FC2ブログ
2019 03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2019 05

ティレニア この負け方は予想外

kage

2019/04/21 (Sun)

今日は京都3R・未勝利戦にティレニアが出走しました。
今回は、短期放牧でリフレッシュ、調教も良い動きに、新馬戦2着を取った、京都芝1400と開幕週で荒れていない芝!かなりのお膳立てで挑んだのですが・・・

例の如くグリーンチャンネルでの観戦!
パドックは、ちょっとチャカついていました、単勝1倍台の1番人気の馬に続く2番人気でしたが、出来的には1番人気とはさほど変わりなく見えました。これがありかなと思ってレースへ、ゲートが開きスタート、良い出脚!逃げる一番人気から一頭置いて3番手でレースを進めます。これはいい展開と思いました。道中も3番手外目で3コーナーへ、良し!このままで直線弾ければ!と思ったら4コーナーで浜中騎手めいっぱい追っています!この時点で追いはじめるの?と嫌な予感が・・・直線に入りますがティレニアいっぱいいっぱい、前を詰めるどころか、後続にパスされまくれで、結果9着でゴールです。

今日は勝てるのでは?と思っていましたが、負けることも考えていました。でもこの内容とこの着順は考えていませんでした。かなりショックな負け方です。さて陣営はどう巻き返すのか?お願いしたい。
レース後のコメントを!
◎○▲△◎○▲△◎○▲△◎○▲△

19/4/21 高橋亮厩舎
21日の京都競馬ではまずまずのスタートからすんなり先団につける。勝負どころから早目に押し上げを図るも反応は鈍く、直線ではもう余力が残っておらず9着。

「道中はいいポジションを取ることができたのですが、追走に余裕がなく、そこをキープするだけで精一杯でした。返し馬の段階からイレ込みがキツく、歩様も前走時の方が良かったように感じましたし、もしかしたら目に見えない疲れがあったのかもしれません。いい競馬ができず、申し訳ありませんでした」(浜中騎手)

「道中はいい位置を取ることができたのですが、ずっと手応えに余裕がありませんでしたね…。ちょっとテンションが高かったとはいえ、まともに走ればこんなに負けるような馬ではありませんし、いくらか苦しいところがあったのかもしれません。優先権を逃したこともありますから、いったん放牧に出させていただき、向こうでの状態と出馬状況を見ながら帰厩の時期を考えていきます。今日は申し訳ありませんでした」(高橋亮師)

開幕週の馬場で粘り込みを図りたいところだったのですが、道中はずっと反応が鈍く、最後までこの馬らしい走りは見られませんでした。この後はトレセンで馬体を確認してからになりますが、優先権のない状況ではある程度間隔を空ける必要もあるでしょうから、今のところはひと息入れてから次走へと向かう予定です。

(上記記事は、キャロットクラブから、転載許可を頂いて掲示しております)

◎○▲△◎○▲△◎○▲△◎○▲△

やっぱり放牧ですか!

クイーンズトゥルー こんな時に・・・

kage

2019/04/20 (Sat)

先週のアンタレスステークスのアナザートゥルース!
強かったですよね~この一族は強いのかな~なんて思いながら録画しているレース何度も見返しています(笑)
その妹ちゃんクイーンズトゥルーが昨夜、船橋12Rに出走しました。
あと一つ勝てば中央復帰でしたが・・・(´Д`)ハァ…
流石に船橋には駆け付けられなかったので、地方競馬のNET配信で見ました。
1番人気でしたが、馬体重が-9㎏の428㎏・・・減っています。この馬体重見て嫌な予感、デビューしてから本当に体重が増えないし、レース間隔もそれなりに開いているのに、マイナスは無いだろうと・・・
そしてレースですが、8番真ん中の枠からスタート決め、2番手につけて競馬を進めていきます。道中も2番手で3コーナー・4コーナー回って直線、ここで一気に前を詰めるかと思いましたが、伸び脚はありません前を捕まえるどころか、後続にパスされ結果5着でゴールしました。

かなりショックです。マイナス体重からも調子は良く見えませんでしたが、ここまで負けるとは・・・不調もこの舞台では能力だけで押し切ってくれると思っていました。

陣営のコメント出ました
「装鞍時に過敏な反応を示していたので、フケ気味になっていると感じていました。それでも結果を出すために浦和開催(4/30~)まで待たずに遠征したので、ここはなんとか乗り切って欲しかったですね。時季的なものですし、浦和出発時まではその兆候が出ていなかったので、致し方のないところですが。スタートから集中していないので、ベストなパフォーマンスが出来るはずがありません。申し訳ありませんでした」(小久保智調教師)

なるほどフケのせいなのね?よりによって・・・
ならば今回はノーカウント思って、次走こそ!です。

ティレニア 期待してます。

kage

2019/04/19 (Fri)

今週は競馬界にも衝撃的なニュースが飛び込んできますね~
その中でもヒシアマゾンの大往生と言ってもいい老衰のニュースが一番心に残ります。
現役時代の走りから、繁殖入りしたらどんな馬が出るのか楽しみにしていましたが、確かアメリカで繁殖入り、フサイチペガサスなどの仔を生みましたが、目立った産駒の活躍はなかったと思います。もし日本で繁殖入りしてれば、サンデーサイレンスやブライアンズタイムアズ等々と種付けしてればどんな仔が・・・と勝手に妄想していたのを覚えています。改めて冥福を祈ります。

話は少しつながりますが日曜日、京都3R・3歳未勝利・牝(芝1400)にティレニアが出走します。ティレニアの曾祖母はケイティーズ、それはヒシアマゾンの母になります。ここは一族代表として手向ける勝利を飾ってほしいですね~

では近況を!
◎○▲△◎○▲△◎○▲△◎○▲△

19/4/18 高橋亮厩舎
17日は栗東CWコースで追い切りました。
18日は軽めの調整を行いました。
「水曜日にCWコースで併せ馬を行っています。半マイルから終いを軽く伸ばす程度でしたが、先週に引き続き調教ではいい動きを見せてくれています。追い切った後もテンションが上がったりするようなことはありませんし、予定どおり今週の競馬に浜中騎手で向かうことにしました。開幕週のきれいな馬場はプラスになると思いますから、なんとかあとひと押しを期待したいですね」(高橋亮師)
21日の京都競馬(3歳未勝利・牝馬限定・芝1400m)に浜中騎手で出走いたします。

(上記記事は、キャロットクラブから、転載許可を頂いて掲示しております)


◎○▲△◎○▲△◎○▲△◎○▲△

2019年2歳馬紹介 サザンレインボー篇

kage

2019/04/16 (Tue)

例年ならPOG本が出るくらいに、ちらほら移動の話を聞くのですが、今年は違いましたね~
なんとすでに本州に移動した馬が3頭、まぁうち一頭は骨折で北海道に出戻りになりましたが、もう2頭は天栄・しがらきへ、そしてそのうち1頭が美浦に入厩し、しかもあっさりゲート試験まで合格してしまった馬がいます。今年の2歳世代は命名馬がいますし、なんか面白いことになりそうです!

例年やっている2歳馬を紹介させてもらいます。

まずはいち早く本州移動&美浦入厩&ゲート試験合格となったこの仔から!

サザンレインボー 牡 父:サウスヴィグラス/母:レインオアシャイン(キングカメハメハ)
美浦:高柳瑞樹厩舎 キャロットクラブ
190331サザンレインボー
 今年初めて行ったツアーで、カタログから2頭いたサウスヴィグラス産駒、どちらかにするか実際に馬見て決めようと思ったのですが、実際馬見たら余計決まられなくなり、ままよとばかり2頭申し込んだら2頭とも抽選通ってしまいました。
 もう一頭のサウスヴィグラス産駒ジェネティクスに比べると、動きに柔らか味がありそうですのでイメージとしては、ダートのマイルぐらいまでは走ってくれると思っています。
 そしてサザンレインボーの驚くべきところは、大きな怪我なく育成が順調すぎで、3/25に本州移動となりその勢いで入厩し、ちょっと体調を崩しましたが翌週には回復しそしてゲート試験まであっさり合格するという、僕にとってはミラクルのような順調さを見せています。
 となると6月の東京・新馬戦で一鞍だけ組まれている、6/15のD1400が目標となりそうですね~。だってこの馬体とサウスヴィグラス産駒、芝はまずないでしょうから!心配は夏の2歳戦はダート番組が少ないところ、勝っても負けても次走までの間隔は空くことになりますね!芝にも行っちゃうかな?

ご一緒の方、一生懸命応援致しますので、よろしくお願いします。

アナザートゥルース 重賞制覇!

kage

2019/04/14 (Sun)

勢いというのはあるのですかね~?
昨日ノルマンディーは3勝といつにない大フィーバー!
その勢いがアナザートゥルースにも乗り移ったのか!なんと中央重賞初出場でなんと制覇してしまいました!!
本当に吃驚!今回メンツが揃っていましたから、いい勝負ができればと思っていたので・・・

ではレースを振り返ってみると、
パドックはチャカついていましたが、あれはいつもの状態、馬体のデキは良く見え良い雰囲気を醸し出しています。
さてレースですが、奇数枠先に入っていても落ち着いて、ゲートが開きます!抜群とはいきませんでしたが、いいスタートをきり今日は中団につけてのレースになりました。スタートで前をとれないというのは重賞レースということかな、前回負けたグリムを見るような形で競馬を進めていきます。でもね~グリムの前をとって欲しかったと思いもしますが、良い感じで競馬が出来ています。特に大きく崩れることなく徐々に位置を上げて3角へ、4角さらに押し上げ外から直線へ、内で先頭に立ったグリムを目指し、じわりじわりアナザー追い詰めていき、並びそして抜き去り先頭に立ちます。後続も追ってくる馬もなく!なんと先頭でゴール!つまり優勝!重賞制覇です!

まずは優勝を喜びたい!そしてこれが僕の初重賞制覇です!
&地味ですが、これでJRA全場勝利ができました。
そしてアナザーも賞金を加算できましたから、レース選びも楽になるでしょうし、兄たちの例からも成長はまだまだですから、本当にこれからも楽しみなことになりそうです。夢は年末ダートの大一番で船橋に転厩したあの兄と兄弟対決というのを見たいですね!

そうそう蛇足ですが、馬券取れました!
赤字累計でした応援馬券も一気に黒字に!
本当にありがとう!アナザートゥルース!
そして大野騎手・高木厩舎の方々お礼を申し上げます。