2018 01 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28. »  2018 03

カテゴリ:チャームクォーク の記事リスト(エントリー順)

チャームクォーク 気持ちの問題

kage

2018/01/08 (Mon)

昨年9月から久しぶりの出走になるチャームクォーク、帰厩してからの調整はお世辞にも上々とは言えず、体調面での調整は上手くいかず、調教もモタレ癖が出ているとか・・・
なので、今日は過度の期待をせずに応援です。

グリーンチャンネルでの観戦。
パドックでは落ち着きが欠いていると評され、馬体重は+8㎏これは成長分?それとも強い調教ができないための緩さ?人気は11番手、お世辞にも上位に絡むことができるのか?と不安になる感じです。

大外なので最後にゲートに入りスタートです。出遅れることなくそこそこのスタートで集団後方につけレースを進めていきます。道中もかかることなく良い感じに進めているように見ます。3角手前から前に徐々に前にと思いましたが、そこから進みません4角回って順位を下げ直線、あらら伸びる脚もなく12着でゴールでした。

勝負所で進まなかったのは久々もありそうだけど、体力不足かな?それとも1800mはちと長いかもしれません、それに後ろからという感じの仔でもないと思います。これは枠も悪かったかも?まぁ道中モタレルような仕草は無かったと思いますので、現状では力不足ですね。

レース後の陣営のコメです。
◎○▲△◎○▲△◎○▲△◎○▲△

1/8 大和田厩舎
8日の中山競馬では道中中団でリズムを整えて進出の機会を窺うも、終盤にかけての進みっぷりがもうひとつで最後まで前に迫れず12着。

「前回乗って勝たせていただいた時は気持ちが入り過ぎているくらいでしたから、外枠で揉まれずに自分のリズムで運びやすいのではと考えていました。スタート後は多少怒りながら走っていたものの、向こう正面でスッとハミが抜けてくれました。さすがにこの距離でずっと噛みっぱなしだと楽ではないですし、悪くないなと思っていましたが、そこで気持ちまでも抜けてしまったのか、その後に反応できませんでした。前の馬が捲るように上がっていったタイミングで前との差を詰めたかったけど、そこで前に進んで行く感じではなかったですからね…。終いもそのままという感じでしたし、今日は気持ちの面が悪い方に出た印象です。上手く乗れず申し訳ありませんでした」(石橋騎手)

「外枠を活かして自分のリズムで運べればいいなと考えていましたが、途中でハミを抜いたところ、抜けすぎてしまったのかそれから切り替えられませんでした。状態に関しては減った馬体が戻って悪くはなかったですし、モタれに関しても極端なものはなく走りに影響はなかったとジョッキーが言っていたくらいですから、今日はやはり気持ちの面でしょうか。度が過ぎるといけないものの、勝った時はピリッとしたところもありましたから、適度に気持ちを保ちながら直線へ向かえる競馬の方がいいのかもしれません。この後は状態を見ながらどうするか考えていきます。今日はいい走りをお見せできず申し訳ありませんでした」(大和田師)

体質面でパンとしきれていないのでどうしても体調に気を遣った調教にならざるを得ませんが、それでも馬体の張りを含めて前走時よりもいいイメージを持って競馬へ向かえました。結果的には気持ちの面を中心に上手く噛み合わずに力を発揮できませんでしたが、まだ経験が浅くこれからのいろいろと吸収していく必要がありますし、クラス慣れしながら一歩ずつ前進を図っていきたいものです。この後はレース後の状態を見てからリフレッシュ期間を設けるか判断していきます。

(上記記事は、キャロットクラブから、転載許可を頂いて掲示しております)

◎○▲△◎○▲△◎○▲△◎○▲△
体力不足でなく気持ちの問題か~、確かに未勝利勝ったレースは気持ちで勝ったレース。
体調面に気を使い、精神面での成長をですかね?

2018年初戦!

kage

2018/01/06 (Sat)

本当なら今日、中山金杯を観に競馬場に行くつもりでしたが、ちょっと事情がありお家で競馬を見ています。しかし今日は寒いですね、風邪をひきそうな気配もありますので、行かなくて正解かな?

それと角居厩舎が2021年に解散するらしいですね、角居厩舎へ行くお馬さんを出資してみたかったですが、それも叶わぬ夢になりました。

さて今年の出走はじめは、チャームクォークからになりました。
年末出走予定でしたが、調子が整わず今週にスライド、この年末年始どんな状態なのか?出走するには少しは上向いたか?近況を!
◎○▲△◎○▲△◎○▲△◎○▲△
1/4 大和田厩舎
3日は軽めの調整を行いました。4日は美浦南Pコースで追い切りました(68秒1-52秒6-39秒0-12秒7)。
「年末年始を挟みましたが幸いスクミの症状を見せることはなく調整を進められていました。ただし、状況が大きく変わったかと言われると正直微妙ではあるのですが、予定をスライドするにあたって心配していたカイバ食い、体つきが悪くなることはなかったのでそれは良かったと思います。今週末の3日間開催の月曜日の競馬を予定していますから、当該週の追い切りは木曜日に行いました。腰へ負担が掛かり過ぎると辛くなってしまいますからポリトラックコースを選びました。内への刺さり具合等を確認する意味でコース追いにしましたので、単走ではなくパートナーもいる状況で動かしたんです。そして、騎手の嘉藤貴行に手伝ってもらって感触を確かめてもらいました。実際のところ、リラックスして走らせている時は真っ直ぐに走れているものの、スピードを上げていくためにプレッシャーを少しかけると右へと張る素振りを見せていたそうです。そのモタれはパートナーから逃げているというわけではなくて身体面のバランスの兼ね合いからで、強い扶助がかかるとどうしてもそういうバランスになってしまうのでしょう。これはずっと付き合っていく必要がありそうですから、接する側がしっかりと意識しながら調整をしていかなければいけないということを改めて感じました。モタれが大きく改善されたわけではないだけに久々の右回りに一抹の不安はありますが、現状でどのくらい対応できるかを見たいという思いもあります。夏の新潟よりは体調や体はいいと思えるので、何とかいい走りを見せてほしいですね」(大和田師)
8日の中山競馬(4歳上500万下・牝馬限定・ダ1800m)に石橋騎手で出走いたします。
(上記記事は、キャロットクラブから、転載許可を頂いて掲示しております)
◎○▲△◎○▲△◎○▲△◎○▲△
あまりいい出来とは言えませんね~
今回は一度騎乗の石橋騎手が鞍上ですから、モタレルも対応と修正ができると思います。
でも勝ち負けまでは厳しいかな、現時点では掲示板ぐらいを期待して8日です。

チャームクォーク 要成長ですね。

kage

2017/09/02 (Sat)

チャームクォーク前走3歳未勝利戦を勝ちあがり、3か月ぶりのレースに挑みます。
楽しみは楽しみなのですが、3か月休養も帰厩後あまり調子が良くないようで、強い調教はできておらず、大丈夫かな?これが正直な感想。でもメンバーには恵まれたような感じで、これなら掲示板まではあるかなと思っていたのですが・・・

グリーンチャンネルでの観戦、
パドックはちょっとテンション高め、そして馬体重も-8キロとレース前の調教師コメントに語っていたように減らしての出走、やはり成長していないですね。人気は5番手もうちょっと下げているかと思いましたが、まぁ他に買うべき馬がいなのかな?

レース大外枠なので、一番最後にゲートに入りスタート!なんかもっさりした出だしですが、最初のコーナーを回るころには先頭集団の後方につけレースを進めます。向こう正面でも徐々に位置をあげ5番手で3コーナーに入りますが、4コーナーに入ったところから段々他馬に置いていかれます。4コーナーから追っていますが脚は伸びず、結果11着でゴールしました。

直線はそんなに追っていないように見ましたが、やはり脚は止まっていますね。調教不足でスタミナがなかったということでしょうか?それに展開もちょっと向かなかったですね。まぁこんな成績になる恐れもあると思っていたのでさしてショックはないです。
それにしても前走で勝ててなければと思うと・・・怖っ!

陣営コメントでました。
◎○▲△◎○▲△◎○▲△◎○▲△

9/2 大和田厩舎
2日の新潟競馬では中団やや前目の位置から進めるが、勝負どころから直線へ向けて上がっていけず最後のひと踏ん張りも利かず11着。

「先生からよく聞いていましたけれど、確かに右へのモタれは多少見せていました。ただし、極端なものではなかったのでコントロールしながら進めました。リズムは悪くないのですけれど、いざという時にグッと踏ん張って走れませんでしたね…。今回、体がシャープだと聞いていたのですが、乗っていてもその感触はありました。長さだけが際立ってドッシリとしきれていなかったので、もう少し幅が出てきてほしいかなというのが正直な感想です。そうなってくればもっと良い走りができるようになるはずです」(大野騎手)

「現状でどこまでやれるかを見る一戦ではありましたが、なかなかそう簡単にはいかなかったですね…。申し訳ありません。体は想定していたものであったものの、それでもやはりパンとしきれていないためどうしても細身に映り、力強さにやや欠ける走りになってしまった印象です。右への張りに関してはあるはあるけど極端ではないとジョッキーは言っていましたね。理想を言えばコーナーリングの少ないコース形態の方が好ましいのかもしれませんけれど、相手関係のことを考えていく必要があります。それに、未勝利戦の時がそうだったように、まずは経験を重ねてクラス慣れして力を養い、そして突破するという流れで考えていったほうがいいのでしょう。そう思うとまだスタートしたばかりでもあり、また今回は万全と言えないなかでの一戦であったことを考えると悲観はしていません。少しでもふっくらさせられるように期間を設けたほうがいいと思っていますからおそらく一度放牧に出すことになりますので、今後については牧場でのコンディションをよく見ながら判断していくつもりです」(大和田師)

今回は天栄で調整している段階からやや細身の状態でした。スクミ対策でカイバを調整する必要があったためでもあり致しかたないのですが、やはり張りのある体でレースへ向かいたかったのは否めません。今回は未勝利勝ちのときのような良さを発揮できませんでしたけれど、見直すことは十分可能だと考えています。今後につきましては状態と相談しながらになり、少しでも体に遊びをもたせて再びレースへと向かっていければと考えています。

(上記記事は、キャロットクラブから、転載許可を頂いて掲示しております)

◎○▲△◎○▲△◎○▲△◎○▲△
今日を見ると放牧も仕方ないですね、言葉の綾でなく一回り成長し戻ってきてもらいましょう!

チャームクォーク 夏の終わりに

kage

2017/08/30 (Wed)

夏の締めくくりにチャームクォークが出走します!

まずは近況を
◎○▲△◎○▲△◎○▲△◎○▲△

8/30 大和田厩舎
30日は美浦南Wコースで追い切りました(56秒5-40秒7-13秒2)。
「計画通り先週末にコースで半マイルで集中させる調教を行いました。時計は55-40くらいですが、終いにかけてしっかりと動けていて悪くなかったですよ。そして、週明けの様子を確認した際、体調面の不安は見られませんでしたので、今朝整えるように追い切りました。再びコース調整にしまして2頭でウッドチップコースに入り、チャームクォークが先行して外々を回る形でじわっと動かしています。走りのバランスはまずまずと思えるものでした。気が入ってしまうとアンバランスになりがちですから、競馬へ行って変に気負わなければと思っています。体は細身に映りますけれど、それは牧場より帰ってきた時からシャープでしたので、減ることに関してはご了承ください。そのような中でもできる限りコンディションを整えながら動かして態勢を整えてきたつもりですので、今の状態でどれくらい戦えるのか、今後につながるレースとなってくれることを期待して週末のレースへ送り出したいと思っています」(大和田師)
9月2日の新潟競馬(3歳上500万下・牝馬限定・ダ1800m)に大野騎手で出走を予定しています。
(上記記事は、キャロットクラブから、転載許可を頂いて掲示しております)

◎○▲△◎○▲△◎○▲△◎○▲△
 帰厩後のコメントを読んである程度覚悟はしていましたが、前走同様に万全な態勢で挑めていませんね~、まぁこのような状態でどれぐらい走れるのか?そして土曜日の天気は良くなさそう、湿った馬場でどんな走りをするのか?今回はチャレンジな一戦と思います。
 ただ想定メンバーをちょろっと見ましたが、あまり好メンバーとは言いがたいですね!ということは万全でなくてもあり得るかもしれません!鞍上は大野騎手、僕との相性は断然いいのでそこも期待したいです。

チャームクォーク 激戦・・・ハナ差

kage

2017/06/04 (Sun)

 今日はチャームクォークの3戦目がありました。
用事はなかったのですが、今日の東京競馬場はGⅠ安田記念、朝から混んでいるでしょうし裏メインのレイズ君出走のグリーンSを落ち着いて観たいがために、現地に行かずお家で応援です!

 帰厩しても万全でないような調整で挑むこのレース、もうちょっと外側が良かったですが枠は4枠8番とど真ん中、前走人気でしたが今回は6番手、グリーンチャンネルのパドック解説も押すことが無い状態。でも-6㎏と絞り込んできた馬体は良く見えました。まぁ過程のこともありますし、権利が取れればいいかな?程度で馬券も複勝と3連複の軸で応援です。

 ゲートですがチャーム偶数枠でゆっくり最後の方に入ります。ゲートが開きスタート!なかなかの好スタート鞍上は押し気味に前をとります。チャームのテンションを考えての位置取りでしょうか4番手外目でレースを進めます。道中注目して観ましたが、力みと言うか頑張り過ぎている感がうかがえますね~向正面で一頭後ろから迫れれますが慌てず前にいかせコーナーへ、4コーナー外から進出直線ジワリジワリ先頭勢を追いつめ見事にパスしますが、後ろから1頭勢いよく迫ってき並ばれます。正直ここでダメかと思いましたが、チャームそこからド根性を見せます。並んだまま抜きつ抜かれつの追い比べ、両馬とも意地の入り合い。そのまま並んでゴール!どっちが勝ったか分かりませんでしたが、スローの画像で少し前に出ているような?結果ハナ差で優勝です!

 頑張りすぎる面があると何かで見ましたが、今日はその頑張りが良い面に出ましたし、何よりこの勝負根性は素敵です。鞍上の石橋騎手もスタートから位置取り、追い比べとベストな騎乗だったと思います。難しいそうなこの仔の調整を見事熟した大和田調教師とスタッフの皆様本当にありがとうございます。

 そしてこの勝利は大きいですね!心身のバランスがまだ一つ、本格化はまだこれからと会報にかかれていましたから、これで無理せず成長を待てますね!

アンド馬券ゲット!でももう少し信じてやって、単勝・3連単にしなかったのだろうか・・・

陣営コメント、追記します。
◎○▲△◎○▲△◎○▲△◎○▲△

6/4 大和田厩舎
4日の東京競馬では外目の4番手を追走し、直線へ向かう。一度は2着馬に前へ出られるもゴール直前で差し返して見事優勝。

「ありがとうございました。よく差し返してくれましたね。根性があります。レースはスムーズに運ぶことを心がけました。理想は3番手だったのですが、内から出てきた馬の影響もあって4番手からでした。ただ、そこでも慌てないで進めていったんです。3コーナーでは右への張りがあったのですが、事前に聞いていたのもあり落ち着いて対処できました。手応えはまずまずでしたので直線に向いてスッと抜けられればと思っていたんです。しかし、2着馬のほうが結構楽に来て半馬身くらいいったん前へ出られてしまいました。厳しいかと思いましたが、そこからよく盛り返してくれました。僕もその馬に寄せていったのですが、よく歯を食いしばって前へ出てくれましたね。正直、まだ心もとない印象はあり、テンションもギリギリ我慢できているという状況でした。今日はまだ常歩で歩けるときもあったので心が一杯いっぱいになっていることはないのでしょうが、ダクになってしまうところもありました。これが弾けてしまうと余裕がなくなり辛くなりそうですね。気負いから体が硬くなる感触もありますし、心身の余裕がもっと出てきてくれたらまた頑張ってくれるはずです」(石橋騎手)

「おめでとうございました。入ってきた時はスクミを見せたりと苦しいところもありましたから悩みましたが、馬のために時間をかけて調整させていただきました。まずまず態勢は整ってきたかなと思えこのレースへ向かいましたが、よく頑張ってくれましたね。脩の話を聞いても外への張りはあるようなのですが、今日はスムーズな競馬をできたことが大きかったと思います。これが揉まれ込む形になっていたら厳しかったかもしれませんからね。それにしても最後はよく差し返してくれました。まだ弱いところが見られる現状でもありますし、長い目で見ながらさらに良くしていけたらと思います。今日は応援いただきありがとうございました」(大和田師)

入厩前後でスクミの症状を見せるなど決して順風満帆な過程だったというわけではなく、不安に思うこともあるくらいでした。しかしながら、馬の頑張りはもちろんのこと陣営が時間をかけて丹念に仕上げてくださったおかげもあり、待望の初勝利を挙げてくれました。課題の残る現状でもありますので、心身が今以上に成長し、さらにしっかりとしてくればこれからも良い走りをしてくれるはずです。まずは状態をよく確認した上で今後について判断していきます。

(上記記事は、キャロットクラブから、転載許可を頂いて掲示しております)

◎○▲△◎○▲△◎○▲△◎○▲△
優勝コメントはいいもんですね~