FC2ブログ
2019 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2019 09

カテゴリ:引退馬 の記事リスト(エントリー順)

クリストフォリ 引退

kage

2019/08/13 (Tue)

この時期3歳未勝利馬が勝てず引退していく・・・
あまりいい光景でもないですが、致し方ないというのもあり納得はできるのですが・・・
今日思いがけない?ちょっとは予想しえたクリストフォリの引退が公表されました。

 昨年8月に右膝の骨折が判明し、北海道で治療と療養、完治してから調整し先月漸く安田隆行厩舎に帰厩しましたが、そこで軽度ながら屈腱炎を発症してしまい。軽度でも治療に時間がかかるのと再発の恐れ、何より牝馬の引退期限のことも考え、引退という形をとることになったようです。

 僕的には美しい筋肉がついており期待の一頭、3歳8月に入厩しゲート試験してこれからというところで、右前脚に骨軟骨腫(オステオコンドローマ)を発症、治療のため北海道に戻り、デビューできたのが翌年6月、3着を2回で挑んだ8月の未勝利戦で念願の優勝!一つ勝てたことで安心したところ、右膝の骨折あとは前述のとおりの流れとなってしまいました。

 短い現役期間をほぼ治療と療養に費やし、何故かここからと思うと怪我をする。とても悪い星のもとに生まれたしまったそんな感じがします。足のケガさえなければ1勝クラスでは終わらなかったと思うだけに、本当に残念でしかありません。まだ引退後は発表されていませんが、この無念さをクリストフォリの仔で晴らしたいという思いが強くあります。サンディーの血をひいていないので、配合面でも広がりがあると思います。なので是非ともノーザンファームに繁殖入りして、その仔はキャロットにきてほしい!

最後にクリストフォリありがとう!

◎○▲△◎○▲△◎○▲△◎○▲△

19/8/13 引退
「この中間もウォーキングマシンを中心とした調整で軽めに動かしており、脚元の症状に関してはいい意味で変わりない状態でした。当初は北海道へ戻して再起を目指すことを検討していたのですが、複数の獣医師で改めて患部の確認、意見交換を行った結果、程度こそ比較的軽いものの復帰までに要する期間は1年以上になることが予想されるだけでなく、再発の可能性も十分に考えられ、牝馬の引退時期を考慮すると現役を断念するのが賢明ではないかとの見解に達しました。その見解をもとに調教師、クラブと改めて相談した結果、残念ではありますがここで引退となりました」(NFしがらき担当者)

「NFしがらきで治療を行った後は北海道へ戻す予定だったのですが、改めて話し合った結果、治療には長い時間を要してしまうこと、また再発の可能性も考えられることから、ここで引退となりました。高い素質の持ち主であったことは間違いありませんし、上のクラスでも十分に通用すると思っていたのでなんとかまた復帰させたかったのですが…。ここまでずっとお待ちいただいたにもかかわらず、このようなことになり本当に申し訳ありません」(安田隆師)

患部の治療に専念し、当初は復帰を目指していく予定でしたが、そうなるとまた長い時間を要することになり、仮に復帰できたとしても屈腱炎は再発の可能性も高く、また、牝馬の引退時期を加味すると会員の皆様のご負担ばかりが増えかねません。以上のことから安田隆行調教師と協議を行った結果、ここで現役続行を断念し、近日中に競走馬登録を抹消することになりました。会員の皆様にはまことに残念なことと存じますが、何卒ご理解賜りたくお願い申し上げます。なお、本馬に出資されている会員の方へは追って書面を持ちましてご案内いたします。
(上記記事は、キャロットクラブから、転載許可を頂いて掲示しております)

◎○▲△◎○▲△◎○▲△◎○▲△

ティレニア お疲れまでした。

kage

2019/08/11 (Sun)

ティレニア大詰めの一戦に挑みましたが・・・

馬体重は-2㎏、滞在4戦目にはなりますが、まだ大丈夫のようなパドック周回、相手も強そうなのがいますが、うまく立ち回れればと思います。

ゲート内では大人しそう、スタートで良い位置を取れれば・・・と思いましたが、
ゲートが開き・・・
出負けしました(涙)
二の脚もつかないのか、抑えたのか後方での競馬に、正直この時点で諦めました。後方からズバッと差す脚はないですから、道中も後方につけたまま、勝負どころから徐々に位置を上げていき、直線に入りジリジリと伸びてはいますが、やはりあの位置からの追い出しだと、前を捕まえることもできずに6着でゴールです。

6着なので次走への優先権も取れず、よしんば取れていたとしてもこの連戦では次走へというのも酷でしょう。これで引退かな?最後の最後でティレニアのレースができなかったのは残念でしかありません。

そしてクラブよりこのコメントが!
◎○▲△◎○▲△◎○▲△◎○▲△

19/8/11  引退
11日の札幌競馬ではゲートで行き脚がつかず後方からに。直線ではジリジリ伸びてくるが詰め切れず6着。
「返し馬までの感じは決して悪くありませんでしたが、ゲートの中に入ったらソワソワしていました。いつものゲートの出はむしろ速い方ですが、今日は何か苦しいところがあるのか落ち着きがなくお尻をさげて座ろうとする感じで、後ろ重心のタイミングでゲート扉が開いてしまいました。最後も止まっていることはないものの、後方で溜めたからと言ってすごく切れるタイプではないですし、厳しかったです。力になれず本当に申し訳ありませんでした」(藤岡佑騎手)
「脚元は落ち着いていましたし、間隔が詰まる中でも力は出せる状態でしたが、ゲートのタイミングが合いませんでした。脚は使ってくれてはいますが、さすがにあのポジションからでは厳しかったです。調教ではいつも動く馬で、デビュー戦から力のあるところを見せていただけに、何とかまず1勝をと思っていたのですが…。勝たせてあげることができず、会員の皆様には申し訳なく思っております」(高橋亮師)
前走の同条件で悪くない走りができましたから、慣れが見込める今回はキッチリと決めたいところでしたが、ゲートで後手を踏んでしまい流れに乗れないままになってしまいました。この中間は脚元に打撲による腫れが出るなど難しい調整を強いられる中で何とか態勢を整え送り出しましたが、結果的には心身でフィットしきれない面があったのかもしれません。ここまで9戦して数多く掲示板に載る走りができていますが、勝ち切るまでにはもうひと押しが必要な状況で、なおかつ今日の内容、結果を踏まえると未勝利戦が残された期間に結果を求めるのは難しく、高橋亮調教師と協議を行った結果、ここで現役続行を断念し、近日中に競走馬登録を抹消することになりました。会員の皆様にはまことに残念なことと存じますが、何卒ご理解賜りたくお願い申し上げます。なお、本馬に出資されている会員の方へは追って書面を持ちましてご案内いたします。

(上記記事は、キャロットクラブから、転載許可を頂いて掲示しております)

◎○▲△◎○▲△◎○▲△◎○▲△

現役時代好きだったジャスタウェイ!
その初年度産駒で馬体のバランスの良さと品のありそうな、お顔に魅かれて出資しました。
大きな頓挫なくデビュー戦の惜しい2着、これなら勝ち上がることは出来るだろうと思っていましたが、9戦して2着2回3着2回と勝ちきるのにあと一つ足りなかった。馬選びは難しいですね~

ティレニアには9戦ありがとうございました。
引退後はどうなるのか?まだわかりませんが、幸せな馬生を過ごしてほしいです。

ティレニア 大詰め

kage

2019/08/08 (Thu)

いよいよティレニア、3歳未勝利大詰めの一戦を迎えることになります。
これで勝てば当然ながら現役続行ですが、負ければ引退ですね!たとえ優先権確保の掲示板でも、滞在で4戦流石にもう一戦は無理でしょうから、ここは正念場何とか勝ちまで来た欲しいです。

では近況を!
◎○▲△◎○▲△◎○▲△◎○▲△

9/8/8 函館競馬場
7日は函館Wコースで追い切りました。
8日は軽めの調整を行いました。
「お伝えした左前脚については、先週楽をさせたことで状態も落ち着いて、順調に乗り出すことができています。水曜日に藤岡佑介騎手を乗せて追い切ったのですが、単走、馬なり程度の負荷とはいえ、ジョッキーの話では動きは特に問題なかったとのことでした。できれば再来週の芝1500m戦に使えればいいのですが、そこまで追い切りを重ねるとまた反動で脚元に疲れが出る可能性もあります。そこで現地のスタッフにも追い切り後の状態を再確認した上で、今週の競馬に使わせていただくことにしました。想定を見るとメンバー的には力上位かなと思いますから、ぜひともここは決めたいですね」(高橋亮師)
11日の札幌競馬(3歳未勝利・芝1500m)に藤岡佑騎手で出走いたします。

(上記記事は、キャロットクラブから、転載許可を頂いて掲示しております)

◎○▲△◎○▲△◎○▲△◎○▲△
メンバー的には力上位と思いますが、前走の先着馬もいますから・・・
とにかく勝つことを信じて応援です。

ティレニア まだまだ終わりません!

kage

2019/07/28 (Sun)

ティレニア最後の一戦になるかのレースでしたが・・・

前走から‐4㎏、滞在3戦目で強い調教はしていないしソエもでての結果、でも調子落ちは感じられないパドックだったと思います。レースもスタートよく外目10番から少し追って先頭を外から見るかたちで競馬を進ます。道中もかかる素振りなく4角回って直線、外から内から2頭に交わされますが、外の馬からの馬、先行していた馬を差し返しますが、内からの1番人気馬には追い付けず、さらには一頭伸びてきた馬にも交わされ結果3着でゴールです。

もしかしたらと頭をよぎりましたが、決め手のある馬に屈してしまいまいました。ん~ん勝ちきれないですね~でも3着と優先権は確保!滞在4戦目になるかと思いますが、是非とも続戦し決めてほしいかな~

レース後のコメントを!
◎○▲△◎○▲△◎○▲△◎○▲△

19/7/28 函館競馬場
28日の札幌競馬では好スタートを決めて、前々でレースを進める。直線ではジリジリ脚を使うが、最後まで粘り切ることはできず3着。
「道中はスムーズに運ぶことができ、思惑通りのプランで進められました。ただ、直線では決め手のある馬に対抗できませんでした。止まってはいませんし、3着馬を差し返すことはできましたが、今日のような形では厳しかったと言わざるを得ません。レース振りは1200mより悪くなく、勝ち切る力はありますから、次で何とか決めてほしいです」(藤岡祐騎手)
「距離延長は問題なく対応できていましたし、道中は前々で悪くない競馬ができていたように思います。それだけに勝ち切れなかったのは残念です。申し訳ありませんでした。流れ次第で勝てる力はありますから、何とか次走こそはという気持ちです。この後は基本的にはウッドチップコースがある函館競馬場へ戻します。当地での状態次第で次の予定を判断していければと考えています」(高橋亮師)
思惑通りの形でレースを運べていましたが、最後は決め手のある勝ち馬の追い上げを凌ぐことはできませんでした。もう後がなくなってきていますが、内容は悪くないだけに何とか次走で勝利を掴んでほしいものです。今後については函館競馬場へ移動後の状態をよく見た上で検討していきます。

(上記記事は、キャロットクラブから、転載許可を頂いて掲示しております)

◎○▲△◎○▲△◎○▲△◎○▲△
藤岡騎手のコメントに一つ?なところがありますね(笑)3着馬ってこの仔では?
でも続戦の方向でいくようですから、ここまできたら何とか次走で!お願い!

ティレニア 最後のレースになるか?

kage

2019/07/26 (Fri)

いよいよ3歳未勝利戦が組まれている最後の開催が始まります。
ラストで勝ち上がりなんて虫のいいことがあるわけないと諦めていた自分がいましたが、先週のパシフィスタの走りであるかもしれないと思い始めている今日この頃です。

5頭の3歳未勝利‘Sのうちの1頭ティレニアが、7/28札幌4R・未勝利戦(芝1500)に出走します。
北海道滞在競馬の3戦目、さすがに上澄みは期待できないと思いますが、うまく立ち回って優勝をしてほしい!

では近況を!
◎○▲△◎○▲△◎○▲△◎○▲△

9/7/25 函館競馬場
24日は函館Wコースで追い切りました。
25日は軽めの調整を行いました。
「水曜日に函館のウッドコースで単走の追い切りを行っています。藤岡佑介騎手に跨ってもらい、馬なりでサッとやった程度ですが、動きは変わらず良かったとジョッキーも言ってくれていました。今のところはソエの症状も落ち着いていますし、この条件で前進を図りたいですね」(高橋亮師)
28日の札幌競馬(3歳未勝利・芝1500m)に藤岡佑騎手で出走いたします。

(上記記事は、キャロットクラブから、転載許可を頂いて掲示しております)

◎○▲△◎○▲△◎○▲△◎○▲△
前進ではないんだけどな~勝たねば・・・
でも優先出走権だったら、続戦するのかな?それでも滞在4戦目になるし・・・厳しそう