところですし、今後の成長と飛躍が楽しみです。この後はトレセンに戻って馬体を確認してから検討します。

(上記記事は、キャロットクラブから、転載許可を頂いて掲示しております)


◎○▲△◎○▲△◎○▲△◎○▲△
確かに1700は得意条件ではないのかもしれません、ここは勝ちあがったので馬体を確かめつつ、次走は得意そうなD1400で更なる躍進を見せて欲しいです。
それにしても、ファントムメナスに続き安田隆行厩舎2頭目の勝ち上がりです。勝ち上がり率100%相性いいかも、今年も厩舎でいってみる?

クリストフォリ 出るるかな?

kage

2018/08/22 (Wed)

クリストフォリいよいよ期限が迫ってきています。
先週は除外、今週は登録はしていますが除外の可能性ありとなっています。
この時期出走もままならず、もどかしいですね!
近況を!
◎○▲△◎○▲△◎○▲△◎○▲△

18/8/22 安田隆厩舎
22日は栗東坂路で追い切りました(55秒4-40秒2-26秒1-13秒0)。
「先週の除外は残念でしたが、想定の段階である程度予想はついていましたし、調整自体は問題なく進められています。札幌、新潟でWASJや重賞があって小倉にはリーディング上位のジョッキーがいない状況なので、減量の富田騎手に依頼をして今朝追い切りに乗ってもらいました。馬は先週で態勢が整っているので、最後仕掛ける程度で感触を確かめてもらいましたが、ジョッキーも『すごく良かった』といい手応えを掴んでいたようです。体調も変わりなく良好ですし、なんとかここで決めたいところです」(安田隆師)

26日の小倉競馬(3歳未勝利・牝馬限定・ダ1700m)に富田騎手で出走を予定しています。
(上記記事は、キャロットクラブから、転載許可を頂いて掲示しております)

◎○▲△◎○▲△◎○▲△◎○▲△
これで出走できないと、また来週になるのかな?調整も難しいですね。
さて出走できても裏開催みたいな小倉、騎手も揃ってなく富田暁君と若手の△騎手となっています。まぁ軽斤量を活かした積極的な競馬を期待したい。でれたらだけどね!

クリストフォリ 伸びず

kage

2018/07/08 (Sun)

ノルマンディーから封書が届きました。
4次募集のカタログが入っているのでしょうけど、全然開ける気がしません・・・
(´Д`)ハァ…そんな気分のこの週末です。

その理由の一つはクリストフォリ!
前走からの内容から、今回は絶対と思っていたのですけど、うまくいきませんね。

レース自体は、ゲート内では落ち着きはありませんでしたが、タイミングよくゲートが開きそこそこの出だし、そのまま前目に位置を取りにゆき3番手でレースを進めていきます。掛かる様子もなく4角回って直線、前の二頭を捕まえにと思ったら、あれ意外と伸びないし前も止まらない、そのまま差を詰めることなく3着でゴールしました。

直線入った時はコレで!と思いましたが、伸びませんでしたね。不良の馬場があってなかったかな?今日は勝つことだけを意識していたので、かなりショックです。
とは言えども3着で優先権も確保しているので、次走こそはと言いたいのだけど、なんかこの頃どれも負けてばっかで、このままずっと勝てないのでは?と思ってしまいます。

陣営のコメントです。
◎○▲△◎○▲△◎○▲△◎○▲△

7/8 安田隆厩舎
8日の中京競馬ではスタートをうまく出て道中は先団から。手応え良く直線に向かうも、なかなか前との差を詰めることができずに3着。

「前回よりスタートは出てくれたのである程度積極的に前の位置を取りに行ったのですが、結果的にはそれが良くなかったのか、思ったような反応はしてくれませんでした。前も止まらない流れで3番手だったので悪くないと思ったのですが…。申し訳ありません」(福永騎手)

「今日はスタートをうまく出てくれましたし、道中も前目でスムーズに進めることができていました。勝負どころから直線へ向かう時の手応えも良く、前を捕まえられると思ったんですけどね…。結果的には速い時計の出る馬場で前が止まらず、残念ながら差を詰めることができませんでした。申し訳ありません。優先権を確保してくれましたが、暑い時期でもありますし、まずはしっかりと馬体をチェックしてから今後を検討していきます」(安田隆師)

一度使ったことで慣れも見込め、スタートをうまく出て好位で流れに乗ることができていました。勝負どころも抜群の手応えで勝ちを意識したほどだったのですが、結果的には前に行った馬が止まらず3着。ただ、敗れたとはいえ悲観するような内容ではありませんでしたし、次走も流れひとつでしょう。この後はトレセンに戻ってよく馬体を確認してから検討していきます。
(上記記事は、キャロットクラブから、転載許可を頂いて掲示しております)

◎○▲△◎○▲△◎○▲△◎○▲△