2017 08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 10

カテゴリ:アドヴェントス の記事リスト(エントリー順)

アドヴェントス 実りの秋へ

kage

2017/09/22 (Fri)

9月14日に帰厩したアドヴェントス、僕の予想通りの次走予定が出ました!
今週の近況を
◎○▲△◎○▲△◎○▲△◎○▲△

9/22 堀厩舎
20日、22日は軽めの調整を行いました。
21日は美浦南Wコースで追い切りました(69秒6-55秒0-39秒9-13秒0)。
「先週帰ってきたあとは、こちらで改めて状態の確認を行っています。ウィークポイントがいくつかある馬ですが、その中でも背腰には変わらず傷みが見られます。また、左前脚を中心に球節まわりがモヤつきやすい馬なのですが、疲れやすさは相変わらずある感じです。とはいえ、体は回復している状態なので、バランスをよく考えながら調整をスタートさせて、上手く態勢が整えば東京の開幕週に組まれている牝馬限定戦を目標にしようと考えています。すでに追い切りを開始しており、今週は木曜日に動かしています。2週前追い切りであり、なおかつ1本目なので、負荷のかけ方を注意しつつウッドチップコースで行っています。2頭併せでしたが、やや控えめに終いを伸ばしています。その中でも最後まで気持ちを切らすことなく走れていたように思えましたし、上がりの息も良いと思えるものでした。馬体重は回復しており、昨日の追い切り後の計測で466キロ。数字自体は悪くないなと思えるのですが、追い切った後に硬さが出ています。前回はダート調教だったので、そのときの調教後の硬さよりはまだ良いものの、本数を重ねていくと硬さがより出てきそうな感じはあるので、余裕を持たせて早めに治療を開始していきます。息遣いを見ると強い調教はそこまで必要としない感じなので、馬体の傷みを取りつつ元気にしていくイメージで進めていきたいと考えています」(堀師)
10月7日の東京競馬(3歳上500万下・牝馬限定・芝1800m)に出走を予定しています。
(上記記事は、キャロットクラブから、転載許可を頂いて掲示しております)

◎○▲△◎○▲△◎○▲△◎○▲△
前走から早く帰厩してきたので、少しは体も強くなってきているのかな?と思っていましたが、処置をしつつの調整になっています。もう少し強くならないかな~

ちょうど一年前になりますね、この番組で優勝したのは、ここを勝って実りの秋を向かいたいですね。それには体調が崩れないことを祈るだけです。

アドヴェントス 放牧となりました

kage

2017/08/23 (Wed)

前走モライラ騎手で必勝をと思ったのですが、包まれてしまい結果5着。
モライラ騎手当日勝ちすぎていましたね、なんかマークされて封じ込められてしまったような感じがしました。逆にモレイラ騎手でなければ・・・
脚余して競馬をしていないので続戦かとありましたが、どうやら背腰に痛いところが出てしまい放牧になりました!
まずは近況を
◎○▲△◎○▲△◎○▲△◎○▲△

8/23 NF早来
22日にNF早来へ放牧に出ました。
「先週は包まれて思うような競馬ができずに終わってしまいましたね…。レースの結果だけでなく質も求めていたところがあっただけに残念でなりません。レース後の状態ですが、使うとどうしても硬くなりがちで、今回もそのように見せます。ダート調教であったことは一因としてあるのでしょうけれど、体のこなしがもうひとつでした。脚元の状態に変わりはないものの、レース前から見られていた背腰には同じく痛い時の反応があります。あのような内容の競馬になりましたが、1回使ったことでダメージはどうしても見られ、そのケアを最優先に考えないといけないだろうと思いました。正直に言えば、連闘や中1週で使いたいという思いを抱いたのですが、レース後の馬の状態と今後のことを考えるとそれは得策でないと判断し、ここは我慢して一度放牧に出させていただくことにしました。このあとについてはあくまでも状態次第になります。硬さが癒えてきて、体全体のコンディションが回復し、上がってきたら改めてレースへ向かっていくつもりです。大まかに言えば秋の東京開催時期あたりになってくるのでしょうけれど、悪い状態にすることを避けたいので、あくまでも馬の状態をもとに判断させてください」(堀師)
(上記記事は、キャロットクラブから、転載許可を頂いて掲示しております)

◎○▲△◎○▲△◎○▲△◎○▲△
堀調教師悔しそうですね、前回のコメントを読む前は次は秋の東京と思っていましたので、今回の放牧に関してはやはりね~みたいなところです。しっかり放牧先でケアをして秋の東京で巻き返しです。でも微妙にレースのツキがない仔ですね。

アドヴェントス 脚余す

kage

2017/08/20 (Sun)

今日もモレイラ騎手は絶好調!7Rを終え既に4勝ならば8Rのアドヴェントスで5勝目と期待したのですが・・・

グリーンチャンネルでの観戦
 レース前の堀調教師のコメントでは、状態は満足のゆく程ではないようでしたが、パドック放映はでは、そんなに悪くは見えません、まぁ抜群によくも見えませんけど・・・人気はモレイラ騎手騎乗も合わさって2倍切るか切らないかの1番人気。出来はまぁまぁでも能力だけで勝ちきることを信じてアドヴェントスから応援馬券も多めで勝負です。
 ゲート内は大人しく全頭入ってゲートが開くと、遅れることなく横一線でのスタートを切ります。最初のコーナーでは中段そして最内のコースロスの無い位置取りでレースを進めていきます。1000m通過61.9秒位置取り変わらず、3コーナーで馬群は固まり4コーナー回って直線ですか、最内を走っていたアドヴェントス前に横に蓋をされています。なかなかさばけずかなり走りづらそうに、ようやく5着でゴールです。位置取りも悪かった気もしますが、なんかマークされていませんでした?アドヴェントスというかモレイラ騎手が?まぁこれも競馬かな?
 勝つ姿だけを想像していたのでかなりりショックです、連戦が効かない仔ですから、優先権あっても放牧でしょうか?中山向きではないので放牧して10月からの東京でしょうね、その時は快勝を期待したいです。

j陣営のコメント出ましたが・・・
◎○▲△◎○▲△◎○▲△◎○▲△

8/20 札幌競馬場
20日の札幌競馬では道中中団のインコースを追走する。直線では馬群を上手く捌きたかったが、最後までまわりを囲まれてスムーズに追えず5着。

「結果的に今日は内枠が響きました。道中は前目で運べていましたが、ペースが上がらなくて馬群が密集していましたので、直線で手応えはあってもスペースがなくてしっかりと追えませんでした。申し訳ありません」(モレイラ騎手)

「状態に関してはまだ良化途上ではあったものの、もちろんレースに送り出せる態勢は整えられました。力は上位の馬なのでいい走りをお見せしたかったのですが、内枠が仇となってスムーズな競馬ができませんでした。今日はビッシリと追われて走りきった訳ではありませんが、まずはしっかりとレース後の状態を見させていただきます。いい走りをお見せできず申し訳ありませんでした」(堀師)

前走から間隔が空いていたとは言え降級初戦でしたから好走を期待しましたが、スローペースで固まった集団のインコースを追走する形になり、直線でも狭くなって力を出し切れませんでした。今日は悔しい結果になりましたが、それでもスムーズな競馬なら結果は違ったでしょうから、次走でしっかりと巻き返したいところです。この後はレース後の状態を見てからどうするか慎重に判断していきます。

(上記記事は、キャロットクラブから、転載許可を頂いて掲示しております)

◎○▲△◎○▲△◎○▲△◎○▲△
見解はちょっとツキがなかったというところでしょうか?
そして体調次第だけど続戦の方向みたいですね!
無理して続戦じゃなくてもいいような気もしますが・・・でるなら必勝態勢でお願いしたい。

アドヴェントス 降級初戦です。

kage

2017/08/17 (Thu)

今年の8月は週一で優勝しているという、なんか縁起がいい月になっています。
今週も2頭の出走!まずは降級初戦をモライラ騎手で挑むアドヴェントス!
まずは近況を
◎○▲△◎○▲△◎○▲△◎○▲△

8/17 札幌競馬場
先週中に札幌競馬場へ移動しました。16日は軽めの調整を行いました。
17日は札幌ダートコースで追い切りました(68秒0-53秒1-38秒3-12秒6)。

「先週水曜日に追い切り、その翌日の状態をしっかり確認したうえで函館競馬場から札幌競馬場へ移動させました。函館にいたときは470キロ台を維持していましたが、札幌到着後の計測では466キロでした。環境が変わったことでカイバ食いが少し落ち、それに伴ってテンションの高揚が見られるようになっていたので気をつけて接していました。先週末の札幌は雨の影響で馬場状態が悪かったので、馬体への負担、精神面を考慮し、しっかりとした時計を出すというよりは心肺の状態を維持できる程度に負荷をかけたメニューでした。そのように週末を過ごたところ、週明けにはカイバ食いはやや持ち直して函館に入る時と同じくらいになりました。ただし、馬体重を計測すると464キロです。今朝の調教は、滞在競馬で輸送がないことから馬体重の増減や精神面に大きな影響を及ぼすことはないだろうという考えのもと、5ハロンから時計を出すことにしました。併走馬の背にモレイラさんが乗ることで間近で動きを見てもらえる形を採ったのですが、気持ちの面への対策としてビシッとやって気を抜かせないようにしたかったものの、アドヴェントス自身は相手に前へ出られるとフワッとして気にするような素振りを見せていましたね…。稽古ではやりすぎて背腰を中心に反動が出ることだけは避けなくてはなりませんが、競馬ではしっかりと走らすことがメインとなり、余計な心配をすることがない分、乗り手も対応しやすいでしょう。勿論、モレイラさんとは調教後にもしっかりコミュニケーションを取ったうえでそういった状況を伝え、気を遣ってアプローチしてもらいたいと引き継いでいます。ここまで様々な面を考慮しながら調整を進めてきましたが、硬さが残るが故、フットワークがいくらか小さめに見えますし、背中から腰、トモのハマりがもうひとつなのかなと思えます。また、攻めを重ねることで傷みが増してきていることが垣間見える、いわば改善の余地を残した状況です。とはいえ、毛ヅヤや体の張りは維持できていますし、時間を設けてリフレッシュを図ったことでひと頃よりは良く、それこそ昨年の秋口よりは良いコンディションと思えるのですが、この馬の理想のレベルからするとまだ物足りなさを感じますね。まずは競馬までに可能な限りの治療を施し、少しでもいいコンディションでレースへ向かえるようにしていきたいです。順調に来れたと言い切れない部分はありますが、先々のためにも何とか乗り越えてほしいところです」(堀師)

20日の札幌競馬(3歳上500万下・牝馬限定・芝2000m)にモレイラ騎手で出走いたします。
(上記記事は、キャロットクラブから、転載許可を頂いて掲示しております)

◎○▲△◎○▲△◎○▲△◎○▲△
ながっ!でも細かく現状がわかるのはいいですね。
相変わらず背腰の状況を気にしつつの調整ですね、去年の秋よりかはコンディションが良いが、今一つ満足のゆく状態ではないようです。あとはマジック・モレイラのエスコートで、何とか優勝までこぎつけて欲しいかな、能力はある仔ですから!

アドヴェントス 北へ

kage

2017/07/27 (Thu)

7/14に帰厩しましたアドヴェントス
新潟か札幌かどちらに行くのか、その答えが今日出ました!

◎○▲△◎○▲△◎○▲△◎○▲△

7/27 堀厩舎
26日は美浦南Wコースで追い切りました(72秒4-57秒2-41秒8-14秒1)。
27日は軽めの調整を行いました。
「先週1本目を行い、そこから継続するように動かしてきました。新潟か札幌を視野に入れている中で、気候等を考慮したうえでやや重きを置いていた札幌の方なら坂路のない環境で調教を行うことになり、週中だけでなく週末もコース調教になります。脚元などに与える変化をしっかり確認して、コースだけでも対応できるのかどうかを見極めなければいけないと考えました。そのため先立って週末はコース調教を行ってみました。その結果、変わりはなさそうでしたので北海道でも対応できると判断しました。それで今週は移動があることを前提にして水曜日に時計を出しています。コース調教を続けたことで馬には緊張感が出てきているため今後の変化にはしっかりと注意を払わなければいけませんが、馬体重は471キロとまだ幾分余裕がありますし、毛ヅヤ、張りもまずまずです。ダメージを蓄積しやすい背腰の状態もこの馬としては悪くないと思えますから、何とかこのままうまく態勢を整えてレースを目指していきたいです」(堀師)
今のところ8月20日の札幌競馬(3歳上500万下・牝馬限定・芝2000m)を目標に調整しています。
(上記記事は、キャロットクラブから、転載許可を頂いて掲示しております)

◎○▲△◎○▲△◎○▲△◎○▲△
前走から5ヶ月ぶり、そして降級初戦のレースになります。
一度は勝ち上がっているクラスですし、ここで立ち止まっていては困る馬と思います。
休養明け、初の洋芝と心配要素はありますが、ここは確り勝ち上がって欲しいです。
で鞍上は誰でしょうね~同日札幌記念がありますから、久しぶりに福永騎手かな?それともモレイラ騎手?