2018 05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2018 07

カテゴリ:アドヴェントス の記事リスト(エントリー順)

アドヴェントス 久しぶりの勝利

kage

2018/05/12 (Sat)

今日のキャロットはこの頃の鬱憤を晴らすかのような勢い!
レイエンダ・ムーンクエイク・サンマルティン
と後半になって3勝!レイズ君もこの仲間に入って欲しかった・・・

 是非ともその勢いで新潟最終レース石打特別もと思ったら、このレースキャロット2頭出しだったのですよね・・・
 5か月ぶりのアドヴェントス、なんと馬体重+16㎏ちょっと立派過ぎでない?モニターで見る感じも少し太いような・・・人気は直前で2番人気に昨年6度1番人気で裏切られてきましたから、この人気のほうが縁起がいいような感じがします。(笑)
ドキドキワクワクのレースが始めります。ゲートが開きアドヴェントス、そこそこのスタートですが後方につけてレースを進めていきます。道中も内側につけ気持ちよさそうに進め3角4角回り、画面から一旦映らなくなった時に外に回したらしく、画面でアドヴェントスをとらえた時は大外からじわりじわり迫ってきていました。白熱の直線届くか?届かないか?でも伸び脚はどの馬よりも勝っています。最後の最後で先頭を捉えクビ差差し切りました!!!!

 ちょっとドキドキしましたが、昨年からの鬱憤を晴らす勝利です。本当に良かったこれで夢を見続けることができますね~
5か月の休養明けでこの勝利、馬体にダメージさえなければ叩き2戦目更なる躍進が見込めると思いますけど・・・どうだろうか?
陣営のコメント出ています。
◎○▲△◎○▲△◎○▲△◎○▲△

5/12 堀厩舎
12日の新潟競馬では中団後方のインをじっくり進めて直線で外に出して追うと、前をすべて飲み込んで優勝。

「おめでとうございました。チャンスのある馬に乗せていただいて嬉しく、この機会をなんとかものにしたいと思っていました。初めて乗せていただくのでこれまでのレースをよく見直し、跨ってからもどういう馬なのか探るように接しました。馬場に入るとバタついてスムーズに返し馬へ移行できなかったのですが、慌てず待ち、馬が納得したのを確認してから返しました。そうすることで走っている時の気持ちは良くなっていて、止めてからスタートを待っている時にはすでに落ち着いていました。良い状態でレースへ臨めたので、スタートしてからも慌てないように心がけました。イメージよりもストライドが伸びず、ややピッチな走法だったので、急かしてしまうと体が対応できず苦しくなってしまうかもしれません。前走のレースがあったから言えるのですが、今日に関しては心身の状態を整える形の進め方が合っていたのだと思います。これまでのレースで馬場の内目を通っても問題ないことを確認できていたので前半は内を通り、直線でそのまま内にするか外にするか、選択肢を多く持てる形で4コーナーを回りました。結果的に外を選んで際どい着差になりましたが、力が違いましたね。結果で皆さんに期待に応えることができて嬉しいです。ありがとうございました」(丸田騎手)

1年7ヶ月2日。ここまで長い道のりになるとは思いもよりませんでしたが、陣営が諦めずに接してくださったおかげで待望の勝利を挙げることができました。最後は際どい差でしたが、ようやくこの馬の実力を結果に反映できたので心の底から嬉しいです。以前よりも体質がしっかりしてきたことで馬が最後まで頑張って走れたのでしょうし、鞍上が丁寧に接してくれたことも大きかったでしょう。しっかり走った後のダメージは心配なので、今後についてはレース後の状態をよく確認してから決めていくことになります。
(上記記事は、キャロットクラブから、転載許可を頂いて掲示しております)

◎○▲△◎○▲△◎○▲△◎○▲△

丸田騎手素敵すぎです。アドヴェントスに乗るにあたっての姿勢、以前乗ったあの人にも見習っていてほしいものです。予習と応用力の勝利ですね!ありがとうございます。
流石に堀調教師は東京にいたのでコメントは無しですね、続戦か一休みか来週の近況をですね。

アドヴェントス 人気はいらない

kage

2018/05/10 (Thu)

今月の会報では、堀厩舎のスタッフから「オープンまで行ける器」と語られ、以前グリーンチャンネルの番組でも重賞を賑やかす存在になると言われていた、アドヴェントス!今週5ヵ月ぶりの出走となります。
規定では現役1年切りました、ここから飛躍して是非ともオープンまで行って欲しいです。

レース前の近況です。
◎○▲△◎○▲△◎○▲△◎○▲△

5/10 堀厩舎
9日は美浦南Wコースで追い切りました(54秒3-39秒6-13秒1)。
10日は軽めの調整を行いました。
「土曜日のレースに合わせて水曜日に追い切りを行うことにしました。1週前追い切り後の馬体の変動はさほどなく、体重は480キロと少し太めでした。これまで、この馬の体質を考えるとあまりやれなかったのですが、今回は疲れから毛が伸びて来ることもそこまでなく依然として張り、ツヤのある良い体つきをしているので、直前ですが3頭併せの真ん中に入れプレッシャーをかける形でしっかり目に追い切っています。それでも少し立派かもしれませんが、輸送も考えると悪くない状態になるはずです。今回は稽古の質、量ともこれまで以上に積めています。背腰の状態がこれまでよりも良いレベルで推移していたので、この馬なりにしっかりしてきている印象を受けます。態勢は整いましたので、明日美浦を出発して予定通り今週の新潟戦へ丸田騎手で向かいます」(堀師)

12日の新潟競馬(石打特別・牝馬限定・芝1800m)に丸田騎手で出走いたします。
(上記記事は、キャロットクラブから、転載許可を頂いて掲示しております)

◎○▲△◎○▲△◎○▲△◎○▲△
今回は手厳しいコメントはないですね、少しは背腰も整って丈夫になってきたのでしょうか?この様子なら期待しても良いのかな?
昨年は6戦全て1番人気で、その人気を裏切っていました、今年は1番人気いりません、欲しいのは勝利だけです。

アドヴェントス なかなかね~

kage

2018/04/12 (Thu)

先週末7日に漸くアドヴェントス帰厩してきました。
昨年は6戦し全て一番人気を得るも0-2-1-1-1-1と悶絶の結果(´Д`)ハァ…
ラスト1年どんな競馬をしてくれますかね?重賞戦線を賑やかす存在になると思っておりましたが、そこにどこまで近づけられるか期待をしたいところです。

早速帰厩後の初近況です。
◎○▲△◎○▲△◎○▲△◎○▲△

4/12 堀厩舎
11日は軽めの調整を行いました。
12日は美浦南Wコースで追い切りました(74秒5-58秒9-43秒8-15秒8)。
「先週末に入れさせていただきました。今回は毛ヅヤ、体の張りともに良く、馬体重は480キロ半ばほどある状態です。さすがに太めではありますが、カイバの食いはいつも以上にひと息なので気を付けて調整をスタートしています。並行して血液の状態を確認するようにしたのですが、炎症を示す数値でした。それは熱発などが起きた時に見せるのですが、実際のところはそのような様子はなかったので、原因を探るためにも時間をかけながら変化を確認していきます。今週は時計を少し出したものの、現状を踏まえてごく軽めの内容です。背中の傷みは以前より良く、歩様もいくらか柔らか味が見られるのですが、あくまでもこの馬ベースの比較であり、完全に良いということでないのは確かです。総合的に見ながら調整を進めていかなければいけないため、現時点では目標を定められません。コンディションをよく見つつ、番組とも照らし合わせながらどうするか検討していきます」(堀師)
(上記記事は、キャロットクラブから、転載許可を頂いて掲示しております)

◎○▲△◎○▲△◎○▲△◎○▲△
結構な期間しがらきにいましたから、万全な体調と思っておりましたが・・・
この仔はいつになっても体がしっかりしてきませんね、年を重ねればしっかりしてくると思っておりましたが・・・これは出産が高齢時の為?それとも一族全体のものなのかな?
そこらへんとも向き合いながら、1年を切った現役生活を見守りたいですね。

アドヴェントス もまれ弱い?

kage

2017/12/04 (Mon)

今日は久しぶりに歌舞伎町で映画を観ました。変わりましたね歌舞伎町も、あんだけあった映画館も今はTOHOシネマズの1館だけ、確かにシネコンは見やすく良いのですが、あの沢山あった映画館どれにも風情があり、思い出も色々あったのに・・・時代とは言えなんか寂しく感じてしまいます。
で、観た映画は面白かった~北川景子さんキュートでした、シリーズ中一番きれいなヒロインでした。
まぁそんなこんなんで、なんと今日アドヴェントスの栄特別、ライブで見ていませんでした。
上映中のスタートだったので、仕方なく鑑賞後結果だけみて、その着順にガッカリし、帰ってきてレースを見ました。

スタート上出来、1枠1番でしたので後手踏むと包まれる恐れもあり、この出脚で3番手につけたのは上々でしょう、道中も破綻することもなく進め4角回って直線、ちょっとごちゃつくも前が開きここからと思うのですが・・・伸びない本当に伸びない、伸び脚を欠いたままゴール6着でした。
やはり背腰が辛かったのか?それとも短期放牧したとは言えこの仔に3連戦は辛かったのか?勝てそうな力があるだけに難とも歯痒い結果でした。

陣営のコメント出ています。
◎○▲△◎○▲△◎○▲△◎○▲△

12/3 堀厩舎
3日の中京競馬ではスタートを出て好位の内3番手を進む。直線へ向いて進路を確保して伸ばしたかったが窮屈になり、スペースができてからもジリジリとした伸びに留まり6着。

「枠なりにロスのない競馬を心がけて運ぼうと考えて、いいポジションでついていけていたのですが、そこまで大きくない牝馬でちょっと怯んでしまったようです。手応えも悪くありませんでしたが、最後思ったように切れなかったのはそこが原因だと思います」(ムーア騎手)

「態勢を整えて送り出せたと思っていたのですが、直線で接触してしまいました。それまでは手応えよく回れていて追えば伸びるという格好だったとジョッキーも言っていました。接触したことでそれまであった手応えが一気に消失してしまい、いざオープンスペースができて伸ばしても前を捉えるような伸びはありませんでしたね…。いつもより好位から競馬をしているので前半から脚を使っていた影響も多少あったのかもしれませんが、この馬の力を反映した結果をなかなか残すことができなくて歯がゆい限りです。申し訳ありません。今回は短期間で何とかここへ向かえたのですが、さらに求めることができるかはなんとも言えません。レース後の状態を見てからになりますが、おそらく間を取ることになると思います」(堀師)

前走後、短期間でリフレッシュを図り、何とか態勢を整えて臨んだ今回。世界の名手ライアン・ムーアとのコンビでもあり、何とかここは結果を出して欲しいと願うばかりでした。しかし、好位から運べたものの直線で思うように進路を確保することができず、接触した際に苦しくなったか終いには目の覚めるような走りを見ることができませんでした。ポテンシャルの高さは誰もが認める馬なのですが、なかなか噛み合いきれずに歯痒さしかありません。おそらくこのあとは間を空けることになると思いますが、この悔しさをいつか晴らして上のステージへ連れて行ってくれることを願っています。
(上記記事は、キャロットクラブから、転載許可を頂いて掲示しております)

◎○▲△◎○▲△◎○▲△◎○▲△
なんと、あのごちゃついた時の接触で駄目になりましたか~
確かになんで伸びなかったのか?答えがこれなんですね。綺麗な競馬でないと能力を発揮できないのかな?
そう考えると今回の1枠1番は厳しかったのかもしれません。
色々と思うことはありますが、来年こそはですね

アドヴェントス 栄特別出走です。

kage

2017/11/30 (Thu)

日曜に出た「栄特別」の第1回特別登録はなんと40頭の申し込み!
これは出走難しいかなと思っていましたが、どうやら無事出走に至りました。

出走前の近況を
◎○▲△◎○▲△◎○▲△◎○▲△

11/30 堀厩舎

29日は軽めの調整を行いました。
30日は美浦南Wコースで追い切りました(54秒0-39秒4-12秒4)。
「予定しているレースが日曜日になりますので、想定で大方の状況を見極めてからでも大丈夫と思い、追い切りは通常通り木曜日に行っています。ライアン・ムーアを背にして併せる形で追い切りました。ライアンにはこの馬の気性面、こなしの左右差、操縦性等を事前に確かめてもらいたいと思って跨ってもらったのですが、それなりに動けていて、上がりの息遣いを確認しても心肺機能は悪くない状態にあり、整っているのではないかと思えました。体は468キロでここのところは安定していますが、中京までの輸送を考えるとまず減ることになるでしょう。ウィークポイントのひとつである背腰の傷み具合は相変わらずですが、脚元に関しては安定していますので、何とか良い結果につなげることができればと考えています」(堀師)
12月3日の中京競馬(栄特別・芝2000m)にムーア騎手で出走いたします。

(上記記事は、キャロットクラブから、転載許可を頂いて掲示しております)

◎○▲△◎○▲△◎○▲△◎○▲△
ここまでは堀調教師の思惑通りに事が進んでいるみたいですね!
背腰の不安はありますが、良い状態で迎えられそうです。
そしてR・ムーア騎手がどのような騎乗を見せてくれるか楽しみです。
日曜日どんな結果になるか?なにはともかく勝ってほしいです。